« 「近況報告」と言う名の「泣き言」 | トップページ | 会社のパソからこんにちは(泣) »

2007年5月16日 (水)

彼女がいない木曜日

 拍手コメント~

 >☆パソ調子よくなると…というかゆっくりいじれる時間とれるとよいですね~

 くうっ。あんなグダグダな話題に反応していただいて恐縮です。
 本当、パソじっくりメンテしたい。
 ちなみに、モニタを私に強奪された子供たちが「いつになったら返してくれるの?」と不満たらたららしいです。
 当分返す気ありませんけど、ええ!

 *************************************************

 玄関口の絵、またまた替えちゃいました。
 そろそろ過去絵に収納しないといけない絵が何枚かたまってるハズ…週末には更新したい…。
 今回も美輝ちゃんです。
 『無敵なsmile』聴きながら描いてたら、なんでか別人になってしまいましたよ。かなり「乙女」入ってしまった…。
 この歌聴いてると、涙出そうになります。
 もうね、歌詞がね、
 「ああ、そうだな、美輝ちゃんって、こんな子だよなあ」って。
 素敵な子じゃーありませんか。
 こんな子がいたら、誰だって絶対好きになってしまう!  

 みんな美輝ちゃんのことが大好きなんです。

 高橋直純さん、素敵な曲をありがとうっ!

 *************************************************

 ここんとこ、『無敵看板娘』のコトばっか書いてましたが、チャンピオン24号もしっかり買ってますよ、エエ。
 言うても詮無いコトですが、やっぱムテムスが無い誌面は寂しいっスよ…。

 *『ダイモンズ』…「まともに面白い」こういうマンガがないとねえ、やっぱ、ねえ。表紙&巻頭というコトで、まずはめでたい。
 人気作や勢いがある旬のマンガが、順当に表紙や巻頭を飾るコトが何故か少ない、ソレが少年チャンピオン。今回限りじゃなく、いつもこの調子でやっていただきたいモノです。

 *『みつどもえ』…掲載順位が上位で安定していて、初期の頃の扱いが嘘のようだ…。
 今、チャンピオンで、「最もアニメ化に近い位置にあるマンガ」ですよね。ひょっとして、具体的な話がもうひとつやふたつは来てるんではないかと、夢を見てしまいます。
 それにつけても、眉毛って、素晴らしい…ほぅっ…。
 太田さん、ガチレンジャー観てるかな…

 *『フルセット!』…まだ2回目ですが、今後、チャンピオンきっての「問題作」になる予感がぷんぷんしますよ!
 火野の挙措のいちいちが、「ぼくを弄って!」とアピールしているとしか思えない。
 一方の会田も、素質充分と見たね。ボールから手を引っ込める時の表情は、「そういうのを知ってる」顔だ絶対に!
 他のバレー部員も、ノンケの私でも「お前ら全員、精神注入したろうか《゚Д゚》ゴラァァァァァァァァァァァァア!!」ってしたくなるようなツワモノ揃い。
 続きが気になって仕方がない、楽しみなマンガが出てきました。
 BL大好きなウチの嫁も大注目!の作品です。<大迷惑

 *『ANGEL VOICE』…「小粒な井上雄彦」(失礼!)ってかんじの作画がたまりません!
 部員集めの話でしばらく行きそうですね。『七人の侍』と一緒で、こういう「面子集め」の章が、案外一番面白いモノなのです。
 新任の先生がイイかんじです。が、主人公があまりにナニも考えてなさそげで、全然感情移入できません。こんな奴、同じクラスだったら絶対イヤダ。
 私が生徒だったら、どう考えても、「潰しちゃった方がいいんじゃねーのサッカー部?」としか思えない…。

