« チャンピオン13号&14号感想 | トップページ | チャンピオン15号感想 »

2007年3月11日 (日)

「違法動画天国」に行ったきり

 仕事がハンパなく忙しいもんで、平日はなんにも出来ません。
 てか、そもそも寝てません。
 いつまで続くんだこんな生活…。
 自分がサイト持ちだってコトすら忘れてしまいそうな毎日です。
 そんなこんなで、今回も1週間まるまる更新出来ず。
 それなのに、いつも見に来てくださる方々には、本当に感謝!です。
 イヤ本当に。
 ありがとうございます。
 今日中に、チャンピオンの感想とか、書けるかな…。

 *************************************************

 P2Pはダメで、YouTubeはOKなのは、何故なのか。
 いまだに納得いく説明を聞けたコトがありません。
 いや、YouTubeだって、OKってわけじゃなくて、アレはキリがないから黙認状態になってるというだけで、著作権者が本気になったら、「すんません、一言もございません」ってシロモンなんですけど。
 違法動画デスカラ、アレ。
 ソレを、「無料でアニメや映画が観れる!イイ時代になったよね!」とか無邪気に喜んでちゃダメでしょうが。
 「んじゃー、そう言うお前はどうなんだ?」と訊かれれば、

 観てますよYouTube。
 もうガンガン!
 重宝してます!
 違法だけど!いけないんだけど!
 だって検索したらソコにあるんだもんよ!
 違法動画をアップしてる奴に対して、別に意見は無いよ!
 んなこたー著作権持ってる本人さん達か、Googleが考えてくれ。
 問題アリだって言うんなら、ソレに対して出来るコトはいくらでもあるでしょうが。本気でアカンと考えているのならね。
 
 私の場合、アニメも映画もドラマも全然観ません。
 もっぱら音楽関係の映像ばっかり探しています。
 例えば、『マーラーズ・パーラー』のライブ映像。コレは感動しましたね。
 探せばホントに色々出てくるモンで、スプリングスティーンがストリート・ミュージシャンの兄ちゃんと路上で『The River』を演ってるのなんか、びっくりしたよ。
 あと、ディランがエミルウ=ハリスと一緒に『Hurricane』演ってるのとか、もうね、最高。こんな映像が残ってるなんて、想像もして無かったよ。エミルウもえす!
 ライブ映像はホントにお宝の山で、公式商品では絶対に日の目を見ないようなレア映像が目白押し。
 ロックフェスでのマニックスの演奏には、もう、滂沱の涙。
 1stアルバムの『Motorcycle Emptiness』から『A Design For Life』へと続くのには参った。
 泣かせやがってこのやろう。
 前者がリリースされた時は、マニックスって、すっげーすっげー嫌われてて、もう悪評紛々の時代。あの頃、私は「なんでみんな、コイツらの凄さがわからんのか?」と本気で怒っていました。
 後者がリリースされた途端にマニックス株急上昇。ロック界の鬼っ子が、一躍「UKロックの国民的ヒーロー」になっちゃいましたっけ。
 今、オーディエンスが
    We dont talk about love
    We only want to get drunk
    And we are not allowed to spend
    As we are told that this is the end
 って合唱してるシーンで、私、泣いちゃいました。
 マニックスのルックスも、歳月を感じさせる変化が刻まれていて、なんと言っていいのやら、おじさん、もう。
 
 こんなん観てるヒマがあったら更新しろ!絵を描け!
 わかってるって。わかってるんですけどさ。

 いや、YouTube最高。

|

« チャンピオン13号&14号感想 | トップページ | チャンピオン15号感想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンピオン13号&14号感想 | トップページ | チャンピオン15号感想 »