« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月29日 (日)

暑中御見舞いトップ絵

 「パンナコッタめぐみ」のせいで、うっかりすると、語尾に「いいーん」とつけてしまいそうになります。
 こないだなんか、うっかりして、仕事中に「もう帰りたいいーん」と口走りそうになりました。
 どんだけ気の毒なアタマをしてるんだ俺は!

 トップ絵変更しました。
 ってまた、こんなんです!
 いや、もう、
 かさねがさね気の毒なザマを晒してしまって、すんません……
 Miki19_s
 ↑ クリックしたら全体表示されます。

| | コメント (0)

2007年7月26日 (木)

『アイホシモドキ』最終回

 最近のお気に入り ↓


 恥ずかしくて……
 赤ちゃんできちゃいそうです……。


 イイのか、こんなん、少年誌で!
 しかし、もっと問題なのは、
 こんなマンガを、カバーもつけずに、通勤電車の中で読む私の方だと思います。

   ************************************************* 

仕事から帰ってきたら、例の「エロマンガ関係がぎっしり詰まった段ボール箱」のフタが全開で、中身がガッツリ飛び出した状態で放置されておりました。
 …隠れてエロマンガ読んだあとでも、もはや、証拠隠滅しようとすらしていません、アイツら(=残念な息子たち)。
 親父をなめとんか!
 読んだら元通りに直しとけ!
 思わず、寝ている息子たちを叩き起こしそうになりましたが、しかし、間違っているのは私のような気持ちも、ちょっとだけあります。あるんです一応。

   *************************************************

 まずは拍手レス

>あの文章は2ちゃんねるのムテムス本スレであったやつだと思います。後他にも
 白衣のめぐみの胸にハァハァ
 扉絵めぐみのかわゆさにハァハァ
 やっぱめぐみしかないっすよ
 めぐみめぐみめぐみめぐみ
 めぐみこそがめぐみですよ
 ああーんめぐみさまーん
 めぐみとお茶したいいーん
 めぐみに挨拶されたいいーん
 
(続きです)    めぐみのお友達になりたいーん
 めぐみのパン食べたいいーん
 めぐみのパンチラ拝みたいいーん
 めぐみをパイパンにしたいいーん
 めぐみとパンパンしたいいーん
 めぐみのパンナコッタに俺のバナナつきたてたいいーんああーん

 こんなやつがありました。

 情報ありがとうございます!やっぱり2ちゃんからだったんですねえ。
 ……そして、コレはコレですごいですねえ……私、今回、引用するのが、すっげーすっげーためらわれましたよ…。
 うーん。「めぐみこそがめぐみですよ」ってトコは好きかも。
 しかし、「チーズバーガーめぐみ」に比べると、「パンナコッタめぐみ」には、決定的なナニかが足りないような気がしてなりません!
 「チーズバーガーめぐみ」には、読んでるこっちまでが、思わず恋してしまう魅力があるんですけどね。
 こうして比較してみて、改めて認識。
 「チーズバーガーめぐみ」の文章書いた人、最高。
 「パンナコッタめぐみ」に足りないのは、「好きな女子に対して、幻想を仮託せずにいられない」男子の「純情」だと思います。

   ************************************************* 

 ハッパくわえてガニ股歩きの相星さんに涙

 いまさらですが、『アイホシモドキ』終わってしまいましたね。
 現在のチャンピオン誌上では、個人的に一番好きなマンガだったので、かなりヘコんでます。

 『アイホシモドキ』、このマンガは、『いいなり!あいぶれーしょん』とは違った意味で、エロ過ぎ。
 この二人、セックスはおろか、チューもまだの間柄なのに、なんでいちいちこんなにエロいのか!
 半ベソ寸前の元木に、「ん」と微笑む相星さんの表情は、もはや、「事後」のソレ。
 こんな顔、元木以外には、絶対に見せないんだろうなあ。
 改めて思う。
 「純情」も極まれば、エロスになるのだなあ、と。

 一緒に頭からコーラをかぶったり、
 一緒に海に飛び込んだり、
 イヤなコトも、痛いコトも、恥ずかしいコトも、そして楽しいコトも、二人一緒でなら、というところが、大好きでした。
 そして。相星さんが見ていてくれるから出来るコトがあるし、元木がいてくれるから救われるコトもある。
 相星さんのようになりたい、という元木の憧れは、全然叶えられないのですが、相星さんは元木をちゃんと認めているところとかね。もう、素敵過ぎる。

 元木は、今までとは違う自分に変わろうとして、でもなかなか変われない(ように見える)。
 相星さんは、ナニがあっても相星さんで、いつまでもあの調子で変わらないんだろうな、というかんじで。
 そう、なんにも変わらないように見える。
 だけど、元木も相星さんも、お互いに「相棒」と呼べる存在を得て、確実に変わっていっている。
 一人だった頃は、殴っても蹴っても、謝ってもごまかしても、びくともしなかったこの世界が、二人だったら、ほんの少しだけでも、動くコトもあるのだ。
 「相棒」って、イイよね。

 相星さんと同級生の学園生活を送ってみたかった、と、心底思います。 

Aihoshi_nikki09_1
 ↑ 時間がなくてトップ絵で描けなかったよ、相星さん。

   *************************************************

 一方、「初夏に」というふれこみだったハズの佐渡川先生の新連載が、なかなか始まらなくて、やきもきしてしまいます。
 まあ、拙速に走るより、「満を持しての連載開始」の方がイイに決まってるし。
 待ちますよ。待ちますとも。
 しかし、最近のチャンピオン、本当、新連載多いな…。 

| | コメント (0)

2007年7月23日 (月)

