« チャンピオン27号 | トップページ | デスクトップバトン~ »

2007年6月 7日 (木)

トップ絵変更しました

 毎朝通勤電車に乗って見ていると、曜日によって、当然、乗客が手に持っているマンガ雑誌もさまざま。
 リーマン、学生、イロイロいますが、月曜日の朝はまずジャンプ、次にヤンマガを読んでる人が多い。ソレらに比べると、スピリッツ読んでる人はだいぶ少ない印象です。
 水曜日は圧倒的にマガジン。若い衆も中年リーマンも、みんな読んでる。大雑把に言って、サンデー読んでる人はマガジンの3分の1も見かけない。
 そして、木曜日。ヤンジャン、モーニングが同数くらいで、ヤンサンはだいぶ少ない。それ以上に、チャンピオン読んでる人は滅多に見かけない。
 1週間通じて、たぶん、電車の中でチャンピオン読んでる人より、ヤングアニマル読んでる人を見かけるコトの方が多いと思う。

 しかし、通勤電車の中で、堂々と「チャンピオンREDいちご」第2号を読んでるダメな奴は、日本中探しても多分そんなにいないだろう。
 私のコトですが!

  *************************************************

 通勤で往復4時間、しかも滅多に座れない。

 営業所の地元(京都)に住んでいる同僚たちは、私が朝、よろよろと駅に向かって歩いている頃、布団の中で二度寝を楽しんでいるのだろうなあ。
 私が終電の中で揺られながら、原稿書いたり校正したりしている頃、風呂上がりのビールと晩飯をキメて、くつろいだりしているのだろうなあ。
 そう考えると、すっげーすっげー殺伐とした気分になります。
 ちょうど今、そんな気分です。
 まさに、ルサンチマンの塊。
 自分でも、どんどんイヤな奴になっていくのがわかる。
 精神衛生上、よくねえよ。
 え、社長、そこんとこ、どう考えてるんだい?

 早く転勤したい。
 出来れば今度は、天王寺とかそのあたり。
 ンなコト考えてたら、また今度は姫路とか滋賀とか、もっととんでもねー遠いトコに行かされたりしてなっ。

  ************************************************* 

 裏モノ記事中心に実話系雑誌で活躍中のフリーライター氏(『はだしのゲン』がマイブームらしい)から、「イスラム金融」について勉強するように宿題を頂いてます。
 「イヤ、イロイロ調べたけどなかなかよくわかんないんで、PAN太さん、なんか本でも読んで勉強してネタを提供してくださいよ」
 「本」て、私、普通の書店になんて、年に1回も行かない人なんですが!
 図書館は、ブラックリストに載ってるから多分もう貸し出ししてもらえないだろうし。

 でも、ライター氏には、取材の裏バナシとかの面白いネタで、いつも楽しませてもらっている。たまにはこっちからもなんか協力してあげないとね。

 とっかかりに、Wikiをちょこっと覗いてみたけど、ワッカンネー。なんで無利子で銀行がやっていけるんだよ?あ、でも、ちょっと前の日本だって、銀行に預けても利息がつかなかったりしたよね(ソレって、資本主義って呼んでイイのか?)いや、でも、このイスラム金融って奴、案外、欧米型の金融システムに対する、強烈なカウンターに成り得るんでないかい?
 しかし、考えてみれば、俺、イスラムのコトって全然知らなかったんだな。
 いい機会だから本気で勉強してみようかな…。

  ************************************************* 

 なんか、「こいつは、平日は絶対更新しない(出来ない)奴だ」と見抜かれているようで、なんかくやしい。

 だから意地になったわけでもないのですが、トップ絵変更しました。

 『プラレス3四郎』の桜姫。

 しかし…どんだけ懐かしいんだコレって!何年か前にREDで続編やったりしてましたが、あっちは今ひとつだったような…。
 資料がないんで、最初、秋山たまよ先生が高校時代に作った『プラ3』の同人誌を参考にしようと思ったんですが、いくら探しても出てこないでやんの。残念。ドコやっちゃったんだろう…うー、気になる。
 と、とにかく、たまよ先生の描く桜姫は絶品だったんです!
 CLAMP関連ネタは書かないコトにしてましたが、たまよ先生の絵についてはどうしても語らずにいられない。
 技術面でもとんでもないハイレベルなのですが、それ以上に、この方の絵には、「お絵描き」に対する愛情が満ち溢れています。
 たまよ先生の絵をうかつに見てしまうと、しばらく絵が描けなくなるという副作用があるのが困りものですが。

|

« チャンピオン27号 | トップページ | デスクトップバトン~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チャンピオン27号 | トップページ | デスクトップバトン~ »