« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月

2007年5月29日 (火)

不眠のピアノ

 おおう。 駄目だ、思うように描けない。
 キッツイなあ、もうあんま時間ないのに。
 明日も仕事だっちゅうのに、こんな時間までナニやってんだかよ、私ゃ。

 あ、皆さん、もう見ましたか?
 チャンピオン26号の『CTC』で、かつせさんが掲載されていましたね。
 投稿すると言うてはったんは日記見て知ってたけど、それでも最初見た時びっくりしたー!
 しかも、『ストライプブルー』で来るとは、読めんかったですよ!
 ともあれ、『CTC』デビューおめでとうございます。

 あかん~~~
 手が動かん~~

 時間よ~止まれ~~止まってくれ~~~

| | コメント (0)

2007年5月28日 (月)

チャンピオン26号感想

 嫁の言いつけで、さっき、次男坊(中1)と二人で、ゴミ出しに行って来たんですが、到着したエレベーターから降りてきたのは、宅配ピザを抱えたお兄さんでした。
 入れ替わりに生ゴミ持ってエレベーターに乗った私ら二人は、
 「たまらんのう。(<『はだしのゲン』口調で)ピザの残り香がムンムン漂ってるよ!」
 「米は噛めば噛むほど味が出るけえのう。深呼吸しよう、深呼吸。う~~~ん。ちょっと得した気分?」
 「お父さん、俺、なんか、ピザ食べたくなってきたよ…」
 「今日は酢豚だってお母さん言ってたぞ。ほれ、ピザの匂いが残っているうちに嗅ぎ倒せ!」
 二人して、エレベーターの中で、くんかくんか匂いを嗅ぎ続けてました。
 途中から、ピザの香りよりも生ゴミの匂いの方が勝ってたような気がする…。

 *************************************************

 週刊少年チャンピオン26号。

 新連載の『ヘレンesp』イイかんじですよね。
 事故の真相とか、ヘレンの能力もそうだけど、ヴィクターがなんであんなにかしこいのか、とか、イロイロ気になる!早く続きが読みたい!

 Helen_nikki

 ↑ ひさびさらくがき~

 *『ギャンブルフィッシュ』…五木島は、絶対、原作の青山先生自らキャラデザしたに違いない!

 *『アイホシモドキ』…相星さんの困ったちゃんっぷりに、ウチの家族もドン引きでした。
 確かにコレは…相星さん、よくないよ。
 「少しは僕の立場も考えてよ…」
 妻の不始末の尻拭いをして廻る夫の立場、ですか?ひゅーひゅー
 「赤ずきん編」のシメは、
 元木「相星さんだって逃げてばっかりじゃん!」
 聖良「…うるさいっ!」
 みたいなかんじに持ってくのかな、と予想。
 今回の相星さんはいつにもましてイケナイ子だったから、私が個人的にお仕置きします。
 25号の続きってコトで。
 Aihoshi_nikki09
 ↑ コレ描いてると、「あー、なんか、ココってそういうブログだったんだ」と、自分で改めて再確認。
 「俺、何回ブッコロサレテモいいよ!」ってツワモノが3人しかいなかったというのは解せんかったですねえ!

 *『クローバー』…不良マンガだから嫌いなんじゃなくて、登場人物がどうにもこうにも好きになれない奴ばっかなのがダメなんですよ、私。
 主人公たちも、他のキャラも、平気で他人を(心も体も)傷つける上に、自尊心が低い人間ばっか。
 象徴的なのが、「子供がどっかから100万円もの金を工面してきて、その金の素性も事情も確かめずに受け取って支払いに充てる父親」。
 いるのかね、こんな親。いるのかもね。どっちにしても、同情出来るわけねえだろ、こんな奴に。
 …かと思ったら、次号、巻頭&表紙ですか!
 アンケートを送るような読者層には人気があるってコトですか、そおですか。
 なんか、考え込んでしまうなあ…。

 *『ケーぷり。』…個人的には、『ポスティア』みたいな路線の方が好きだったのに…。

 あのね、こういう作品を、「萌え」って言うんですかね?
 『萌駅』さんに登録したりしているクセに、私、いまだに、「萌え」の正確な定義みたいなんが、どうもイマイチわかってないんですよ。
 受け手のこっち側が、ドキドキしたり、
 グッ!とキチャッタリ、
 なんでかKOTOKOお姉さんの「♪ハイハイ!キュンキュン!」って合いの手が脳内で響いたり、
 そういうのを、いちりつ「萌え」って呼んでイイんだ、と思ってたんですが。
 どうも違うみたいだぞ、と思い始めたのがつい最近。
 アレですか、仮に「萌え」についての「論壇」といいますか、「萌え世論」を形成する「場」みたいなモンがあるとしましょう。そういうトコで「コレは『萌え』の一分野として承認しましょう」と認められた「萌え記号」みたいなモンをフォローしてりゃ、その作品はもう「萌え」なのだ、と。そういう理解では間違ってるでしょうか。
 獣耳、幼馴染み、メイド服、ツインテ、ツンデレ、委員長、オーバーニーと言った御馴染みの「属性」から、さらに細かくいくと、関西弁、病弱、僕っ子、壊れ、果ては寝取られ、なんてのまで。
 一定傾向の絵柄に、こういった「記号」を取り混ぜて見せれば、「萌え」がいっちょあがり、なんでしょうか?
 なんかつまらん。
 いや、そういう「記号」に感応する感性は自分の中にも確かに有るんですが、「記号」以上の「なにか」がないと、その作品に対して「思い入れ」もナニも抱けないですよ。
 で、『ケーぷり。』ですが、残念ながら、今んとこ、その「なにか」を感じられません。
 好きな作家さんなので、今後に期待です!