What The World Is Waiting For

 2000年前、西アジアの片隅で、ある男性が人々を前にして、このように語りました。

 こころの貧しい人たちは、さいわいである。
 天国は彼らのものである。

 「山上の垂訓」として有名なこの演説は、世界中のすべての「自分の人生に呻吟している人々」に向けられた、愛と情熱の詩であると思います。
 差別されている人。省みられることのない人。
 神に向かって祈ろうとしても、その祈り声すら、呻き声にしかならないような人生を送っている人。
 そんな、何も持たない、本当に何も持っていない、ちっぽけな存在でしかない人々に対して、彼は、「天国はあなた方のものである」と宣言した。
 だからこそ、2000年の間、世界中で彼は愛されてきたのだろう、と思います。
 彼の言葉は、勝利者や征服者のためなどではなく、被抑圧的状況に泣いている人々のために語られてきたのだから。
 現に、生きている頃の彼の周りにいたのは、娼婦や、貧者や、病者や、卑しめられていた職業の人々や、異邦人や、異教徒など、世間的に「低い」とされてきた人々ばかりでした。
 この「山上の垂訓」を読むと、いまだに泣けてきてしまいます。
 人間の世界について語られた言葉で、こんな美しい言葉が、他にあるか、と。
 「山上の垂訓」は、既存の、支配的な価値観への強烈なカウンターでした。そして、21世紀の現在でも、読む人に「新しい気づき」をもたらしてくれる、感動的な文章だと思います。

   *************************************************

 新しい価値観をもたらしてくれる、あるいは、今まで気づかなかった「新しい気づき」をもたらしてくれる、という点で言えば、以下に紹介する文章、コレも是非、皆さんに知っていただきたい、と思います。
 お恥ずかしい話、私、この文章の出所について、正確なところを全然知らないのですが。
 いつ、どこで、誰が最初に書き記したのか、今では定かではないが、ソレを読んだ人に、例外なく感動と興奮を呼び起こさずにはいられない、この文章。
 あなたにも、この感動が伝わるといいのですが、と、念じつつ、引用させていただきます。








































ところでめぐみって萌えないか?
萌えないか?

あいつ、石喰うんだぜ? 黙っていれば、可愛い巨乳メイドなんだが…
夜な夜な人の自転車をパンクさせるし。美味しいパンを焼けるし…… 中傷ビラ巻くし。料理も上手だし・・・

でも 萌えるんだッ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
うおおぽおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお
誰よりも!!チャンピオン内の誰よりもッ!!少年誌の誰よりも萌えるッッッッッ!!!!!!
萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え萌え!!!!!
めぐみの頭を抱えてその髪の毛のにおいを嗅ぎてぇッ!!!!!
めぐみのぼったいスカートをめくりあげておみ足を擦りあげてぇッ!!!!!
めぐみのそのエプロンを静かに解いて私服の上から胸を撫で付けえてぇッ!!!!
めぐみはシャンプーには何使ってんだ!?メリットかティモテか?ティモテ一択!!
めぐみは石鹸は何使ってんだ?ボディーソープか?キレイキレイは不許可!!
めぐみはポケットティッシュはちゃんと高くてケバ立たないやつ使ってるんだ武富士は不許可!!
めぐみは紙コップではお茶は飲まねぇ!缶ジュースを直に飲まねぇ!ポテトはつままねぇ!!
めぐみはハンバーガー食うときはポテトセットなんて頼まねぇ!サラダとドリンクのセットを買う!!
ハンバーガーは両手ではむはむ食う!その時上目使いでこちらを見るっ!!そして恥ずかしそうに微笑むッ!
当然ビッグマックなんて食わねえ!!ベーコンレタスかフィレオフィッシュ!!
もしくはチーズバーガーだ!そしてめぐみとキスするとチーズバーガーの味がすんだチクショー!!

さよなら



 どう思いましたか、皆さん?
 あなたも、めぐめぐの魅力に気づかされたハズだ!
 もう、めぐめぐのコトで頭がいっぱいのハズだ!
 めぐめぐと一緒にチーズバーガー食べたくなったハズだ!
 正直に言う!俺、めぐめぐとキスしたくなったよ!

 この文章のキレっぷり、コレはもう、21世紀の福音です。
 ちなみに、私がこの文章を初めて目にしたのは、ナン♪さんの感想ページ(ムテムス第1巻の)で、でした!
 この感動を伝えたくて、私もトップ絵変更しちゃいましたよ!

 Megumi17_s

 ↑ クリックしたら全体表示されます

 男って、…つか、俺って、ばかだなあ…。

| | コメント (0)

2007年7月22日 (日)

命名!その名も『お見合いバトン』

 

 みこさんからバトンが回って来ました。
 いつもありがとうございます~♪

   *************************************************

■バトンのルール

1.必ずバトンを回す、5人の大切な大好きな方々を
 題名に書いて驚かせて下さい。
2.回ってきた質問には、素直に等身大の自分で答えましょう
3.やらない子はお仕置きです!!
4.ルールは必ず掲載しておいて下さい。

■回す人
すいません。しょっぱなからバトンルール無視で行きます。
ココでストップ!理由は最後の方で!
そのかわり、このバトン、お題が無いままで回ってきたので、私が命名させていただきます。
その名も、「お見合いバトン」。
なんでお見合いなのか?そのへんは、以下に始まる各質問をご覧いただいたら、おわかりいただけると思います。 
…しかし、ソレよりナニより、「5人の大切な大好きな方々」て、アナタ。
シラフで書けまっかいな、ンなコト!
わたし、そんなキャラちゃいますんで!

■お名前
PAN太

■おいくつですか
イキナリ、えらい立ち入ったコト訊いてきますねえ。まあ、「お見合いバトン」だから、当然っちゃ当然なんでしょうが。
…ココでは人目があるので、今度、一緒に飲む機会でもあれば、その時に教えます。

■ご職業は?
来たよホラ。
会社員。求人広告会社の営業。

■資格は持ってる?
普通自動車運転免許 
求人広告取扱者資格 
書道二段(*にしてはヒドイ金釘流)
少林寺拳法二段(*今じゃ嫁にも勝てません)
インターネットなんたら言う資格も、確かいっこ持ってたと思う。
「持っているだけで飯の種になりそう」な、便利な資格は全然持ってません!
…ねえ。さっきから、なんか、釣書に書くようなコトばっか訊かれてるでしょう?

