« リンク追加しましたよ | トップページ | チャンピオン 女子キャラマンガ感想 »

2006年12月29日 (金)

『めっちゃキャン』感想

 遅ればせながら、築地魚河岸パンチラ活劇『めっちゃキャン』1月号&第2巻の感想。

 12月号が「おにゃのこ成分」少ないハナシだった分、今月号はよかった!
 亀仙人みたいな親方のお蔭で、いちごちゃんのぱんつ&(珍しく)おムネが大活躍。
 親方には今後も「えっち盛り上げ担当」として、レギュラー化して欲しいなっと、本気で期待してます。
 しかし、『めっちゃキャン』を未読の人がこの文章読んだら、このマンガに一体どんな先入観を抱いてしまうだろう…。
 あのね、ちゃんと、「ちょっとイイハナシ」成分もあるマンガだからね。誤解しないでね。
 いちごちゃん、まだ14歳ですから!「チャンピオンREDいちご」にも掲載資格ありますから!
 …来月号はチャイナ服ですか先生…。

 第2巻。ついこないだの京都篇がもう収録されていて、改めて月刊連載は単行本化ペースが違うと思いました。4話で1巻分てコトは、年に3巻…週刊だったら年に5冊はカタイよな。ありえないとわかっちゃいるが、「週刊の方に移籍してくんないかなー…」。
 京都篇で、ちょこっとだけどメアリーの出番があるのが個人的にうれしい。
 もっぺん、戦闘服(当然あの服のコトだ!)姿のメアリーの活躍が見たい。いちごちゃんの前座役でイイから、そんなハナシもやって欲しいな…。
 ソレと、皆さんお気づきでしょうか。
 メアリーがいちごちゃんのコトを呼ぶとき、呼称が一定してません。いちごちゃん本人がいないシーンでは「イチゴ」なのが、本人に対しては「いちごちゃん」だったりします。微妙な使い分け?
 「イチゴ」って呼ぶ方が、なんか百合百合しくてマブダチっぽくてイイと思います、ハイ。こっちのが萌えます私。
 あーとーはー。
 アナゴのテンプラ食いてー!ホタテ食いてー!
 そう、『めっちゃキャン』読んだら、無性にサカナ食いたくなるのです。コレ重要!
 コレ書いてたら、またぞろサカナ関係食いたくなってきたので、今日は午後から東部市場行ってお買い物ってコトに決定しましたよ。ひさびさにナマのサカナ食いますよ。

|

« リンク追加しましたよ | トップページ | チャンピオン 女子キャラマンガ感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リンク追加しましたよ | トップページ | チャンピオン 女子キャラマンガ感想 »