 *『フルセット!』…爬虫類のような目つきの屋代先生がBL方向に!
 そして「お姉さん風」をぴゅーぴゅー吹かせる塩井先生がショタ方向に!
 二人の教師が、作品を、どんどんのっぴきならない方向へリードしていく…。

 *************************************************

 森繁先生の作者コメント 

 単行本買ってくれた方ありがとう。頂いたチャンスは決して無駄にはしません。

 なんて意味深い言葉だろう。
 やっぱ、「本当は『由鷹編』で終了のはずだった」ってのはガチだったんだ…
 そして、例の120冊のサムライだけのお蔭でもないだろうけど、ファンがコミックス第1巻をキッチリ買ったからこその逆転劇。
 というコトで、みなさん、7月6日発売の『アイホシモドキ』第2巻も買いましょうね!
 しかし、この日は、『無敵看板娘N』『めっちゃキャン』『かるた』と、好きな作品の発売が集中してて、うれしい悲鳴です。

 森繁先生のコメントには、人気商売でもある「マンガ家」業の厳しさが改めてうかがえる一方で、
 好きな作品を支持する「熱い」ファンの存在と、それに真摯に応答する作家さんの心意気が滲み出ていて、心を揺さぶられるモノがありました。

 に比べて、25号の、アレはなんだい、アレは。 

 「萌え」を嫌うマンガ家やその卵は多いですが、市場が「萌え」を選んだのですよ。

 俺は選んだ覚えは無えよ、と言ってしまえばソレで終わり、って話ですが。
 まあ、ちょっと反論させて頂きましょう。
 
 経営者や編集長の口から出てくるならともかく、マンガ家さんの口からこんな台詞が出てくるとは、驚きでした…。
 通訳したら、「市場が選んだんなら、「萌え」が「スポ根」になろうが「差別主義」になろうが、私は従順に従いますよ。なんでも描きます。私は流行り廃りに敏感なんです。信念?んなモンありません」ってコトか?
 それとも、「毀誉褒貶喧しい「萌え」が、今では、もはや無視出来ないくらいの市場を形成している。ヲタだのキモイだのと言われ続けながらも「萌え」を追求してきた私たちは、間違っていなかった!」とでも言いたかったのか?
 後者の方が、「創作者の心意気」の片鱗くらいは残っているような気がするが、にしたって、「売れている市場に寄り添っている」というコトだけが、自己確認の拠り所、正当化の根拠、ってのは、それじゃあんまり寂しかないか。
 「市場」って言葉を使われた途端に、私たち「読者」は「消費者」に成り下がったような気分にさせられて、すっげーすっげー不愉快だ。
 「市場」みたいな、正体のわからないモンに私たち「個人」を簡単に還元して、十把一絡げにして語るなや、と思います。
 と同時に、「市場に選ばれた」と言う物言いには、言い訳の仕様の無い傲慢さが滲み出ている。
 まあ、つまり、アレだろ、
 「売れたモン勝ち」って言いたいだけだろ?

 なんて醜い言葉だろう。

 人によって好き嫌いはあるでしょうが、私は「萌え」が悪いなんて思ってませんよ?
 いわゆる「萌え」系(と多分世間では分類されてるんだろうな~と思われる)の作品でも、大好きな作品はあります。
 しかし、先述したように、そういう作品には、「萌え」以外にも、計算不可能な、他の「商品」とは交換出来ない「なにか」があるから、だから、思い入れも出来るのです。
 売れているから「萌え」を選ぶ。または、売れているから「萌え」は正しい。
 どっちにしても、そんな了見から「製造」されている「商品」だから、だから『ゾクセイ』はどうしようもなく退屈なんだよ。
 (「商品」即「悪」と言ってるわけじゃないです。短絡しないでくださいね…)

 「売れる・売れない」は、そりゃ大事です。市場への目配りだって、怠れないでしょう。つか、プロなら当然のコトです。
 ソレはマンガに限ったコトじゃない。
 なんの商売だって同じだよ。
 売れなくてもイイから、良いモノを、なんてのは、ただの敗北主義です。
 良いモノだからこそ、売れてくれなきゃ嘘だ、と思うし、そして歯痒いコトに、そうした「嘘」みたいなコトの方が、世の中多かったりします。
 売れてくれなきゃ、例えば、自分が好きなマンガだって打ち切られてしまうのです。
 私は、少年チャンピオンが、もっともっと売れて欲しい、と、本気で思っています。

 『アイホシモドキ』は、これからもずっと、長く続いて、私たちを楽しませて欲しい、と思える作品です。
 『無敵看板娘』が終了しても、チャンピオンを買い続けている大きな理由のひとつは、相星さん・元木の二人に会いたいから、です。
 『アイホシモドキ』や、他の魅力的な作品群がある限り、なんやかんや言いながら、絶対チャンピオンから離れられないと思う。
 もうすぐ佐渡川先生の新連載も始まる頃だしね。

 厳しい市場原理の洗礼は、どんな「作品」にとっても、逃れられない宿命です。
 ソレを百も承知しているからこそ、自分が愛する作品の「生命」が少しでも長く続くように、と、私たちファンは応援するのです。
 松山せいじさんに、そういうファン心理が理解出来るかどうか。
 理解してもらわんでもイイですけどさ、別に。

| | コメント (0)

2007年5月27日 (日)

拍手レス~

 今、パソでUNDER17をヘヴィーローテーションしながら書いてます。 
 やっぱ、モモーイ最高。
 『天罰!エンジェルラビィ』とか、この人の頭ん中どうなってるんだろう。

 しみじみ思います。
 パソコンが使える生活って素晴らしい。

 ************************************************* 

>Nのパスありがとうございます~。なんかN読んでるとPAN太さんのあまりの忙しさに涙が出てきます。
 私は大学一年のまだまだヒヨっこですが無印、Nともにありがたくみされていただきます~
 月並みですがこれからもがんばってください。