■今悩みがありますか?
時間がね…全然ね…
ごめんね、ヒネリの無い答えで…

■あなたの性格を一言で言うと
私ゃ経験が無いんでわからないんですが、実際の「お見合い」の場でもこんなコトって訊かれたりするんですかね。
一言で言い表せるほど、簡単な性格していたら幸せですよね。
「決して悪い人間じゃない ただ考えが甘いだけ」
おお、一言で言い表せたよ。なんて簡単なんだ、俺の性格!

■誰かに似てるって、云われた事がある?
「お見合い」じゃなくて、「合コン」バトンだったのでしょうか?
元巨人軍の槇原投手ってのは、言われたコトがあります。

■社交的?人見知りしちゃう?
そんなコト、自分自身より、周りの他人様の方がよくわかっているコトだと思いますが。
まぁいいや。
一応、営業で飯を喰ってるので、毎日何人もの人と会って会話して仕事してます。
人見知りはしないし、している場合じゃないんです。
ただし、長いコト「人と接する仕事」をしてきた割に、めちゃくちゃ非社交的。
「非社会的」と言われたコトもある。そっちの方が当たってるかもです。   

■人の話にはしっかり、耳を傾ける
基本的には、そのとおりです。
ただし、どっぷり疲れている時は、目の前で相手が話しているというのに、ガッツリ居眠ってしまったり。
だからね、私が疲れて帰ってきた時は、「あのね、今日、こんなコトがあってね」とか話しかけて来られても、ツライです!

■ギャンブルは好き?嫌い?
ナニ、この質問。
結婚する前に、そういうコトはハッキリさせておきたいわけですな。
いいね、その計算高さ!
ギャンブルは大好きですよ。
だけど、医者に止められてから、もう10年くらいやってません。

■好きな食べ物&嫌いな食べ物
結婚後の、毎日の料理の献立に関わる、大事な質問なんでしょう。
ちゃんと答えないといかんのでしょうね。ふーい。
好き=コーヒー(ただしブラックに限る)と、ビール(ヱビスかモルツかハイネケン)ですかね…毎日これだけ摂取してて飽きないってのは、よっぽど情熱的に好きなんでしょうねえ。
嫌い=某ファスト・フードのアレ(マジ吐いた!アレ危険!)ブラック以外の缶コーヒー(なんでかポンポン痛くなるんです…) 

■彼氏&彼女にするなら、こんな人が理想(5つ)
5つもですか!欲張りさんですね。
1 ナポリのおばちゃんにも負けない腰の強さ
2 特技は、「初対面の人に、的確過ぎて大変失礼なアダナをこっそりつける」コト
3 『火垂るの墓』何十回観ても、必ず同じ箇所で泣いてしまう素直さ
4 一度会った人はもうお友達、と思えるラテン気質(力道山気質、とも言う)
5 基本的に俺に惚れている
……すんません、こりゃ、嫁のコトでした。 

■彼氏&彼女と喧嘩した時、自分から謝る?
まだお見合いの段階で、今からそこまで知りたいのか!
絶対謝らない。つか、そもそも、口もきかなくなる。
喧嘩したら、一番めんどくさいタイプですよ、私。

■親友と呼べるお友達は何人いる?
訊いて欲しくないコトばっか突いて来るなあ、このバトン。
いない。
みんな死んだか、どっか行った。

■好きなブランドある?
チャンピオン<ソレ違

■今行きたい場所は?
新婚旅行の行き先を決めるのに、必要な質問、というわけですね。
一生懸命考えたけど、全然思いつかないよ。
なんてこった!なんて人生だ!
もういいよ。旅行なんか行く金があったら、一緒になんか美味いモン食いに行こうよ…。

■もし自由に使える10万円があったら、何に使う?
ゴメン!新妻のために使う、と言う発想は全く無い!
自分用の新しいPC組むかも。
それか、本かCD。
あ、イタリア料理食べてみたい。なんでか、今、急に思いついたよ。

■将来の夢を語って下さい。
まだ新婚生活も始まっていないと言うのに、殴られそうな夢で恐縮ですが。
早く隠居したい。
イヤ、真剣に。
コレ以上、もう、働きたくない!<魂の叫び

■その夢の為にしている事はある?
無趣味な隠居生活はつらいと思うので、今から一生懸命、えっちな女の子の絵を描く練習をしています。
仕事より、真剣にやってるかもしれない!
いつか引退のあかつきには、毎日毎日更新するよ!えっちな絵を!
愛想尽かして、俺を置いて出てったりしないでくれよな!<さっきから、誰に向かって言っているのか

■次に回す人の紹介
勝手に「お見合いバトン」と名づけてしまった以上、次に誰に回しても、「やだぁ、PAN太さんたら、私と(僕と)そんなにお見合いしたいのね、フフフ」とか思われてしまいそうで、なんかヤダ。
なもんで、ココでストップさせていただきます!

 「素直に等身大の自分で答えましょう」と言うルールには忠実に出来たんではないかと思う、今回は!
 ルール1のトコで思くそシカトこいてしまったんで、ルール3の「やらない子はお仕置きです!!」が適用されるのが楽しみでしょうがありません!
 みこさん、お仕置きプリーズですぅ~!

 このバトン、どこか別のルートで、今もグルグル回っているコトでしょうが、みなさん、どっかでこのバトンを見かけるコトがあったら、「あ、お見合いバトンだ」と思ってやってください!

| | コメント (0)

アニメ化ですか!

