« 夢見る頃はいつも | トップページ | 転石苔生さず »

2006年9月19日 (火)

Time Waits For No One

 ①パソの中身整理していたら、フリル婦人が描かれた絵を保存していたフォルダが出てきた。
 久しぶりに拝んで見ると、当たり前の話、やっぱ本家が描いた絵がキャラの魅力を一番良く伝えているよなあ、と痛感。
 美輝ちゃんのアップ絵とかめさめさめんこくて、その可愛らしさ・まぶしさに、思わず「すいません、私が間違っていました」とひれ伏してしまいましたよ。
 そう言いながら、どーせこれからもぱんつ絵ばっか描くと思いますガ。

 ②だいぶ遅くなったけど、チャンピオン42号感想。
 先週号が全体にレベル高かった所為か、比べて今週号はちょっと物足りなかったですよ?気のせいかな?

*すいません。
 白状します。
 実は、『ペンギン娘』そんなに嫌いじゃありません。
 つーか、むしろ好きかも。
 世間さんがイロイロ言うのもわかるんですが、細かいトコでなんかひっかかるというか、ツボにクるというか。
 「メイドさんエクスプロージョン」のコマンドとか、あーゆーのに反応してしまうんです私。
 ダメっスか?こーゆーの?
*うむ。今回の『ゾクセイ』女子は、まだ理解可能なキャラと展開でよろしい。
 しかし、それなのに今回全然面白くないのは何故だ。
 わかった。俺が悪かった。
 『ゾクセイ』の女子は、普段のアレでいいのだ。アレでないと、もはや読んでいるこっちも物足りない。
 なんかもう、見世物小屋の出し物かなんかに対して抱く期待感みたいなモン?こわいモノ見たさ?
 このマンガは、読む側の内部にもうすでに出来上がっている「感受性」とか「価値観」とか「萌えのツボ」みたいなんを、逆撫でしてナンボなのだ。
 これからは、そーゆーつもりで、このマンガに相対しよう。
*土方さん、お願いだから復活してよ・・・。オーバーニー属性の私としては、イタコのおねーさんが頑張って見せても、承知できないですよ・・・。
*『無敵看板娘』。こーゆー「青鮫だと勝てるのに、どーしてかんくろだと」系のハナシって、もう5回位やってんじゃないの?という既視感が・・・いや錯覚なんだけど、でもなんでそう感じてしまうんだろう。
*『ダイモンズ』、今後の展開としては、ヘイトと絡むことによって、やがてスワロウのナニかが変わっていくとか、そーゆーのでしょうか。
 残り3人の仇(プログレス達)と違って、スワロウは本当は救われないといけない人間なんじゃないかと思えて仕方が無い。
*『みつどもえ』 最近の女の子用下着のデザインの可愛らしいコトと言ったらないですよね。もう、見ていてたまらんです。いざ描こうと思ったら、やたらオカズが多いデザインだったりでなかなかうまいコト描けないんですが。
 ・・・Σ(・ε・;)   はっ!  
 「厄いモノを見るような」視線が痛いっ!
 ソレはソレとして、感想ですね。
 「こ・・・これぐらい・・・?」 
 ・・・やばいよ、かわいいよ、コレ。
 今週号で一番のヒットでしたよ。
*『現代怪奇絵巻』 この調子で、これから毎号ノルマで1点、萌えチック絵を描いていって欲しいです。なんか、「漫☆画太郎先生が思いがけず萌えっちい女の子を描くのを発見した時の、嬉しい驚き」に近いものを感じてしまう。
*来週、御大の『星矢』ですか?
 手代木先生のがあるし、私、別にいいですけど。どこまで話進んでたかも思い出せないし。袋とじ切り開くのも手間だし。前回も実は切り開くの忘れたまんまだったし。
 コレでも、無印『リンかけ』連載時からのファンだったんですけど、私。
 車田先生、ホントにこんなんでいいの?

|

« 夢見る頃はいつも | トップページ | 転石苔生さず »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/143737/3495001

この記事へのトラックバック一覧です: Time Waits For No One:

« 夢見る頃はいつも | トップページ | 転石苔生さず »