 裏ページご覧下さってありがとうございます。
 仕事で忙しいのも、家で一人きりの時間が持てないのも、どっちも家族のためなんですよね。そして、忙しい忙しいと泣き言を叩いて見せても、考えてみれば、もし家族がいなかったら私みたいな人間は多分仕事もせずに、ろくでもないコトばっかやってるに決まってるんです。
 思い通りにいかなくても、貧乏してても、誰かと一緒に暮らしていけるというのは、幸せなんだと思います、ええ。
 あ、それと、ブログ拝見させていただいてますよ~。新生活、なにかと大変でしょうが頑張ってください。

 >玄関口、酔い美輝みたいで惚れました(辻か)。でも、切なさも感じるのは何故だろう……。

 原作の酔い美輝ちゃんのかわいさは、もはや兵器。
 花見町の男子連中は、なんで美輝ちゃんに求愛しないのか、私、不思議です。素面のときの彼女があまりにアレ過ぎて、恋心も醒めてしまうからなのでしょうか。
 玄関口のアレを描いたときは、ムテムス終了の余韻がまだ少し残っていたのかな~。こっちのテンションが微妙なときだったからか、表情とか、なんか微妙になっちゃいました。
 もっとね、こう、「にぱあっ」ってかんじの笑顔とか、描けるようになりたいですね。

 >パソの不調、お疲れ様です。もうすぐカウンタが18,000になるというのに…。早い復旧を祈ってます。

 ありがとうございます(TдT)
 なんにも出来ないでいるうちに、行ってました、18,000。
 そして、どうにかこうにか、更新出来る体制にまで復旧できました!
 しかし、なんやかやてこずってしまいました。
 ソフトのシリアルナンバーがどっか行って見当たらなかったり、
 何回やってもタブレットが認識されないので、よくよく確認したら、旧ver.のドライバCDを使っていたり、
 いきなりまたまたパソが起動しなくなって、電源や配線を疑ってイロイロいじった果てに、原因はパワースイッチが抜けていただけなのが判明したり、
 傍から見ていたら、「お前はマンガのDQNキャラかっ!」とツッコミたくなるコト必至。
 本当、学習しない奴です。

 >うちゃー 早くパソ直ったらいいですね がんばれ!

 「うちゃー」ってとこがなんとも言えずイイかんじです!
 なんとか直りましたけど、昨日も書きましたっけか、Webで一部のサイトさんに入れないのは相変わらず…もーなんでだよー!
 うちゃー! ヽ(`Д´)ノ <こういう使い方でイイんでしょうか?
 でも頑張ります、ええ、もうひと踏ん張り。
 うちゃー! うちゃー! (,,゚Д゚) ガンガレ! <気に入ったみたいです

 >頑張れPAN太さん!私も車ぶつけてドアがへこんだ上に小さな穴開いちゃったけど負けないぜ!

 ありがとう頑張る…って、そっちの方がキッツイじゃないですか!
 穴が開くほどって、どんなヘコみ方したんだろ…つか、ご本人が無傷ならなによりですけど。にしても、車はツラいなあ。
 私の方は、もう、たいてい大丈夫です!たぶん…。大丈夫だと思いたい!
 せめて私からも、愛車の復活を祈らせていただきます!
 うちゃー!

 ちなみに、我が家で数年前まで乗っていた車(中古車屋で掴まされた、事故車くさい奴)は、とんでもないヤツでした。
 上り道になると焦げ臭い匂いを撒き散らしながら最大時速20km位しか出せないし、エアコン壊れてたから夏は窓全開で走ってましたし、4ドア車なのに開くドアが2つしかなかったし、高速道路で時速80km出したら車体がビシビシ言って震えるし、オイルはだだ漏れになるしと、もう、乗ってるだけで痩せそうな、『ガタピシ車でいこう!』に出てきそうな車でした。
 ついたあだ名が「おんぼろボロロン号」。ホントにみんなこう呼んでました。今思うと、車検通ってたのが不思議。こんなん通しちゃいかんだろ陸運局。

 *************************************************

 話変わりまして、皆さんもうご存知かと思いますが、『妄想会社 電脳筆』さんで「無敵看板娘N完結記念Flash企画」なるモノが企画されています。
 私も是非参加させて頂きたいと思っております。締め切りまであんま時間ないんで、そのつもりなら、思くそネジ巻いて行かなあかんのですが。

 今日中にも一回更新できるかな、更新したいな…。

| | コメント (0)

2007年5月26日 (土)

当方ボーカル!

  パソの設定で助けてくれる救世主求む!


 やっとネットに繋がりました!
 この1週間、何の進捗も無かった中、覗きに来てくれてた皆さん、すいませんでした!

 しかし、インストしたてのまっさら状態でも、アクセス解析やWeb拍手に入れないのはどういうこっちゃい。
 コレは、どうも、ルーターの設定のせいのような気がする…同じルーターに繋いでる嫁のパソはサクサク快適サーフィンしてるのに、なんでだっ。
 IPアドレスの解放・再取得を繰り返したり、PING打ったり、もううんざり。
 イロイロ調べてみてるけど、どうにもこうにも
 私にはもうナニがなんだか、
 ああああああああ
 ……誰か助けて……
 近所の人で、「しょうがねえなあ、助けに行ってやってもいいけど安くねえぞ」って奇特な方がもしいたら、是非!ぜひひとつ、なんとか!お願いします!
 助けてくれた方には、とっておきのヱビスビールをふるまって差し上げる予定ですんで!
 
