« 拍手レスだよ! | トップページ | トップ絵変更しました »

2007年6月 3日 (日)

チャンピオン27号

 水島新司先生、漫画家生活50周年ですか。
 『ドカベン』に限って言っても、もうかれこれ35年。
 大好きな野球を題材に、これだけの間、第一線で活躍し続けてきた、というのは、幸せなマンガ家人生、と言っていいのではないか。
 個人的には、「『ドカベン』表紙に持って来るくらいなら、他の、もっと面白くて勢いがあるマンガを引き立ててやってくれや!」とも思いますが、ソレは編集部の責任で、水島先生のせいではありません。
 つか、いまだに『ドカベン』が大黒柱のひとつ、ってあたりが、現在のチャンピオンの泣かせるトコロでもありますが。
 
 私が水島作品で一番強烈に印象に残っているのは、『銭っ子』という作品です。
 原作は花登筺。
 『アパッチ野球軍』『どっこい大作』などで有名な方ですね。(『細うで繁盛記』とか『あかんたれ』とかじゃなく、『アパッチ野球軍』を引き合いに出してしまうあたりが、ダメなオトナ。)
 絶版になって久しいはずなので、殆どの方はご存じないと思いますが(なんせ「百円札」が健在だった時代のマンガだからねえ…)、どこかで見かける機会があったら、必読です!
 苦労知らずのええとこのボンボンとその小さな妹が、ある日突然、天涯孤独の身となるところから物語は始まるのですが…
 もうね、設定ヤバ過ぎ。
 21世紀の現在では、こんな作品の出る幕はどこにも無い、というくらいヤバい。
 例えば、主人公の少年を導いていくコトになる「銭神」と呼ばれるおっさん。普段は「乞食」をしているが、実は大金持ちで名うての商売人。物語の前半では、主人公がこの「銭神」の指導で一人前の「乞食」に成長していく、という部分が一番の見所なんですが。
 「乞食」と言う単語に過剰に反応して目くじら立ててしまう、ひ弱な「良識派」は読まんで結構。
 『銭っ子』は、娑婆世界の酷薄さ、容赦無さ、そして、「それでも生きていくこと」のやるせなさを描いた、子供心にも素晴らしい作品だった!
 はっきり言って、傑作です。
 花登節全開のシナリオに、水島先生の当時のまだどこか「泥臭さ」を残した絵柄がマッチしていて、最高でした。
 しかし、こんなマンガが、TVドラマ化されたりもしてたんですよ!
 昼の帯ドラマの時間帯で、『つくしんぼ』ってタイトルで。
 ♪つくしんぼーよー 強くなーれー って、OP曲まで覚えているよ…
 『銭っ子』、文庫版出してくれないかなあ、秋田書店さん。
 今の子供たちに、是非、読んで欲しい作品です。マジで。
 
  *************************************************

 ハイ、昔話はコレくらいにして、と。
 2007年現在、週刊少年チャンピオン27号は、というと、

 なんだこの表紙は!
 まるでチャンピオンじゃないみたいだ…
 『クローバー』ってのがちょっとアレだが、しかし、作品の絵単独で表紙を張ってます。
 こーゆーの、今回限りでなくずっと続けていただきたい!
 グラドルもそりゃ悪くないだろうが、しかし、やっぱ、肝心要のマンガ作品がピンで表紙を飾るのが本筋だろう。
 新規読者を獲得するにも、表紙が勝手に「営業」してくれる部分ってのは、絶対大きいはずだし。
 その伝で行くと、表紙を飾るのにふさわしい作品ってのは、一見客も思わず手にとって見たくなる、「絵に力がある作品」ってコトになると思いますが…現在のチャンピオンで言えば、『みつどもえ』『ギャンブルフィッシュ』とかがソレにあたると思います。
 『ゾクセイ』?ナニソレ?
 しかし…『無敵看板娘』連載時、こんなふうに単独で大きく表紙を飾らしてもらったコトなんて、ちょっと記憶に無いんですが。
 美輝ちゃんと『虹色ラーメン』の太陽くんとのコラボ表紙の時が、一番大っきい絵だったような気がする…。
 なんか、そう考えたら、だんだん腹が立ってきた…
 だーもーいーや、今までのコトはもう!
 コレからはしっかり頼むよチャンピオンさん!

 *『バキ』…嫁いわく「ナニコレ、20ページ使って、遊んでるだけやん」
 …イヤ、そのとおりだ。なんか、もう、家にある『バキ』のコミックス、全部処分したくなってきたよ。
  
 *『ナンバ』…松の過去話になってから、家族が犬を飼いたいと言ってうるさい。特に嫁が。
 ちなみに、私が昔飼っていた犬はアイヌ犬(通称「北海道犬」)でした。
 
 *『ストライプブルー』…タイトルの意味がやっとわかった!
 でも、何故か、この「縞青高校」にアー坊が入学しそうな気が全然しない…。

 Norippe_nikki

 ↑ のりっぺ初描き
 すんません、似ませんでした (´;ω;`)
 
 しかし、「うやむやになってしまいましたネ…」って、そりゃないでしょう。
 期待してたのに肩透かし!
 森高先生、本来「そういう展開」は得意な方だと思うのに、なんで?
 単純に、めんどくさくなったから?
 …まーいーや!二人がかわいかったから、許す!<何様

 Hana_chan_nikki

 ↑ 花ちゃん描こうとして失敗
 ナニがあかんのだろう…

 *『フルセット!』…この絶望的状況から、ナニをどないしたらナニかがどうにかなるというのかっ!
 ああ、あかん、目が離せない。
 火野の「作戦」も、絶対に的外れのような予感がしてならないし!
 