 剣道も、五段、六段といった高段位を受審するくらいになると、合格率は無茶苦茶低いそうです。
 八段位なんか、合格率1%以下らしいですよ。
 ナニをもって合否の基準とされているのか、受審している方たちにはさっぱりこっきりわからないそうですが。
 剣道で飯喰えている人間なんて、数えるほどしかいませんわね。剣道の実力を買われて警察、教職、実業団とかに身を置いている人は幸せです。毎日稽古するのが仕事みたいなもんですから。ほとんどの剣道家は、一般社会人として、あるいは家庭人として生活するかたわら、なけなしの時間や体力や出費をなんとか捻り出して、好きな剣道を続けているのが現実です。
 高段位の受審となると、受審料や審査会場への遠征費用などのモロモロで、一回10万円・20万円と出費するコトもザラだとか。
 そんな方たちが受審して、それでもなかなか合格出来ない、合否の基準も不透明。ソレが剣道の昇段審査。
 一般の受審者が、大会場で真剣に試験を受けている間、一方で、ソレを横目に、役員室にこっそり招き入れられて、ナニやらごにょごにょとやっている受審者も存在します。 
 政治家とか、財界の偉いサンとか、いわゆるひとつの、日本のエスタブリッシュメントの方々ですね。
 昇段試験を受けに来たはずなのに、胴着に着替えもせず、終日背広姿のまま。
 それでいて、結果発表の時には、しっかり合格者の所に名前がある。
 あくまでも噂ですが、もう故人で、何代か前の総理大臣も経験した某政治家さんは、このパターンで教士六段位をいただいたとか。

 まあね。世の中、どうせ、そんなモンだろう。
 もともとこの地球は、別に、「正しいこと」とか「博愛」とか、そんなモンを地軸にして回転しているわけではない。
 もっと、別のモノを軸にして回っているのだ。
 そんなコトは、いまさら言われなくっても、先刻承知だよ。
 だけど、なあ。
 子供たちに、なんて言やイイんだよ、こんな話。

 話変わって、『BAMBOO BRADE』がアニメ化ですと!
 コレは素直に嬉しい。
 しかし、このアニメ化が、剣道人気復活の原動力となるか?と言われれば、全然関係無いような気がする。どうせ、放映時間は深夜とかそのあたりだろうし。ゴールデンタイムで放映しない限り、今から「タマちゃんたちみたいに、剣道をやってみたい!」と思うような年齢層にはアピールできないだろうから…。
 剣道関係の偉いサンたち、わかってんのかね?
 剣道人口増やしたいと本気で考えてるんなら、コレは千載一遇のチャンスなんですよ?
 速攻で全面支援体制(具体的にはヒモ=スポンサー企業を連れて来るとか)を整えて、この作品がゴールデンタイムで放映出来るように尽力しなさい!

 もひとつ、嬉しいニュース。
 『マイティ・ハート』40号から再開だそうです。
 マツリ先生の文章を読むと、どうも、期間の定めの無い、長期連載ぽいですね。
 楽しみです。

   *************************************************

 拍手コメントをくださったみなさん、相変わらずレスが遅くてすいません。
 同僚には、「メール不精」とか言われている私ですが、「レス不精」などと言う不名誉な称号は願い下げにしたい…<だったらもっとマメにだな


 

 >キリ番美輝ちゃん、いつのまにか瞳がノーマルと同じに修正されてますね。こっちもいいなぁ

 うわっ、バレてましたか!
 すいません、こっそりいじましいコトしてしまいまして。
 実はアップした後に見直してみると、キリ番の瞳は、まだ未処理の部分が残っていたのに気がついて、もう大慌て。
 最近、アップしてから、細かい部分で「あ、ココのトコロ、効果かけるの忘れてる…」とか気づくのが多くてですね…ヤバイなあ。トシなのかなあ。


 >いい!すごくいい!

 …この1行だけ。
 ホントに、この1行だけの、シンプルなコメントでした。
 んがっ!
 めっさ嬉しいですねえ、このコメント。
 ドコがどう、とは言っていただけなくても、なんか、こう、嬉しさのあまり、自惚れてしまいそうです。
 サイトやっててよかった、と、心底思える瞬間ですよね。
 ありがとうございます!


 >美輝ちゃんは「萌え」というより「燃え」ですよね

 拍手絵の原田ひかりちゃんについてのコメントですね。ありがとうございます!
 そうか、美輝ちゃんは「燃え」担当だったんだ…納得!
 一方、めぐめぐは充分「萌え」担当要員の資格アリだったと思うのですが、どうも、世間的にはソレとは認められてなかったみたいですよね。おかしいな。おかしいよ…。
 やっぱりパン屋(めぐめぐ)はラーメン屋(美輝および原田さん)には勝てない宿命なのでしょうか…?


 >海鮮美輝ちゃん壁紙にしてるんですけど、近況の④を読んだら何故かヒトデが河童の手に見えました。

 ④て、あの、エロマンガの話でしたよね。
 ………………………………
 す、すいません、私、血の巡りが悪い方で、「なんで『河童』?」と、ここ数日考え込んでしまって止まりません!
 えーと、えーと、「エロガッパ」とか、そんなんじゃないですよね?
 ムテムス本編で、そんなエピソードがあったっけ、とか…
 もしかしたら、氏賀Y太先生の作品に、河童関係のそんなのがあったんだろうか、と憶測してみたり。(ごめんなさい!私、氏賀先生の作品は『真・現代猟奇伝』しか読んでません!つか、アレだけでもう充分!アレ以上、ついていく自信がありません!)
 うー…いただいたコメントに、さらに解説を加えていただくなんて野暮の極みかもしれませんが、もしよかったら、今度、教えてください…
 どうして河童なのか!お願い!今も気になってしょうがありません!


 >(*´д`*)ハァハァ
  (*´д`*)ハァハァハァ
  (*´д`*)ハァハァハァハァハアッーーーー!
  …すみません(オフレコでお願いしますm(_ _)m)

 「なぜかしら……見てるこちらが恥ずかしい……
  まるでセクハラされてる気分……」
 すいません、「オフレコ」って言われてるのに、思わず紹介しちゃいました!
 私、嘘つきです!
 だって、だって、あなた、
 面白すぎる!
 「ハアッーーーー!」ってトコで、「ナニがあったんだぁっ!」と叫んでしまいました私!
 …これからも、ハァハァしていただけるように頑張りますっ!