 あとは、

 メーラーの設定
 IDE増設カード・リムーバブルディスク・TVキャプチャーカード・スキャナ・デジカメのドライバの追加
 フォトショ・SAI・ペインター・ホームページビルダーの再インスト
 一部データのサルベージ
 んでもって、HDD追加6台がっつり繋いで、と

 こんだけやらなあきません…
 くうっ

 でも負けへんでー
 ココからですよ、ココから。
 今までなんにも出来なかったぶん、こっから反撃開始です。
 この週末の間に、絶対更新しますんで、
 どうかよろしく。

| | コメント (0)

2007年5月21日 (月)

会社のパソからこんにちは(泣)

 昨日(日曜日)の朝、久しぶりにPCのバックアップ作業をしようとしたら、いっこう起動しなくなっていました。
 1日かけてイロイロいじってみましたが、あきません。
 最後の最後、CPUにグリス塗り直すトコから試してみましたが、
 OSの再インストすら受け付けやがりません。
 ピンチ。
 拍手への返事とか、遅れててすいません!他にも更新したいコトたくさんあるのに…
 なんにも出来ない。

 だーもー、「アレ」にも参加したいのに!
 締め切り、月末なのに!
 なんとかしたい!なんとか!

 そんな状況なので、パソが復旧出来るまでしばらく更新止まります。
 それまで、進捗については、会社のパソからチリポリ書くかもです。
 
 絶対呪われてる…

| | コメント (0)

2007年5月16日 (水)

彼女がいない木曜日

 拍手コメント~

 >☆パソ調子よくなると…というかゆっくりいじれる時間とれるとよいですね~

 くうっ。あんなグダグダな話題に反応していただいて恐縮です。
 本当、パソじっくりメンテしたい。
 ちなみに、モニタを私に強奪された子供たちが「いつになったら返してくれるの?」と不満たらたららしいです。
 当分返す気ありませんけど、ええ!

 *************************************************

 玄関口の絵、またまた替えちゃいました。
 そろそろ過去絵に収納しないといけない絵が何枚かたまってるハズ…週末には更新したい…。
 今回も美輝ちゃんです。
 『無敵なsmile』聴きながら描いてたら、なんでか別人になってしまいましたよ。かなり「乙女」入ってしまった…。
 この歌聴いてると、涙出そうになります。
 もうね、歌詞がね、
 「ああ、そうだな、美輝ちゃんって、こんな子だよなあ」って。
 素敵な子じゃーありませんか。
 こんな子がいたら、誰だって絶対好きになってしまう!  

 みんな美輝ちゃんのことが大好きなんです。

 高橋直純さん、素敵な曲をありがとうっ!

 *************************************************

 ここんとこ、『無敵看板娘』のコトばっか書いてましたが、チャンピオン24号もしっかり買ってますよ、エエ。
 言うても詮無いコトですが、やっぱムテムスが無い誌面は寂しいっスよ…。

 *『ダイモンズ』…「まともに面白い」こういうマンガがないとねえ、やっぱ、ねえ。表紙&巻頭というコトで、まずはめでたい。
 人気作や勢いがある旬のマンガが、順当に表紙や巻頭を飾るコトが何故か少ない、ソレが少年チャンピオン。今回限りじゃなく、いつもこの調子でやっていただきたいモノです。

 *『みつどもえ』…掲載順位が上位で安定していて、初期の頃の扱いが嘘のようだ…。
 今、チャンピオンで、「最もアニメ化に近い位置にあるマンガ」ですよね。ひょっとして、具体的な話がもうひとつやふたつは来てるんではないかと、夢を見てしまいます。
 それにつけても、眉毛って、素晴らしい…ほぅっ…。
 太田さん、ガチレンジャー観てるかな…

 *『フルセット!』…まだ2回目ですが、今後、チャンピオンきっての「問題作」になる予感がぷんぷんしますよ!
 火野の挙措のいちいちが、「ぼくを弄って!」とアピールしているとしか思えない。
 一方の会田も、素質充分と見たね。ボールから手を引っ込める時の表情は、「そういうのを知ってる」顔だ絶対に!
 他のバレー部員も、ノンケの私でも「お前ら全員、精神注入したろうか《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!」ってしたくなるようなツワモノ揃い。
 続きが気になって仕方がない、楽しみなマンガが出てきました。
 BL大好きなウチの嫁も大注目!の作品です。<大迷惑

 *『ANGEL VOICE』…「小粒な井上雄彦」(失礼!)ってかんじの作画がたまりません!
 部員集めの話でしばらく行きそうですね。『七人の侍』と一緒で、こういう「面子集め」の章が、案外一番面白いモノなのです。
 新任の先生がイイかんじです。が、主人公があまりにナニも考えてなさそげで、全然感情移入できません。こんな奴、同じクラスだったら絶対イヤダ。
 私が生徒だったら、どう考えても、「潰しちゃった方がいいんじゃねーのサッカー部?」としか思えない…。

 *『サナギさん』…「脳内友達」ってよくもまあ…ソレはソレで読んで見たい気もしますが、でも、寂しそうですねやっぱ。

 *『聖闘士星矢 冥王神話 THE LOST CANVAS』…リンかけをリアルタイムで読んでた頃から大学時代にかけて、一番好きなマンガ家は車田正美先生でした!
 過去形ですけど。
 元祖『星矢』読んでた当時から不満に思っていたのが、「車田先生って、心理描写、大雑把だよなあ」。
 イヤほんと、「車田キャラの感情って、喜怒哀楽の4種類しかないんじゃないか」ってくらい、描写が雑なんですよ。
 そういう弱点には目をつぶって、車田節のイイトコロだけを楽しんでいたのが当時の私でした。
 今、手代木版『星矢』を読んでると、「ああそうだ、俺は、こういう『星矢』を読んでみたかったんだなあ」と気づかされます。
 『星矢』世界の基本設定は踏襲しつつ、車田先生があえて捨象してきたモノをきっちりと描いている。
 アルバフィカにしてもアスミタにしても、アフロディーテやシャカみたいな浮世離れした「ただの超人」じゃないしね。

 そして、極めつけはこの台詞。

  私の胸が痛いのはいいの
 これは私が約束を忘れていないってことだから これでいいの
 私はずっと 胸が痛いままでもいいの……

 泣きましたよ私ゃ。
 『手代木星矢』は、もう、『元祖星矢』を超えている、と言い切るッ!
 アルデバランも、ただの数合わせキャラにとどまらず、聞くに値する物語を背負っていそうで、期待してしまいます。

 *『クローバー』…すんません。こんな連中のコト、好きになれるわけがありません。

 *『ストライプブルー』…気持ちが落ち着いたら、花ちゃんとのりっぺも描きたいな、と。
 アー坊はスイッチが入ると怖そうですね。いざとなったら容赦無さそう。兄貴と違って、振れ幅(紳士←→鬼畜<俺の思い込み)の激しい性格と予想してるのですが如何でしょうか!

