« 『Midians』 | トップページ | 「それがネネの流儀」 »

2006年8月25日 (金)

木曜日はこんなモンで

 裏日記を更新しようとしたら、サーバーがどうとかこうとかで入れないっス。ちっ。しょーがねーなー。 またちょいとストレスが嵩じてきたんで、色々愚痴を吐き捨てたいと思ってたのに。

*なんか・・・最近の表紙を見ていると、コレはチャンピオンなのか20年前のジャンプなのか、自分の目が疑わしくなってくる。
 まぁ・・・「功労賞」とか「年金」とか「達人は保護されている」とか、意地の悪い感想は控えておいて(<言ってるじゃん!言ってるじゃんよしっかりと!!控えてねーじゃん!)。新連載の方は、嫁は気に入ったみたいです。「御大以外のヒトが描くと、なんか新鮮だよねぇ」。
*今週はカンナ嬢が可愛かったですね。「見ねぇと思った」ら、パン屋の出番がコレか・・・。凄ぇ・・・。
*わかってないんだなあ。白鳥さんのオーバーニーが見られない『ツバメ』に用は無いっ。(いやでもそんな特殊なニーズを意識して描いていたら、一般読者がついて来なくなるだろうしなー。)
*しかし、今、一番「先が読めないマンガ」は、『B型H系』ではなかろうか?(<雑誌違うし。)

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

 拍手ボタンを押して足跡を残して下さっている皆様、ありがとうございます。
 営業しない・愛想無い・偏姑と、三拍子揃った厄いサイトへ、よくぞまあおいで下さいました、と、管理人の涙腺もユルユルです。

 >こんばんは~リサイトニューアル完了されたのですね(^^お疲れ様でした~!絵板も自設されたご様子、おめでとうございます!^^日々の激務の中サイト管理や絵板設置は大変だったのでは、と。その点何のお力になれず申し訳ないです;サイトも新装開店されて今後のPAN太さんのご活躍にますます目が離せませんvこれからもPAN太さんの新作拝見できるのをハァハァ楽しみにしてます!
 ・・・・・・ありがとうございます(TдT)  お恥ずかしい話、絵板設置には泣かされました。なかなか動作しなくって、今だから白状しますが、「お願いデスカラ、設定作業教えて下さいっ!・・・(;´Д`)ウウッ… 」と、何回泣いてすがりたくなったコトか。(あ、今、ホッとしてるでしょ?)
 「活躍」の文字に笑われてしまいそうですが、今より少しでも(*´д`*)ハァハァして頂けるような絵が描けるようになりたいなーと、ソレはココロの底から思ってます。精進します―――――。

>こんばんは!ミセスXです。リニューアル開店お疲れ様でした。実は、凄く楽しみにしていましたよ。あっそれからぜひ秘密のパスワード教えてください!よろしくお願い致します。これからも頑張ってくださいね
 ・・・・・・ミセスさん、ご心配かけてすいませんでした。いや、たったあれっぽっちの改装作業でも、どっぷり疲れました。もう当分、こんなあほなコトしません私。それと、「秘密」というほどの大層なモンじゃありませんが、パスワード、こっそり送っておきますね。たーだーしー!『N』の中身を見ても、PAN太さんのコトを嫌いにならないよーに!約束だよ!

>新参者には「99人の敵 N」を観る資格は無いのでしょうか……
 ・・・・・・えっ。えっ。なんで?「資格」ですか?滅相もないですよ!?
 エットデスネー、『N』はですね、お絵描きと全然関係無い内容なんですよ。管理人の好きな音楽のコト(コレがまた独り善がりで暑苦しい内容なんです)とか、読むヒトをドン引きさせずにいられない「しょっぱい」日記とか、そんな厄いコンテンツが置いてあるだけなので、それでパスワードかけているだけなんです。「覗いてみたいからパス教えて」とリクエストして下さった方々には、全員にお知らせしてます。パスをお知らせするに際して、条件は、「裏ページを見た後も、PAN太のコトを嫌いにならない」コレだけです。
 ですので、HNと連絡方法だけこっそり教えて頂ければ、パスお渡しします。ご覧になりたい、と言う方は、お気軽にお声がけ下さい。
 ちなみに、今まで裏ページをご覧になった方々の反応としては、主に、
 ①見なかったコトにしたいのか、以後、裏ページのコトを全く話題に出さなくなる
 ②桃井はるこにめさめさ期待してくれる
 に二分されているかと。
 まあ、そういうページです。

|

« 『Midians』 | トップページ | 「それがネネの流儀」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143737/3197219

この記事へのトラックバック一覧です: 木曜日はこんなモンで:

« 『Midians』 | トップページ | 「それがネネの流儀」 »