 >時計草…パッションフルーツですね。ヨーグルトと一緒に食べると(・∀・)イイ!!です

 え、コレって食べられるんですか!
 うそーん! 知らんかった…
 …ホントだ…いや、絵的に面白い花だな、とは以前から思っていたのですが…こんな愉快な素性の花だったとは!
 ヨーグルトと、ですね。情報、ありがとうございます。早速トライしてみます!
 その前に、ドコで売っているんだ、コレ…
 みこさんちのご近所には、こんなんが普通に咲いているそうですが!
 (ちなみに、コレの元絵は、みこさんちの絵板に貼って来ましたので、そちらバージョンもご覧頂けたらイイナ!と。)


 >ブログのめぐみ、ドロワーズ(だっけ?)がいい感じですね。しかし持ってる花が一瞬ラフレシアに見えた…。

 私のサイトには、ラフレシアの方がよっぽどお似合いのような気もしていたのですが、もともとはみこさんちの「ゴスロリ祭」に出品するつもりで描いたアレなので…ガラにもなく、ちょっとオシャレなかんじで!
 ドロワーズ(で合ってると思います、私も自信無い…)にしたら、珍しく「肌色率が低い」出来上がりになってしまいました。
 いつもめぐめぐには、ハレンチな格好ばっかりさせているので、たまにはこんなのも…と思いまして。
 次回は、また、いつもどおり、「あんなん」や「こんなん」でイキたいな、と思ってますが!

   *************************************************

 もうね。
 いつも書いてるコトですけど、ホント、皆さんの拍手やコメントをガソリンにして、どーにかこーにかやっていけてます。
 ありがとうございます。
 相変わらず更新少なくて、自分でもイヤんなりますが、そんなんでも見に来て下さっている皆さんに感謝!です。

 今日中に、も一回更新出来たらイイナ、更新したいな…

| | コメント (0)

2007年7月17日 (火)

近況

 大阪の方は台風たいしたコト無かったんですけどね。沖縄や九州の方たちは大変だったみたいで。
 かと思ったら、ここ数日、ちょこちょこと地震があって薄気味悪い。
 ウチら家族は、揺れた!と思ったら、真っ先にパソコンの筐体がコケないように支えに走ります。普通、タンスとか食器棚とかを支えに走るんでしょうけど。
 間違ってるかなぁ、ウチら。
 書いてる今も、また揺れましたよ。
 頼むよもう…。

   *************************************************

 通勤は楽になりましたけど、忙しいのは相変わらずです。
 つか、この1週間は特にひどかった。
 どんだけ忙しかったかと言うと、例えば、はみ出た鼻毛を抜くヒマも無かったくらいに。
 いや、冗談抜きで。
 この日・月曜日の間に、多少でも更新したかったんですけど、コレもなかなか…

 プライベートでは、「やらないといかんのに全然手付かずのまま放置している」コトも目白押しでして。

 ①ひとつは、嫁から再々頼まれていたCDのコピー作業。
 コレはさっき、やっと終わった。
 コレをやっている間は、パソコンで他の作業が出来なくなるので、イヤなんですよ…。今後のためにも、こういう作業専用のパソコンを1台作りたい。

 ②もうひとつは、例のモニタ。相変わらず子供のモニタを使っている状態です。イカレた方を、メーカーに修理依頼に出さなければならないのに、まだ手配してませんでして…。
 もう2ヶ月ほったらかしなので、さすがに嫁や子供がキレ気味です…。

 ③健康診断の結果表が届いているのに、まだ会社に提出してません。
 つか、私、開封すらしてません。見んでも結果は想像つくし。
 どうせ今年もまた、「要再検査」って言うんだろ!
 平日は1日3時間くらいしか寝てない奴が健康診断なんか受けたってね、ロクでもない診断結果しか出ないに決まってるじゃないっスか。
 イイですよ、もう、面倒くさい。再検査なんか、行ってるヒマも無いしね。

 ④我が家にあるエロマンガ本の整理。
 いや、本棚の奥の方とか、段ボール箱の中とか、普通に考えたらすぐに手が届かないようなところを選んで、その手の本は隠してあるんですけどね、我が家の場合。
 なんせ、年頃の息子がいますんで!第2次性徴期真っ只中の、中学生が二人!
 一応、配慮しているわけですよ。簡単に目に付く場所に、堂々とエロマンガ並べてあるというのは問題だろう、と言うわけで。
 でも、ソレって、むなしい努力だったみたいです。エロマンガの隠し場所、あいつらにはとっくにバレてます。
 だってね、時々、部屋の隅っこに、ばんがいちとか快楽天とか、北河トウタ先生とかの本が出しっぱなしで転がっているんだもんよ!無造作に!
 こっそり出して読むんなら、キッチリ片付けておかんかい!詰めが甘いなぁ。誰に似たんだろう。
 こっちも今んとこ、知らん顔してやってますけど。
 つか、問題の所在は、私ら親にあるような気もするんですけどね、冷静に考えたら!
 一度、あの中に、氏賀Y太先生の単行本を置いといてやろうか、とも思いますがね。あいつら、うっかり読んだら、絶対当分目に見えておとなしくなると思う。
 …まぁ、そんなわけで、今のこの環境は、教育上良くないな、と!
 子供のためを思ったら、エロマンガを思い切って処分するか(しません!絶対)、それとも絶対見つからないところに隠し直すか、どっちかなんですよねえ…。

 ⑤チャンピオンのバックナンバーの処分。
 「これ以上、こんなん置いておく場所はありません!」と、嫁がうるさいので、泣く泣く手をつけました。
 『無敵看板娘N』最終回が載っている22・23号と、『ギャンブルフィッシュ』が表紙の号だけは、そのまま保存に決定。
 それ以外では、お気に入りのマンガやカラーページのトコだけひっちゃぶいて、あとはゴミ出しへ。
 うう、つらい。
 短期連載では、『ヘレンesp』『マイティ・ハート』などは当然保存組。
 …しかし、自分でも愕然としたのは、なんでか『ケーぷり。』をしっかり保存用に切り取っていたコトです!
 実は好きだったんかい、俺!