 *『ナンバ』…『ワイルドライフ』でもこんな話やってたような記憶が…
 悪質なブリーダーになると、「売り物にならない仔犬」は、生まれたはしから「処分」するそうです。それも素手で。
 一部のペットショップでは、仔犬の体が大きくなると売れないから、成長を抑えるために極力エサを与えない、という店もあるそうです。
 ペットの中には、こういう地獄を生き延びて、飼い主の許へやってくる仔もいるんですね。
 キッツいハナシですいません。しかし、動物好きな人にとっては、「知らない」では済まされない現実です。
 しかし店長、なんぼ商売でも、客は選んでもいいだろう…。

 *『ギャンブルフィッシュ』…オーバーニー万歳!里緒さんがどんなコスで本番に臨むのか、今から気になってしょうがありません。
 つか、あんなミニスカであんな姿勢。月夜野さんの上を行くサービスショットを期待してしまいます。
 一見、勝算無さそげな杜夢。一体どんな手段で勝機を呼び込むつもりなのか!
 実はビリヤードめさめさ上手かったりしたら、怒るよ。

 *『加護女』…すいません、あんまりよくわからなかったです…

 *『アイホシモドキ』…信じていいんだな?まだまだ続くんだな?
 「力ずく」のやり方しか出来ない相星さんが、ヘタレの元木にナニを期待して信じているのか?お互いに、自分が持っていないモノを持っている相手に惹かれ合う二人の世界に、もう、ドキドキが止まりません。
 元木の意気地を通させるためなら、賞品にだってなっちゃう相星さんが泣かせます。
 もうね、口に出して言えないけど、心の中では「私ら、ご覧の通りラブラブだから!文句ある?」とチカライッパイ叫んでいるに違いないです。
 しかし…もし元木が勝ってたら、相星さんはどうなっていたんでしょう!

 *************************************************

 今気がついたんですが、今週号の付録トレカが切り取られていました。
 小倉優子と熊田曜子のやつ。
 どうも、息子がこっそりせしめて行ったくさいです。 

 色を覚える年齢(とし)かッッッ!!

 
いや、いっつも、「あんな付録、誰が喜ぶと思ってんだ編集部!」と思ってたんだけど、
 ちゃんとニーズが存在していたんだねえ。
 くそう。
 「グラドル載せるより、肝心のマンガを、ドーン!と、こう、ドーン!と大きく表紙に持って来んかい!」と言う私の主張が、崩れてしまいそうです。
 まさか身内に裏切られるとはっっっ!

| | コメント (0)

2007年5月13日 (日)

「近況報告」と言う名の「泣き言」

 ここんとこ、PC環境が絶不調です。
 なんでかIEが起動しなくなって以来、ブラウザはFirefoxとOperaを併用しているんですが、
 FFでは・逆にOでは表示されないサイト、ブログ、サービスがあるんですね。
 何が原因なんだろう。
 例えば、FFでは、アクセス解析に入れない。
 Oでは、このブログが表示されない。
 ブクマしている定期巡回先も、ひどい場合は、どっちのブラウザでも表示されない。
 そのブックマークも、こないだ、Oのが消えやがりました。当然、「FFでは表示されないので、Oでだけブクマ登録しているトコロ」が多数含まれてました。もう泣きそう。
 いやね、コレは絶対、私のPCに問題があると思うんです。時間を見つけて、バックアップ&再インストしたいと思っているんですが。
 そこへもってきて、今度はモニタ。昨夜、いきなし電源が入らなくなりました。
 しょうがないので、今は、子供のPC用のモニタを強奪して使っています。
 なんか呪われてる。

 *************************************************

 拍手レス~

 >チャンピオンREDで杉村麦太名義の新連載が始まりますね

 「アキバウエスタン」ってのがキチャッテますよね。もう早く読みたくてたまらんですよ!
 しかし、「RED」「列」「いちご」は、元気というか勢いありますよね。
 それにひきかえ、「秋田書店の大黒柱」のハズの週刊&月刊少年チャンピオンは…
 (´;ω;`)ウッ…
 いやいや、気を取り直して、行きましょうか。

 >ムテムス四巻と一緒にロボこみが… 私も持ってますよ(笑)

 やぎさわ景一先生イイですよね。オタくさい題材を扱っても、芸風があんまりオタくさくないトコロが、なんか好きです。 
 どみゅ~ん どみゅ~ん
 ロボ子から発せられる怪音の数々に、萌えまくってました。
 すいません!『突攻!メイドサンダー』もしっかり持ってます!(笑)
 …『メイドサンダー』もREDなんですよね…どうなっちゃうんだよ週刊の方…。

 *************************************************

 ココ1週間、一時の超多忙期に比べると、まだマシなほうだったと思います。
 帰宅時間も普段よか早かったし。
 やろうと思や、更新する時間もあったと思うんですが、

 無理。

 家にいる時間の中で、自分の自由になる時間が全くありません。
 嫁は「更新したけりゃ、すればいいじゃない」と、ツンデレ風にノタマッテクレマスガ。
 家にいる間は、常に嫁なり子供なりがまとわりついてきて&話しかけてきて、、なんも出来ません。
 四六時中です。文字通りの意味で。
 例えるなら、アレです。幼稚園の保母さんが、子供たちの面倒を見ながら、自サイトの更新作業が出来るとお思いですか?
 まさにあの状態です。
 「更新したいから、ちょっとの間でいいからそっとしといてくれ。構わないでくれ。話しかけないでくれ」とお願いしても無駄です。
 家族が寝静まってから更新作業をしたい、と思っても、「もう何時や思ってんの!早う寝ぇや!」と言う嫁の無情な言葉。あんたは俺のお母ンかい。
 かのドストエフスキーも、「こんな騒々しい環境でモノなんか書けっかゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!」と愚痴っていたように記憶していますが、そんでも『罪と罰』を書き上げたあたり、やっぱ偉ぇわ。
 私ゃ凡人なんで、とても真似出来まっしぇん。

