« トップ絵変更しました | トップページ | 遅くてすいません!拍手レス »

2007年6月16日 (土)

マンガ あんなこんな

 この週末の間に、チャンピオンの感想書けるかな~とあやぶみつつ、
 またしても、チャンピオン以外の雑誌の感想です。

 その1
 竹下けんじろう先生が、ヤングジャンプ28号で読み切り『OL(OTAKU LADY)』を描いてます。
 なんといいますか、読んでて、身につまされると言うか。
 私も、今の営業所では、つとめてオタ本性を隠しているクチなので…今更カミングアウトしようにも、ねえ。
 隠しているからって、別にストレス無いし。つか、余計なコト考えてる暇が無いってのが本当のところですが。
 以前、会社から支給されているノーパソ(社外持ち出し厳禁)のデスクトップに、okama先生のイラスト(プチ腐敗バーガー)を飾っていたコトがあったんですが、ソレを見た上司が、ひと言。
 「その壁紙はヤメロ。業務用のパソコンには似つかわしくないから」
 あーハイそーですか、っと。
 んで、替わりに、『頭脳警察1』のジャケ写真をデスクトップにしてたら、ソレについても、なんか言いたそうにしてた。
 どないせえちゅうのよ、なあ。
 そんなある日、ある役職者のデスクトップを覗いてみたら、ガンプラの写真でした。
 女子キャラはNGで、ガンプラはOK。
 まあ、そんなモンでしょうさ、世の中。

 その2
 別冊ヤングマガジン22号で『暴走処女』を描いている酉川宇宙先生って…ばんがいちで『柳田君と水野さん』を描いている榎本ハイツ先生ですやん!一般誌では別名義なんだ…。知らんかった。
 私、水野さんのネジが外れたツンデレぶりが好きでした。
 柳田君のコトが大好きなくせに、んで、ヤルこたキッチリヤッてるくせに、出てくる台詞は、
 「あんたなんか、ただのセフレよ!」こんなんばっか。
 柳田君もイイ奴なので、このバカップル、思わず応援したくなる二人です。
 で、『暴走処女』ですが、なんか、主人公の勘違いっぷりが、無理矢理過ぎるというかなんというか…とんちんかんな方向への力任せなギャグがおかしい。
 もしかして、「原作/原田重光」ってクレジットされてないか、と確認してしまいましたよ。傾向としては、そんなかんじのマンガです。
 うーん…榎本先生本来の持ち味が出ているとは、思えないんだけどなあ…
 秋田書店で描いてくれないかなあ…
 伝統的に、秋田は、エロマンガ畑の作家さんと親和性が高いことですし!

|

« トップ絵変更しました | トップページ | 遅くてすいません!拍手レス »

コメント

 こんにちは。宇都宮です。

 ついにミッチェル田中先生の復帰が決まったようですね。アンケートした時は支持率高めでしたし、今度はうまく軌道に乗るといいですね。


 OKAMA先生ですと短編集にあった「カナリア」がすごく好きなんですけどご存知ですか?


 僕もオタク(ではなくマニア)を職場で隠してます。何というか、ハアハア言いながら爪切りしている吉良吉影みたいな感じです(汗)。

投稿: 宇都宮 勇 | 2007年6月17日 (日) 07時41分

 ありがとうございます~
 本当、うれしい!
 その連載が、『ヤンキーフィギュア』だったらなおうれしいんですが、どうなることやら…。

 『めぐりくるはる』持ってます。てか、雑誌連載時に読んだ『カナリア』に衝撃を受けて、単行本買ったクチです、私。
 私にとってのokama先生の代表作は、『クロスロオド』でも『ミーナ』でもなく、『カナリア』なのです。
 今読んでも泣いてしまう…。
 宇都宮さん、今度、是非、マンガレビューで取り上げてくださいな!
 個人的には、「マンガ史上、最も重要な短編作品」のひとつだと信じている作品です。

 吉良吉影て
 ああ……アレって、私ら「カミングアウト出来ない社会人」の自画像なのかもしれませんね…しみじみ…

投稿: PAN太 | 2007年6月18日 (月) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トップ絵変更しました | トップページ | 遅くてすいません!拍手レス »