 ⑥ライター氏に感想書いて送る約束をしてたのに、全然出来てません。ごめんよう。
 なんかね…最近、まとまった文章を書くのがすっげーすっげー苦痛です。
 ソレと、書くのに、すごい時間がかかるようにもなってきてる。
 やっぱねえ、トシなのかねえ…。

 ⑦私のパソコンも、電源本体か電源スイッチかどっちかが調子悪くて、最近、すんなり起動してくれません。
 機械的な不調なので、原因を特定してパーツ交換すれば済むコトなのですが、コレをやりだしたらどんだけ時間がかかるか読めません。
 なもんで、今も、調子が悪いなりに騙し騙し使っているような状況です。

 時間さえあればなあ…
 万事、こんな調子ですよ。ええ。

 他にもイロイロあったと思うけど、とりあえず、ざっと思いつくのはこんなんばっかりです!

 なんか、間違ってる…。

 

| | コメント (0)

2007年7月15日 (日)

新着リンク追加しましたよ

 プチ更新。
 以前から懸案だったリンクをいくつか追加しました。
 相変わらず、一方的リンクを多数含んでいます。
 どちらのサイトさんもオススメですので、是非!こちらからどうぞ。

 ソレと、Web拍手絵も変更しました。
 明日一日の間に、あとどれだけ更新できるか、心もとないですが、
 まぁ…頑張ります

| | コメント (0)

2007年7月10日 (火)

とりとめもなく、チャンピオン

 ひとりごと。
 「お願いですから、テキスト更新している時に話しかけないで下さい。」

  *************************************************

 まずは拍手コメントへのレスから。

 >って今最後のページ見て気づいたんですが美輝ちゃんに子供!?
    お相手は誰やら 笑

 あ、ホントですね
 …って



      




     相手はドコの馬の骨だ

    ゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!!

 いや、すいません。取り乱してしまいまして。
 お恥ずかしい。
 ご指摘のとおり、最後のページのあの子は、どう考えてもそうでしょう。
 しかし、誰との子、となると、太田も勘九郎も辻も甲斐も違うような気がしてなりません。
 何故か、「どっかの馬の骨」としか想像できないのはなんでだろう!?

 最終巻、万感を込めて美輝ちゃんたちを見送ろうと思っていたのに、あのラスト絵のせいで、心のざわざわが止まりません!

 最後の最後まで、罪な女だぜ、鬼丸美輝。

   *************************************************

 『無敵看板娘N』以外にも、『かるた』『めっちゃキャン』が同時に最終巻。
 『かるた』は特に、沙紗が登場して俄然面白くなってきた矢先での終了で、いまだに釈然としません。
 つか、まだ「第1部・完」とか言い張るか編集部!
 もう、チャンピオン以外ででもいいから、どっかで続き描いて欲しいです…。

 国広先生は、「感動的な原作を、私のパンツで台無しにした」などと謙遜されていますが…
 『めっちゃキャン』の魅力は、原作の「ちょっとイイハナシ」風味の上に、 国広先生の「個人的嗜癖」が絶妙なバランスで乗っかっていた部分にあったと思うのですよ。
 マンガ本編も面白かったのは当然ですが、国広先生がブログ上で垣間見せてくれる「制作中のあれやこれや」も、また強烈な面白さでした!
 次の連載も、是非、チャンピオンでやっていただきたいですねぇ。

 そして、『アイホシモドキ』2巻。
 4コマの二人が異常にかわいくて困ります。
 コミックスで通して読むと、相星さんと元木の絆が徐々に深まっていくさまが手に取るようにわかってですね、
 ああ、もう、この二人ってばよ!
 とっとと結婚しちまえ!と。
 本誌連載の方では、「赤ずきん編」が終わったらどうなってしまうのか、というかんじになってきましたが、もう、私は、最後までついていきますから!

  *************************************************

 チャンピオン系の各サイト・ブログさんで、絶賛の嵐の『フルセット!』。
 うん。ホント、「他誌じゃなくて、チャンピオンで連載してくれてありがとうっ!」と言いたくなる、名作です。
 キャラの立ち具合といい、情感溢れる演出といい、コレはもう、官能的ですらあります。
 官能的過ぎて、「入谷総受け」とか、しょーもない誤解・曲解を許してしまう余地すら生まれてしまってます。そんなん言ってるのはウチの嫁だけですが。まぁ、ソレすらも、この作品の懐の深さを物語っているのかもしれません。 
 一方、同時期に連載を開始した同期の桜のはずの『クローバー』。
 『フルセット!』が、少年スポーツマンガの新境地を拓きつつある傑作であるのに対して、こちらは、ただただ、ひたすらに残念で気の毒な不良マンガ。
 登場人物がいちいち「安い」。こいつらに比べれば、犬の松の方が、百万倍も情味に溢れて、筋が通っていて、誇り高く見えてしまうくらいに。松には失礼な比較で申し訳ないが。
 こんな残念な作品でも、毎回毎回雑誌のアタマの方に掲載されていると、「俺は嫌いだけど、世間では人気あるのかもしれない」から、ひいては「もしかして、このマンガって本当は面白いんじゃないだろうか?」と、自分の感性が疑わしくなってきます。
 編集部の思うツボですかね、コレって。
 
 個人的に、『クローバー』『ペンギン』『ゾクセイ』を「チャンピオン3大残念マンガ」と呼んでいる今日この頃。
 これら先頭グループを『不安の種』が追走してますが。
 『クローバー』をプッシュするくらいなら、『アイホシモドキ』を推してくれ、と叫びたい。
 
 次のトップ絵は『ヤンキーフィギュア』で、と言っておきながら、イキナリ反故にしてしまいました。
 すいません。次は必ず。
 …つか、久しぶりに「ヤンキーフィギュア」で画像検索かけてみたら、ミッチェル先生の絵と私の絵しか表示されなくて、腰を抜かしました!
 本格連載が始まったと言うのに、まだこんな状況なんかい!
 こうなったら、私が、『ヤンキーフィギュア同盟』作るしかないんだろうか…。  

| | コメント (0)