 ムテムスが無くなったチャンピオンの感想とか、書きたいコトはたくさんあるんですが、
 そんなわけで、まとまった文章を書くのには、とても手が回らないという日々。

 「ああ、俺って、もう、ひとりぼっちじゃないんだなあ…」
 更新出来ない苛立ちの中で、しみじみ、そう思います。

| | コメント (0)

2007年5月10日 (木)

マンガ者の鑑

 『アイホシモドキ』の行く末が気になって気になってしょうがないあなた。

 是非、コレをご覧下さい。

 ソコにあるのは、
 『アイホシモドキ』第1巻を、一人で120冊購入したサムライの熱い物語です。
 必見。

 いや、もう、言葉も出ない。
 とても真似出来ないけど、こういう人、大好きだ!

| | コメント (0)

2007年5月 9日 (水)

拍手レス&検索ワード

 津波のような拍手の数々、ありがとうございます~!
 いや、最初はマジビビった!一瞬、「俺、もしかして何か悪いコトしたか?」と思ったよ…<小心者…。

 *************************************************

 >私の大学内でアイホシさんが売られていました~何でもアイホシさんの作者がこの大学の出身者だそうで…

 おお!あわててWikiに飛んで確認してみたら、…なるほど、こちらの大学ですかっ!(しかし先生、所属サークルが「探検部」?って…)
 やっぱりアレですか、書籍コーナーに「卒業生の森繁拓真先生の初単行本!」とか、小粋なPOPが飾ってあったりしたんでしょうか?
 わ~、行って、見てみたい!

 ************************************************* 

>まさかびんちょうタンを描いていただけるとは!ありがとうございます!ホント、癒されますよね。
 キリエもいつのまにか懐かしい作品になってましたね。しかし作者が別名義で描いてたとは知らなんだ。

 わっ、あんならくがきに反応していただけるとはっ。ホンモノさんありがとうございます。アレは、ささくれだったオトナゴコロにもビンビン届きますよね…ゴールデンタイムに放映して、万人に観てもらいたいアニメだと思います!
 成人向け作品の時は別名義、というマンガ家さんってたまにいますよね。チャンピオンに馴染みのある方では、葉月京先生が「百済内創」名義とか。
 『キリエ』以外でも、『アクメツ』とか『BM』とか、あのへんの作品は、自分の中では今でも全然古くならないですねえ…。

 *************************************************

 ココ1ヶ月の、ブログへの検索ワードを確認してみました~。

 1位はダントツで「無敵看板娘」!
 …以前は20位前後をうろちょろしてたのに…「阿鼻谷」の方が順位上だったのに…最後の最後で…なんか、嬉しいような、複雑なような…。

 2位 みつどもえ
 3位 アイホシモドキ
 4位 ヤンキーフィギュア(あっ!最近描いてないっ!)
 5位 BAMBOO BRADE
 6位 ストライプブルー(え、なんで?)
 7位 阿鼻谷(……)
 8位 日本以外全部沈没(…………)
 9位 スクール人魚
 10位 ハナエ食堂

 「ギャンブルフィッシュ」も「舞乙Hime嵐」も「かるた」も「めっちゃキャン」も押しのけて、堂堂10位のコレは、一体なんなんでしょう……。
 ランク外には、「三角巾萌え」「女子から元気をもらうんだぜ」「ジャン総受け」「パンツは見せない」などなど、素敵な検索ワードが目白押し。

 「わざわざ検索して来て見たら、こんな残念なブログだとは思わなかった」
 そう言われても仕方が無い!もう謝るしかない!
 そんな、申し訳ない検索ワードで飛んでこられる方もたまにいらっしゃいます…。
 例えば、
 ハノイ・ロックス
 ウオーカー・ブラザーズ
 マニック・ストリート・プリーチャーズ
 フランツ=フェルディナンド
 アラン=シリトー
 ジェローム=デーヴィッド=サリンジャー
 泉谷しげる
 このへん関連のワードで来られた方、怒らないでください…。
 サリンジャーに至っては、例の検索ワードでググると、相変わらず当ブログが1番目に表示されます。真面目な読書系サイトをさしおいて。
 ホント、すいません…。

 いや、でもね、
 せっかくココまで来たんだから。コレも何かの縁だと思って、まあちょいと、少年チャンピオンも読んでみてやってくださいよ。
 騙されたと思って!
 実際読んでみて、苦情があったら、そん時は秋田書店まで!<うわヒデ

| | コメント (0)

『無敵看板娘N』第4巻

 買いましたよ。

 表紙見たとたん、美輝ちゃんのあまりの可愛さに、店頭でもんどりうってしまいました。
 もうね、我ながら、あほかと。
 佐渡川先生、コレ、強烈過ぎます。
 美輝ちゃんの太ももがまぶしいよ!
 すんません!こんなん、レジに持ってっていいんですか?<もうナニ言ってんだかわかりません 
 Mutemusu_comic
 ↑ さあ、みんなも速攻ゲットだ!