 *『サナギさん』…「脳内友達」ってよくもまあ…ソレはソレで読んで見たい気もしますが、でも、寂しそうですねやっぱ。

 *『聖闘士星矢 冥王神話 THE LOST CANVAS』…リンかけをリアルタイムで読んでた頃から大学時代にかけて、一番好きなマンガ家は車田正美先生でした!
 過去形ですけど。
 元祖『星矢』読んでた当時から不満に思っていたのが、「車田先生って、心理描写、大雑把だよなあ」。
 イヤほんと、「車田キャラの感情って、喜怒哀楽の4種類しかないんじゃないか」ってくらい、描写が雑なんですよ。
 そういう弱点には目をつぶって、車田節のイイトコロだけを楽しんでいたのが当時の私でした。
 今、手代木版『星矢』を読んでると、「ああそうだ、俺は、こういう『星矢』を読んでみたかったんだなあ」と気づかされます。
 『星矢』世界の基本設定は踏襲しつつ、車田先生があえて捨象してきたモノをきっちりと描いている。
 アルバフィカにしてもアスミタにしても、アフロディーテやシャカみたいな浮世離れした「ただの超人」じゃないしね。

 そして、極めつけはこの台詞。

  私の胸が痛いのはいいの
 これは私が約束を忘れていないってことだから これでいいの
 私はずっと 胸が痛いままでもいいの……

 泣きましたよ私ゃ。
 『手代木星矢』は、もう、『元祖星矢』を超えている、と言い切るッ!
 アルデバランも、ただの数合わせキャラにとどまらず、聞くに値する物語を背負っていそうで、期待してしまいます。

 *『クローバー』…すんません。こんな連中のコト、好きになれるわけがありません。

 *『ストライプブルー』…気持ちが落ち着いたら、花ちゃんとのりっぺも描きたいな、と。
 アー坊はスイッチが入ると怖そうですね。いざとなったら容赦無さそう。兄貴と違って、振れ幅(紳士←→鬼畜<俺の思い込み)の激しい性格と予想してるのですが如何でしょうか!

 *『ナンバ』…『ワイルドライフ』でもこんな話やってたような記憶が…
 悪質なブリーダーになると、「売り物にならない仔犬」は、生まれたはしから「処分」するそうです。それも素手で。
 一部のペットショップでは、仔犬の体が大きくなると売れないから、成長を抑えるために極力エサを与えない、という店もあるそうです。
 ペットの中には、こういう地獄を生き延びて、飼い主の許へやってくる仔もいるんですね。
 キッツいハナシですいません。しかし、動物好きな人にとっては、「知らない」では済まされない現実です。
 しかし店長、なんぼ商売でも、客は選んでもいいだろう…。

 *『ギャンブルフィッシュ』…オーバーニー万歳!里緒さんがどんなコスで本番に臨むのか、今から気になってしょうがありません。
 つか、あんなミニスカであんな姿勢。月夜野さんの上を行くサービスショットを期待してしまいます。
 一見、勝算無さそげな杜夢。一体どんな手段で勝機を呼び込むつもりなのか!
 実はビリヤードめさめさ上手かったりしたら、怒るよ。

 *『加護女』…すいません、あんまりよくわからなかったです…

 *『アイホシモドキ』…信じていいんだな?まだまだ続くんだな?
 「力ずく」のやり方しか出来ない相星さんが、ヘタレの元木にナニを期待して信じているのか?お互いに、自分が持っていないモノを持っている相手に惹かれ合う二人の世界に、もう、ドキドキが止まりません。
 元木の意気地を通させるためなら、賞品にだってなっちゃう相星さんが泣かせます。
 もうね、口に出して言えないけど、心の中では「私ら、ご覧の通りラブラブだから!文句ある?」とチカライッパイ叫んでいるに違いないです。
 しかし…もし元木が勝ってたら、相星さんはどうなっていたんでしょう!

 *************************************************

 今気がついたんですが、今週号の付録トレカが切り取られていました。
 小倉優子と熊田曜子のやつ。
 どうも、息子がこっそりせしめて行ったくさいです。 

 色を覚える年齢(とし)かッッッ!!

 
いや、いっつも、「あんな付録、誰が喜ぶと思ってんだ編集部!」と思ってたんだけど、
 ちゃんとニーズが存在していたんだねえ。
 くそう。
 「グラドル載せるより、肝心のマンガを、ドーン!と、こう、ドーン!と大きく表紙に持って来んかい!」と言う私の主張が、崩れてしまいそうです。
 まさか身内に裏切られるとはっっっ!

|

« 「近況報告」と言う名の「泣き言」 | トップページ | 会社のパソからこんにちは(泣) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「近況報告」と言う名の「泣き言」 | トップページ | 会社のパソからこんにちは(泣) »