« チャンピオン50号感想 | トップページ | リンク追加しました。 »

2006年11月17日 (金)

月刊少年チャンピオン12月号

 嫁がね。
 ビルダーの操作がわからんゆーてですね。
 たっぷり1時間半、更新作業の手伝いさせられました。
 いっつもこんなんですわ。
 わしの、平日の夜、寝る前の、血の出るような貴重な時間を奪っておきながら、「明日も仕事やろ。早よ寝なさいっ!」
 自分は納得いくまでやっといて、そりゃねえだろ、おい。
 言うコト聞いてたらなんにも出来ないので、今日は強行突破させてもらいます。

 つーわけで、12月号、もとい、『めっちゃキャン』の感想。

 息苦しいよう。
 暑苦しいよう。
 国広先生が仰っていた通り、今までで一番、おにゃのこ分に乏しい回でした。
 どんだけ乏しいかっつーと、全ページ中、いちごちゃんのパンチラが、1コマしかないんですよ、アナタ。
 「お前はそんなモン数えたのか」って?
 数えたよ、何回も!何べん数えても1コマっきりだったよ!
 「アタマ悪ぅ~」とか思ったらアカン!俺は間違っていない!
 脚本の九十九先生、お願いだから、ファンがナニを期待して読んでるのか、ちょっと考えてくださいよ…。
 ふう。
 でもまあ、そんなんでも収穫もありました。
 周りがでっかい野郎ばっかりだったんで、連中と並んでると、いちごちゃんの「ちみっちゃい」トコが強調されて、めっさかわいいんだ、コレが。<なんか無理矢理言ってないか?
 147cmかぁ…。いーよね、背ぇ小っさい女の子!
 毎度毎度の「ヘタレな大の男の尻を叩いてやる」話なんですが、いいなあ。俺もいちごちゃんにピシパシ怒鳴られてみたいよ。いちごちゃんは「おっちゃんキラー」?

 来月号は、「青年誌っぽい感じになりそう」だそうです。
 もー、先生ー。
 今回の反動で、「あんなん」や「こんなん」が?と、期待してしまうじゃないですかー!。

|

« チャンピオン50号感想 | トップページ | リンク追加しました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンピオン50号感想 | トップページ | リンク追加しました。 »