 ちなみに、中表紙のカンナもかわいくエロス!です。 

 第5巻の予告ページも、いつものノリなんですよねえ。
 連載が終わったのが、まだ夢のようです。
 4巻を通して読むと、やっぱ面白いんだコレが。
 真夜中、嫁と二人で、大笑いしてしまいました。

 なもんで、
 今日は、ちょっとだけ幸せでした。

| | コメント (0)

2007年5月 7日 (月)

拍手レス

 >佐渡川先生お疲れ様~
  勘九郎は良いやつだったニャ
  いつの日かムテムス番外編がでるといいなぁ~
  美輝ちゃんのパンツは最後まで見れなかった・・・^^;

 そうですよね。番外編、是非読みたい!
 美輝ちゃんの娘が主人公だったりしたらどうしよう…想像しただけで脳みそが蕩けてしまいそうです!
 パンツはねー…しょーがないですよねー…でも、ソレがムテムスだから!
 ソレと、めぐめぐのコスしてまで、美輝ちゃんと戦いたい勘九郎…まさに好漢ですよね!
 いや、私が女だったら、抱かれているトコロですよ?
  Nya  
    ↑ あぁ、そうかいっ 悪かったなっ ヽ(`Д´)ノプンプン

 >GGGGJ!!ポーズと目線がたまりませんね。これでまた美輝ちゃんの壁紙が増えて…全く困りませんな!! 
  で、勘九郎ですか!
  拍手絵、全部いいですね。ちょうどHDのバックアップするとこだったんで、最高のタイミングですよ!

 いつも感想ありがとうございますっ!
 壁紙にしてもらえるというのは、絵を描く者にしてみたら、最大の喜びです。
 今回の拍手絵は、描きかけのまんまにしてあったのを引っ張り出して来たのが殆どなんですけど、時間があればきっちり仕上げてみたいモノばかりでした…自分としては、4枚目の美輝ちゃんとかオキニです。

Binchou_tan
 ↑ んで、らくがき。
 この子って、描いてて、なんといいますか、心が洗われるようでした…。

 コメントくれる方以外にも、お礼をば。
 トップ絵変更したり、日記絵アップしたりすると、いっつも拍手の数がハンパ無いです。
 ありがたいです。いつも励まされてます。
 拍手とコメントをガソリンにしてます。
 GWもなんも出来ないまんま終わってしまって、なかなか更新出来ない日々がまた始まりますが、どうかユル~く見守ってやって頂けたらナ~、と。

| | コメント (0)

2007年5月 6日 (日)

「玄関口」更新しました

 杉村麦太先生がRED7月号に新作を掲載予定と知って、思わず描いてしまいました。
 ↓ クリックすると、全体表示されます。 

Kyrie_01

 『キリエ』です。もう、5年も前の作品になるんですね。
 
 ヒロインのキリエを筆頭に、戦う少女キャラ達が、とにかく素敵過ぎる!
 敵役達のキャラ造形もハンパなく、憎たらしく、そしてカッコいい!
 なにより、しっかり背骨の入った設定と、独特の世界観に支えられた骨太なストーリー。
 聖・俗ふたつから忌み嫌われる孤立無援の魂に、「たった一つの明日」は来るのか?
 キリエの健気さに、ただただ涙。 

 もっともっと続いて欲しい作品でした。
 オススメです。
 チャンピオンにしては珍しく、ちゃんと全2巻、きっちり単行本化されてます!(と書かなければならないトコが秋田書店の情けないトコですが)
 ココ最近、「歓喜天」名義での作品は読んでいましたが、チャンピオンブランドへの再登場に、思わず期待してしまいます!  

| | コメント (0)

2007年5月 5日 (土)

GWの過ごし方

 大型連休というものは都市伝説ですよ

 すんません、あまりの切れ味に思わず噴いてしまいました。
 申し訳ないコトに、世間並みに暦どおりの休みを頂いてしまってマス。 
 いざまとまった休みが取れても、かねて懸案の更新が出来てるわけでもなし、ホント、この3日間、ナニやってたんでしょうね。
 あ、遅ればせながら、確定申告やりました。ちゃんとやってた人は、もう還付金受け取ってると言うのに、完全にズレてます私。

 今、嫁と娘がTVの『ブレイブ ストーリー』観て泣いてます。
 んで思い出したんですが、
 『時をかける少女』のDVD出てたんですね。全然気がつかなかった。コレは観ねば! 
 でも、もう、明日1日しかないよ休み。
 くうっ、もっと早く思い出していれば…。

 *************************************************

 『無敵看板娘N』最終回のショックから、ようやく立ち直った所へ、追い討ちをかけるように、好きな作品が次々終了していく…

 『ローゼンメイデン』に続いて、『めっちゃキャン』も次号で最終回!

 私に死ねと?ほう死ねと?(涙) <このフレーズ、流行らせたい
 考えたかないが、『アイホシモドキ』も危険水域に入ってしまって久しい。
 ここ数日、マンガ関係で手放しに前向きなニュースと言えば、『マイティ♡ハート』再連載、くらいなモノ。

 2007年は、我が「マンガ者人生」の中でも極めてキッツイ、試練の年です…。

 ************************************************* 

Kyrie

 ↑描きかけで止まってるキリエ

 たまにはムテムス以外の絵も。

| | コメント (0)

2007年5月 1日 (火)

「ぼくのほうがマジです」

 ↓ ずいぶん長いコトWeb拍手絵で頑張ってくれてたひとみ先生。 

44
 そういや長いコト「あの絵板」にも描きに行ってないな…

 *************************************************

 拍手レス~

 >「無敵看板娘」どういうお話で締めくくるのか・・・。連載は終わっても美輝ちゃんやめぐ達は変わらぬ日々を送っていると思います。脳内には『花見町商店街』がありますものv そこでいつものようにケンカしたりケンカしたりケンカしたり・・・(笑)みんなは今日も明日も元気です!PAN太さんも元気出してネv 

 ケンカしてばっかですよね、あの子達!いやホント、あの世界では美輝ちゃんたちは、今日も今日とてあいかーらずな毎日を(元気に)送っているんだろうなあ、と。
 脳内て ヽ(°▽、°)ノエヘヘヘヘ いや、でも、リアルで行ってみたいですねえ、花見町!楽しそうだ!覚悟完了してから行かないと、命がいくつあっても足りなそうですけど。
 元気ですよ、元気。
 ありがとうございます。
 ようやく、最終回を読んでも、いつもみたいに笑えるようになりました。
 『無敵なsmile』聴いてると、いまだに涙腺が弛んでしまうのはどうしようもないですが!  