 *『みつどもえ』…次は、コレを表紙にもってきなさい。
 第2巻も発売されるコトだし、ココはサイン会とか実施すべきだろう。
 有名書店でもガンガンキャンペーン張ってもらいなさい。
 目の前にチャンスが転がっているのに、なんのアクションも起こさなかったら、また今までと同じコトの繰り返しだよ。
 このマンガは、はっきり言って「作品の力」だけでここまでの支持を集めてきた、と言っても過言ではないと思う。
 もう、作家の努力や一部のファンの「熱意」の上にアグラをかいてないで、チャンピオンもそろそろ戦略的に打って出るべき時期に来ていると思うんですが!
 で、今回ですが、
 「狙い過ぎ」と思われる向きもあるかもしれませんが、私はこういう展開を支持したい!

 *『ANGEL VOICE』…以前、「小粒な井上雄彦」と書いてしまいましたが、間違ってなかった。主人公、完全に桜木花道じゃんよ…。
 ヒロインがどう見ても女の子に見えない…「小粒」だからそこまで期待しちゃいかんのか…。

 *『ギャンブルフィッシュ』…秋田書店の新刊情報にアップされてる第1巻の表紙を見て、私、考え込んでしまいました。
 第1巻なのに、表紙が主人公じゃない…ナニ考えてんですか山根先生…。
 そして、紹介文。「閉鎖されたエリート学園でくりひろげられる、超絶能力を持つ美少女たちとの100億円を賭けたギャンブルの行方は!?」
 超絶能力を持つ美少女たちとの
 ああ…やっぱりそういう作品だったんだ…イヤ、わかっていたけどさ。
 コレで、編集部のお墨付き。
 もう、もう、好きにやってください、この調子で。私はどこまでもついていきます。
 ところで、今回のビリヤード勝負、杜夢の得意の「心理戦」に持ち込める要素が見当たらなくて、心配です。
 それと、「阿鼻谷」に替わって「五木島」が検索ワードの上位に来ていて、怖いです。

 *『ヘレンesp』…三重苦のヘレンの表情の豊かさに、もう私メロメロなんですが。
 そして、ヴィクター意外と役に立たない。しっかりしてくれよ!
 障害者を狙った事件は実際ありますよね。おちおち外出もままならんのか…。こんなんじゃ、「世界は美しいよ」なんて、とても恥ずかしくて言えないよ…。
 
Helen_nikki02_2

 ↑ またまたらくがき
 あの大っきい瞳がうまいこと描けない

 *『アイホシモドキ』…相星さんはビンタ張られたコトに怒ったりはしないんですね。
 それより、「相方にわかってもらえない」コトの方がこたえているように見えてしょうがない。
 相星さんは、元木さえわかってくれていればソレでイイと思っているのに、元木は周囲の他の人間たちともうまいコト調和してやっていきたい、と思っていて、そのへんが二人の間に流れる河なんだろうか。
 元木、早く謝れ!わけわかんなくてもイイから!
 「でも約束してよ」って言われて、うんうん頷いているコマの相星さんは、史上最強のかわいさでした。
 
  ************************************************* 
  
 来週から『ジャン』復活ですね。
 『かるた』第2部の件があんな結論になってしまって、もうね、今のチャンピオンでは、こうして予告通り第2部再開できる作品は貴重ですよ…
 そして、6月と言えば、暦的にはもう「初夏」といっていいんでしょうね。
 予定通りなら、佐渡川先生の新作の登場も、もうそろそろ。そう思うと、ドキドキが止まりません!

|

« 拍手レスだよ! | トップページ | トップ絵変更しました »

コメント

バレンタインの時に美輝とめぐみのツートップで表紙飾った事があったぜと指摘。グラドルも載ってた気がしなくもない。

投稿: | 2007年6月 5日 (火) 14時01分

 マジデスカ!
 指摘されてから、ふと、思い立って、秋田書店のHPに跳んで見ましたよ。
 チャンピオンのバックナンバーの表紙がストックされてるじゃーありませんか…なんでコレの存在を忘れてたんだろう…
 探してみたら、おっしゃるとおり、美輝×めぐの表紙が燦然と、ああ。
 二人ともかわいいなあ、もう!
 夢中になって、過去表紙を探して回ったら、美輝ちゃんメインで「あ、こんな表紙の号もあったんだ!」てのが意外とありました。夜の夜中に、ナニやってんだか俺。
 秋田書店さん、ごめんなさい。

投稿: PAN太 | 2007年6月 7日 (木) 02時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 拍手レスだよ! | トップページ | トップ絵変更しました »