2007年7月 9日 (月)

もう一度、ストーン・ローゼズの夏

 最近チャンピオンの感想が滞ってしまって、コレではアカンな、と思っているんですけどね。
 思っているんですけど。
 …今までは、京都の古巣での引継ぎで、今週からは新しい営業所での引継ぎで、しばらく忙しいのが続きそうです。
 早く落ち着きたい…

  *************************************************

 こないだの金曜日、京都で送別会をやっていただきました。
 恒例の寄せ書き色紙も貰ったよ。
 みんなから、一体どんなコメントが寄せられているのかと、もう、ビクビク。
 家に持って帰っても、しばらく中身を見れなかった。<小心者が!
 30人くらいからの、ズラリ並んだメッセージを読むと、「他の人からは、自分と言う人間がどういう風に見えているのか」、改めて教えられますねぇ。

 …別れ際、ライター氏から、未発表の短編小説のコピーを頂きました。
 「まだ誰にも見せてないヤツだから」
 「え?……なんで俺に?」
 他に、もっと仲の良い相手はたくさんいるはず。私なんか、彼とはまだサシで飲みに行ったコトも無い、淡いつきあいしかなかったのに…。
 読み手として認めてもらえた、と、自惚れていいのだろうか。
 一読して、彼の小説書きとしての本領を再確認しました。
 作中では、私が個人的に縁のある地域も舞台になっていたりして、だから、よくわかる。…いや、凄い。この短編は、人間だけでなく、「街」が見事に描けていると思う。
 身贔屓抜きで、無茶苦茶面白い。あっという間に読んでしまいました。
 今んとこ、読者が私一人しかいないと言うコトが、申し訳ないし、勿体無い!皆さんにも是非読んで頂きたい!早く商業誌で発表しちゃいなさい!
 夏原武氏とかに代表される「裏モノ小説」の系統に当たる作品ですが、題材のキツさ、登場人物の業の深さにおいて、この系統の極北に位置するのではないか、と思います。
 この手の内容に免疫が無い人には、コクがかなり濃い目かもしれません。
 普段、全然本を読まない私ですが、たまには小説も面白いもんですね。

  *************************************************

 いつもなら、裏の方の日記に書くようなネタですが、最近聴いた音楽についてチョイと少しだけ。
 ここ1ヶ月くらいの間に聴いたのが、大体こんなかんじで。

 Carrie Underwood / Some Hearts
 Bloc Party / A Weekend In The City
 Linkin Park / Hybrid Theory
 Van Morrison / Moondance
 The White Stripes / Icky Thump
 Parliament / Greatest Hits
 Bjork / Volta
 Ross Copperman / Welcome To Reality
 Ry Cooder / My Name Is Buddy
 The Stone Roses / The Very Best Of The Stone Roses
 The Ronettes / Best Of The Ronettes
 Queens Of The Stone Age / Era Vulgaris
 Cat Stevens / Tea For The Tillerman
 Arcade Fire / Neon Bible
 Todd Rundgren / Something/Anything?
 泉こなた・柊かがみ・柊つかさ・高良みゆき / もってけ!セーラーふく
 Hoi Festa / JIG THE UPPER
 Radwimps / 有心論

 最近のもあれば古いのも。
 当たりもあれば期待ハズレのも。
 特に、初めて聴くミュージシャンのは、かなりバクチ気分で選んでます。
 この中で、結構ヘヴィー・ローテーションに乗っかってるのは、アーケイド・ファイアー、ブロック・パーティー、ライ=クーダーあたりでしょうか…。
 一方、ビョーク。改めて認識しました。「ゴメン。俺、やっぱ、アンタ苦手だわ。」

 そしてそして、ストーン・ローゼズの、何枚目かのコンピレーション盤。収録曲は既に持っている曲ばっかりなので、今までスルーしていたのですが…バージョン違いがいくつか収録されているのを知って、遅ればせながら!
 いや、やっぱ、イイよね。
 『Elephant Stone』聴くと、今でも身悶えしてしまいます!
 ロックに詳しい方、ロックをあまり聴かない方、両方に自信を持ってオススメできるバンド、ソレがストーン・ローゼズ。
 語り出したらキリが無いんで抑えておきますが、彼らのファースト・アルバムは、1980年代ロックを通じての最高傑作です。つか、個人的に、ロック史上の最重要アルバム。
 今まで何百回聴いたかわからんくらいですが、19年経った今でも、全然古くならんのです…。
 「歴史的傑作」である以上に、「今現在も必要とされている音」なのですよ。
 なんといいましょうか。
 こんなグダグダな世界にありながらも、なんでこんなにポジティヴなのか!
 自分達が、どんだけ腐ったステージの上に立っているのか自覚し尽くしていながら、どうしてこんなにも輝いているのか!
 もうね、何回聴いても、まぶしくて、涙が出そうです。
 あえて無理矢理言葉で言えば、「彼女の大計画」と言いますか、「僕の天国」と言いますか、(<なんじゃそりゃあ!)
 なんつーか、そう、「夏」ですよ「夏」!
 「人生の夏」が一枚のアルバムに結晶しているのを想像してください! 
 そりゃあね。ビートルズも、ストーンズも、オアシスもイイですよ。
 でも、「たった1枚だけ、他人様にオススメ出来るアルバムを挙げろ」、と言われたら、もうコレしか無い。そういう作品です。ハイ。

 とか言いつつ、『もってけ!セーラーふく』のOP動画を、一日一回は再生しているあたり、
 やっぱダメだわ、俺。

| | コメント (0)

2007年7月 8日 (日)

拍手レス…

 やっと更新できますよ。
 今週もキッツかったです…
 バタバタしてる間にイロイロ拍手コメントを頂いていて、ありがとうございました。
 そしてすいません!むっちゃ遅レスで申し訳ないです!