 *************************************************

 『無敵なキャラクターソング集』でほとんどの曲の歌詞を担当している、枯堂夏子先生について、ちょっと書きたいと思います。
 すいません。今回は引用バリバリで行きます。

 クレジットに枯堂先生の名前を見つけた時は、冗談かと思いました。
 いや、私、実は、先生の曲の大ファンでして。
 『天地無用!』シリーズに代表される、先生の名曲の数々は、常に私のヘビーローテーションの一角を占めているくらいです。

 『恋愛の才能』
 『風下に、てやんでえ!』
 『やめられないやめられない』
 『電波の海原』
 『不器用じゃなきゃ恋はできない』
 『ぼくはもっとパイオニア』
 『銀河にいまそかり』
 『恋はせっしょやおまへんか』
 『ばか』
 ……

 どおですかお客さん!<誰がお客さんかっ
 誰だって、曲名を見ただけで、「いったいどんな歌なんだ?」と、思わず聴いてみたくなるはず。
 機会があったら、聴いてみてください。
 どれも傑作揃い。絶対退屈しません。
 凡百のキャラクターソングとは一線を画する、「枯堂ワールド」に、是非触れてみていただきたい。 

 あたしと 同じような ばかを 探してるの
 だれかに 先を越されても 笑っているような

 損をしても 気がつきさえしない
 命懸けで 恋などしない 
 好きなんて ちょっぴり 思えれば それだけで
 じゅうぶん しあわせな 気分に なれるの
 ばかだから (『ばか』)


 「好きだよ」と 言わないで
 つまらない 台詞よ
 知らんぷり できるのが
 恋愛の才能

 ねえ また いまも 目が合ったよね
 目をそらす 瞬間が 好きよ (『恋愛の才能』)


 炎のような唇から 冷たい言葉を放つ
 細い指をパンと鳴らして 僕をまた呼びつけてる
 ああ 心から 尽くしてきたはずなのに
 まだ足りないのか

 裏切ることもあると
 あなたは気付いているのかい
 きれいなその横顔
 見飽きてきたこと 気付いているのかい (『Dear Miss Lonely』)

 「一見ひねくれたラブソング」を書かせたら天下一品です、この方。
 当時、枯堂先生の歌詞に登場する、こうした恋愛観に、かなり衝撃を受けたモンです。
 ハイ、正直、相当影響されました。 

 恋は「関係」ではなく「状態」のことです。奴隷とご主人様では恋はできないのです。男も女も、しばったりしばられたりする関係ではなく、もどかしく、あいまいで、どこかムズムズする宙づりの状態でいようじゃありませんか。それが恋なのです。 (枯堂夏子 *折笠愛『淑女超特級』のライナーノートより)

 その一方で、こういうツッコミどころ満載の曲も、枯堂先生の十八番だったりする。

 なんでも できるはずだわ
 そこに あるもので
 呪文と 頭は
 使いよう
   (中略)
 お腹が すけば
 呪文は PiPoPa (PiPoPa!)
 すぐに おソバ屋さんが
 出前に やってくるわ (『夢みれば夢も夢じゃない』)

 出前かいっ! ≧∇≦
 と、まあ、こんな具合。

 『無敵なキャラクターソング集』での仕事は、この、「ツッコミどころ満載」のキャラ紹介ソングの系統にあたりますね。 

 白い前掛け ひらひらと
 悪を 投げ散らす
 怖いもの知らず 恥知らず
 パンツは 見せないぜ
   (中略)
 無敵看板娘 子供のケンカ止めろ
 無敵看板娘 屋根の雨漏り直せ
 無敵看板娘 堤防決壊防げ
 無敵看板娘 テーブル片付けろ
 勘定ここ置くぜ (
無敵看板娘 

 パンツは見せないぜ♪ ってトコで、「わかってんじゃん先生!」と思わず嬉しくなりました。
 主題歌も枯堂先生に作ってもらっていたら、アニメ『無敵看板娘』の世界も、また、全然違った展開があったのかもしれません。いやマジで。

 枯堂先生のキャリアの中で、個人的に一番好きな作品は、小桜エツ子さんのアルバム『それでいいのだ』。
 もうね、なんと言っていいのか、
 エッちゃんの声と枯堂先生の歌詞世界が絶妙にマッチしてて、たまらんですよ。
 駄曲・捨て曲一切無し。
 このアルバムの「中毒性」の強さと言ったら、アナタ、もう。
 そして、なにより、この歌。 

 おいしいソバ屋が まるでない アンアン
 おもしろいテレビが まるでない アンアン
 読みたい雑誌も まるでない ノンノン
 聞きたい歌も まるでない アンアアンアアンアアンアアン (『99人の敵』)

 ハイ、すんません。
 白状します。
 サイト作る時、この歌からタイトルをイタダイチャイマシタ、私。
 個人的名盤ベスト10挙げろって言われたら、ストーンズやマニックスや頭脳警察と一緒に、絶対このアルバムも入れます。
 実は、「99人の敵」という検索ワードでサイトやブログに来られる方々が、ほぼ毎日のようにいらっしゃるんですが、たぶん、エッちゃんのアルバム情報目当てに来られてるんだと思います。
 みなさん、訪問してみて、がっかりして帰って行かれてるんじゃないか、と、かねがね気になっていたので、今回、思い切ってネタバラシしてみました。

 つまり、アレだ。
 このサイトと『無敵看板娘』は、枯堂先生つながりで、切っても切れない赤い糸で結ばれていたんですねえ、ってコトですよ!<ココ!ココ、ツッコむトコですんでヨロシク!

| | コメント (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »