« チャンピオン28号感想 | トップページ | 『新約 巨人の星 花形』 »

2007年6月14日 (木)

あんなコトこんなコト

 麻生太郎は毎週マンガ誌7誌購読しているそうな。
 ビッグコミック系のを3誌と、モーニング、それと、ジャンプ、マガジン、サンデーと。
 ふーん。
 ………………ってコラ。
 なんか忘れてないかこの野郎。

  *************************************************

 拍手レス~

 >わたしもデスクトップ晒してみました(笑) 

 わー、バトン受け取っていただいてありがとうございます!
 予想をはるかに超えて、タダゴトではない壁紙に、私、くらくらキチャイました!
 イイナ!イイナ!
 リクエストしてよかったー!

 >10日の日記、購入されたコミックスよりもその後ろに見えるディスプレイの画像が気になるんですが。

 ん?
 ひょっとして、 ↓ コレのコトですか?
 Ar_tonelico

 エッとですねー、なんかのゲームのアレみたいです。
 プレイしたコトないからわかんないけど、きっと、えっちなゲームに違いない!
 やー、でも、イイですよね、この壁紙!
 こういう絵が描けるようになりたいモノです。

  *************************************************

 「もう月刊少年チャンピオンは買っちゃダメ!」と嫁にキツく言われてから久しい。
 嫁「だって、『めっちゃキャン』しか読むトコ無いやん!どうせ、コミックス出たら買うんやろ?お小遣いもったいないから、もうダメ!」
 …俺は、俺は、小学生か…
 私「あんなあ、他にも、『明日のよいち!』とか『野球しようぜ!』とか載ってるやろ?」
 嫁「私はコミックス派なの!毎月買ってきたのを読んじゃったら、コミックスで読んだ時の感動が半減するでしょうが!それともナニ?コミックスはもう買わないの?だったらイイよ別に」
 私「だったら、連載時のを読まなきゃイイじゃんよ」
 嫁「家にあったら読むに決まってるでしょうがー!女ゴコロがわかんないヒトやな、もお!」
 ワッカンネーよ、そんなモン!
 ま、まあ、そんなかんじで、我が家では、月刊少年チャンピオンの立場は非常に悪いです。他の作家さんたちには申し訳ない話です。

 そんなコト言ってるうちに、迎えてしまいました、『めっちゃキャン』最終回!

Ichigo_nikki12
 ↑ シャーペンでらくがきしたのを取り込んだやつ
 なんか、バタバタしててちゃんと描けなかった… 
 いちごちゃんの、「喧嘩上等」だけど、「心はきれい」なトコが、大好きでした!
 国広先生、お疲れ様でした、と、心の中で呟きつつ、
 もう、ホント、これから月チャン買う理由が無くなったかなー、と、しみじみ。
 言いたくないよ。言いたかないけど。
 頼むよもう!しっかりしてくれよ!

  *************************************************

  Men, they build towers to their passing yes, to their fame everlasting
  Here he comes chopping and reaping, hear him laugh at their cheating
  And time waits for no man, and it won't wait for me

  Yes, time waits for no one, and it won't wait for me

                            (The Rolling Stones/Time Waits For No One)

 「Time Waits For No One」って、ストーンズのコレからとったのかな?勘違いだったらすんません。
 アルバム『It's Only Rock'n Roll』の曲ですね。個人的には、「Star Fxxker」と並んで好きな曲です。

 いまさらですが、『時をかける少女』観ました。レンタルDVDで。

 めさめさ期待して観ました。
 んで、感想。

 主人公の真琴は、この子は、アレですか、
 あほですね!
 イヤ、いーじゃん!
 かわいいよ!
 あほ娘ばんざい!

 笑って、泣いて、走って、転んで。
 いや、俺には真似出来ない。
 観ていて、真琴をいとおしく思う気持ちもある一方で、
 自分のソレとは真逆の、まっすぐな青春に、強烈に嫉妬してしまいました。

 素晴らしい映画だと思うけど、私にはまぶしすぎる。
 そして、遠い。遠すぎる。
 20年前だったら、素直に泣けたんだろうか。 

 エンディングの真琴を見る私の目は、もう、愛娘を見る父親のソレ。
 萌え、とか、恋愛感情とかとは全然違う意味で、この子がかわいく思えました、ええ。

 この子を見てたら、ストーンズのこの曲を思い出しましたよ。  

  Dandelion don't tell no lies
  Dandelion will make you wise
  Tell me if she laughs or cries
  Blow away dandelion
          
 (The Rolling Stones/Dandelion)

 「たんぽぽはうそをつかない たんぽぽはなんでも知っている」
 泣かせるじゃーありませんか。

 そういえば、キース=リチャーズも、自分の愛娘(つけた名前がダンデライオン!)には激甘だったんだよねえ。
 でも、成長した娘が、自分で「アンジェラ」って名前に改名しちゃって、キースに向かって言った台詞がコレ。
 
 「今度、私のことをダンデライオンって呼んだら殺すわよ」

 「たんぽぽ」って呼ばれるのが、そんなにイヤだったんかい!
 イヤ、イロイロあったんだろうけどさ。
 わっかんねえなあ。娘ゴコロ。

 と、まあ、それくらい素敵な映画でした、『時をかける少女』!
 
 『仁義なき戦い』と『ゾンビ(注・ロメロ版)』がマイ・ベスト映画な奴に褒められても迷惑なだけだろうけど!

|

« チャンピオン28号感想 | トップページ | 『新約 巨人の星 花形』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンピオン28号感想 | トップページ | 『新約 巨人の星 花形』 »