 >海鮮美輝ちゃんハァハァ(*´Д`)です
 そいえば海鮮美輝ちゃんはin鮫に出てたんですね…
 ほかの未収録の作品もN五巻に載るのでしょうか…

 「海鮮美輝ちゃん」て ナイス過ぎて噴きましたよ、もう!
 ハァハァしてもらえて、嬉しいです。『in鮫』の美輝ちゃんの強烈なインパクトに負けないように、と、間違った努力を重ねた結果が今回のアレですんで!
 『N』5巻、結局、未収録作品は入りませんでしたね…
 秋田書店さんのケチ!
 いつか、『無敵看板娘』完全版とかリリースした時には、キッチリ収録して頂きたいもんですよね!


 >キリ番美輝ちゃんTOPやブログでは普通に見えるところがなんとも良いです!

 フフフ 
 クリックしてみて「なんじゃこりゃあ!」と言ってもらえたら、本望です!
 白ビキニver.は、最初からサクセスさんちに持って行くつもりで、差分をシコシコ描いていたのです。
 三角巾無しで、なんとか美輝ちゃんらしく描けないものか、イロイロ試してみたんですけど、
 無理!
 コレが無いと美輝ちゃんに見えない!自分の描き分け能力の足りなさが情けない! 


 >ブラボー!!期待以上のものを描いていただき、ありがとうございます!7・8月の壁紙確定~♪
 それにしてもフクロウナギが気になる…もしいま想像してるとおりの絵だったら、確かにもう駄目ですな。
 ところで、「大事なナニカを、またひとつ失くしてしまったような」って…リクした私の立場は…orz
 まぁいいです!男はみんな馬鹿なんです!このみちゃんも言ってたじゃないですか!
 「男ってばかよねぇ」ってね!これからも応援しますんで公私ともども頑張ってください!
 P.S.ノーマルな白ビキニも気になりますね~。

 喜んでいただいて、ホント、描いた甲斐がありました。
 良かった!そして、描いててめっさ楽しかった!
 今回は、資料集めでかなり時間かかってしまいまして、集まった「海鮮」の画像からピックアップしたのが、また、ドレもコレもアレな画像ばっかで…さんざん迷った挙句、結局、最後の最後に『北斎漫画』思い出したのが決定的でしたね、ええ!
 嫁曰く「…あのさー。ホンモノさんって、そんなのを期待してるのカナー?なんでそんな妙チクリンな素材ばっか選ぶのカナー?」
 いいじゃん!俺が好きでやってんだから!そうだよ、好きでやってんだよ!
 すいません!一応、世間体を気にして、ちょっとだけ「一応、葛藤してる」フリとかしてみましたが、
 白状します!
 私、描いてる間中、「うっは~~~ たんのすぃ~~~~♪」(国広あづさ先生調で)状態でした、ええ!
 チクチラとか、チク透けとか、もうね、描いてて、すっごい幸せでした!
 いや、ホント、男ってばかですよねぇ…(ばかは私だけだという気も、若干しますが…)
 白ビキニは、先にサクセスさんちにお届けしていた分、もうご覧いただけたでしょうか…今日、玄関口に、ピンクver.も置いてみました…。
 ビキニver.だけ見れば、まだ普通のサイトの入り口なんですけどね…。

 

 >はじめまして~鬼丸さんに魅せられてやってきました~
 (中略)
 暑い日が続きますが、お体にお気をつけてお過ごしください、絵も楽しみにまってます~

 コメントありがとうございます!
 裏の『N』のパスについてのお問い合わせの部分は(中略)とさせていただきましたが、あとでパス送らせていただきますね~
 いや、おっしゃるとおり、毎日毎日暑いですよね。
 私、もう、外回りに出るのが切ないんですけど。
 コレはアレでしょうか?お天道様が「仕事なんかするな」って言ってくれてるんですかね…?
 いや、まだまだ、夏はコレからですよね…頑張ります。
 素敵な薄着の女子のみなさんから、元気をもらいながら!


 >来週で椿が終わり…
 その次に佐渡川先生が復活するのでしょうか?
 時期的にもちょうど良いし…楽しみですね( ´∀`)

 編集後記の文章を見ても、佐渡川先生の新連載も、いよいよカウントダウン段階のようですね。
 楽しみで、胸のドキドキが止まらんですよ!
 実際のところ、どうなってるのか。久々に、ネタバレスレを覗いて確認してみたい誘惑に駆られていますが、ココはグッとこらえて!
 もし、そのへんの情報を知っているヒトがいても、お願い!まだ言わんといてください!
 楽しみが半減してしまう!


 >白ビキニver.いただきました。さらにピンクver.まで!嬉しいですな。って、これも会社から?!

 いえいえ、今日はさすがに休みです!
 会社から更新するには、同僚の目があるんで、なかなか難しいモノがあるんですよねぇ…。
 今回のキリ番絵は、差分差分で、合計5パターンにのぼってしまいました。
 キリ番オリジナルと、オリジナルのメッセージ無しのと、白ビキニ、ピンクビキニ、18禁。
 …そこのあなた!「横着にも程がある!」と思っても、口に出してはいけません!
 そんなコトはわかっててやってるんですから、もう、どうしようもありません! 

| | コメント (0)

2007年7月 4日 (水)

会社のパソからこんばんは

 引継ぎが、終らない~~

 つい、カッとなって、会社のパソから、プチ更新。

 美輝ちゃんの新絵の「白ビキニ」ver.ですが、サクセスさんちのお絵描き掲示板に貼って来ましたんで、よろしく!
 
 何時になったら終るんやろ~
 もーいやー

| | コメント (0)

2007年7月 3日 (火)

お待たせしました!

 ホンモノさん、すっかり遅くなってしまって、すいませんでした。
 やっと、お題のキリ番絵が出来ました…

 

Miki_white_bikini_s
 ↑ クリックしたら、全体が表示されます。

 最初はね、サッコファリンクス描こうとしたんですけど、
 アレは無理。
 アレやっちゃったら、もう、駄目でしょう。

 いや、でもね、もうね、
 社会人として、人の子の親として、大事なナニカを、またひとつ失くしてしまったような、そんな気分です…今。

 俺って馬鹿だなあ…

| | コメント (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »