« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月25日 (木)

『殺戮姫』

 「死刑存廃議論」については、正直、こんないいトシになっても、いまだに廃止・存置、どちらが正しい、とも決めかねている。

 日本において死刑廃止論がいまだに少数派なのは、ぶっちゃけ、廃止論者たちが語るその論に、説得力が無いからだ。人命の尊さ、かけがえのなさ、誰もが抱えている生への存念の重さ、そういったモノを想像させ、聞く者の心を動かすだけのチカラが無い。容赦無い言い方をすれば、彼らの言葉には、血が通っていない。死刑制度存置に賛成している人たちが抱えている、被害者感情や、凶悪犯罪に対する怒りや、恐怖心。そう言ったモロモロの感情を捨象して語られる、理性的な死刑廃止論に、誰が心を動かされるものか。
 賛成している人たちが野蛮で愚かなわけではない。
 廃止論者が語る、「死刑制度が廃止された世界」に、全く魅力が感じられないだけなのだ、と私は思う。
 死刑制度が廃止された世界で生きていく、と言うコトは、どう言うコトなのか。どのような価値観をもって、この世界の、そして自分自身の中にある「悪」とつきあって生きていかなければならないのか。そのへん、廃止論者は一体どう考えているのか。死刑制度が廃止された世界では、私たちは今よりももっと安全に、もっと自由に、もっと愉快に生きていけるのか。私が知りたいのは、そこのところなんですが。

 廃止論者たちが口々に言うところの、「国家による殺人は許されるべきではない」という説明には、全く納得できない。いや、そりゃ、あんたらの言うと おりだが。じゃあ、死刑を廃止した「ご立派な先進諸国様」たちが、この何十年かの間に、ヨソの国の人間の頭の上に、どれだけの爆弾を落としてきたのか、思 い出してみるといい。究極の「国家による殺人」であるところの「戦争」については棚上げしておいて、死刑廃止を語る神経が、私にはわからない。

 しかし、死刑存置に賛成するならするで、コレはコレでつらい。
 賛成する、と言うコトは、つまり、「この世には、殺されてもいい人間が存在する」と言うコトを認める、と言うコトだからだ。
 死刑制度に賛成するのなら、せめて、賛成すると言うコトは、「殺せ!こんな奴、かまわないから殺っちまえ!」と言う声を上げているのと全く同じコトなのだ、と言う自覚くらいは持っているべきだろう。私たちも、「死刑」と言う名の「人殺し」の片棒を担いでいると言う、自覚と覚悟を持つべきなのだ。

 誰が言ったのか、「人間一人の生命は、地球より重い」と言う言葉を、私は支持したい。
 その一方で、死刑廃止論者の言い分には反吐が出そうになる。
 が、しかし、「これ以上、また、誰かを殺さなければならないのか」、という、なんともいえないこの感情は、廃止論者の小理屈とは別の次元で、私たちの中に確実に存在する。

 *************************************************

 辛気臭いマクラをダラダラと並べて置いて、ひさびさにチャンピオンの話題です。

 『殺戮姫』。

 『特攻天女』の時も、鬼畜描写で物議を醸したみさき速先生、今回もとばしてます。
 各所のレビューでも、非常に評価が難しい作品のように扱われていますね。題材が題材なだけに。

 結論から言うと、この『殺戮姫』、私は評価します。

 現実世界においても、「鬼畜」「残虐」「非道」などと言う言葉ではもはや追いつかないような事件が、さほど珍しくもなくなってますよね。
 「悪人」などと言う形容では言い表せないほどの「悪」。
 例えばこの事件、私の中ではいまだにトラウマになっているくらいの衝撃でした。
 コレに限らず、人間の世界の「善悪理非」が全く通用しない怪物たちが、私たちの社会にはゴロゴロ存在しています。 

 こんなトピックも存在しているくらい、私たち自身も、「善」や「悪」をもはや「自明のコト」として語るコトが出来なくなってしまっている、と言うコトは、恐ろしく、そして頼りないハナシではありませんか。ただ、このトピックに登場する発言の中で、

    倫理が「人を殺してはいけない」と言っているのであれば「倫理」に聞け。
   宗教が「人を殺してはいけない」と言っているのであれば「宗教」に聞け。
   法律が「人を殺してはいけない」と言っているのであれば「法律」に聞け。
   いや。「いけない」と言っているのは私だ。
   という事であれば「自分で考えろ」。

 個人的には、この言葉が、ものすごく気に入っています。 

 『殺戮姫』で描かれているのは、先のトピックが露呈してしまったように、「善」「悪」がかつてのような「自明」な説得力を持たなくなった世界なのだ、と思います。
 「怪物(残虐な犯罪者)」と「怪物(流)」の、身もフタも無い殺し合い(つか、流の一方的殺戮)でしか決着を見られない、救いの無い作品世界。(私たちの現実世界でも、どうせ倫理も宗教も法律も、納得のいく決着など見せてはくれないのですが。)
 そんな中で、王士が語るこの言葉、    

    たとえそれが誰であっても──────
    人が死ぬと俺は悲しい

 他の方はどう読んだかわかりませんが、私は、この言葉を「殺人禁忌」の究極の根拠として受け止めたい。
 こういう感情も、もしかしたら、「万人の共感」を呼べるモノではないのかもしれません。
 しかし、私は「人が死ぬと悲しい」と感じられる人間でありたい、と思います。

 読後の後味の悪さは天下一品。
 カタルシスには程遠い内容。
 読む人によっては、ただただ不快感しか残らない作品かもしれません。
 主人公が「正しさ」を目指そうとしていない、と言う点も、もしかしたら嫌われる理由になっているかもしれませんね。
 しかし、無茶苦茶なのは百も承知で言わせていただきますが、「正しさ」で、少なくとも「人間の生き死にの問題」について、何かが前向きに進んだためしがあったのか?
 「人が死ぬと悲しい」と感じる心が、私たちにもまだ残っているのかどうか。確かめられるコトなんて、もうそんなコトくらいしか、残されていないんではないか?

 『殺戮姫』が最終的に着地するのがどんな場所なのか、全く予想がつきませんが、私にとっては、どうしても無視出来ない作品になってしまいました。
 他のサイトさんでは今後、どう評価されていくのかわかりませんが、私は最後まで見守っていきたいと思います!

| | コメント (0)

It's Hard To Be A Saint In The...

 ようやっと、ちょっとだけ落ち着いてきたかも

 レス遅くなってごめんなさい!


 >遅ればせながら、30000HITおめでとうございます!前にも言ったとおり、一生ついていきます!
 これからも頑張ってイケるとこまでイッちゃってください!て、この表現やめれ(笑
 それにしても仲のよろしいご家族で、羨ましい限りです。いや、私は独り身ですけどね。
 でも、家族って本当はこうであるべきだと思います。資料のためにエロ本没収するのはアレですが(笑

 おおう、ありがとうございます。
 しかし、「一生ついてく」ってのは、私、決してオススメできません!w
 エロマンガと、私のサイト運営がなければ、本当にドコにでもある、平凡な家庭だと思うんですけどね…。普通に考えたら、子供の教育上は、よろしくない家庭環境なんでしょうねえ…。
 父親とは、家族とは、かくあるべし、みたいなコトは考えたコトも無いんですけど…ありがたいコトに、いまんとこ、「ああ、俺って、愛されているんだなあ」ってかんじです。そんだけで、上等な人生です。




 

 >とーです。PAN太さん、PWありがとうございました。
 あまりにもかわいい鬼丸美輝のかわいい筋が見えた瞬間、冗談抜きで鳥肌が立ちました。最高です!
 本当に絵うまいし、みんなかわいいですね。すっかりリピーターになります!

 わわわ、まさかわざわざコメントまでいただけるとはっ
 ありがとうございます。「オフレコで」とか断りが入ってなかったので、コメントそのまんま引用させていただきます、すいません!
 とーさんのサイトに比べると、全然エロ成分少なくて、「隠すほどのコト無いじゃん!」と思われるんじゃないかなーと、不安だったんですが…えへえへ
 こちらこそ、実はアレからもサイトをちょくちょく覗かせていただいてますよ~!ゆの姫のピンチシーンに、思わずガチでパンツ下ろしそうになってしまう自分が嫌い!
 更新少ないサイトで、本当、申し訳ないです…もう少し時間が出来たら、リンクページで、とーさんのサイトを是非紹介させていただきたいな、と!思ってますんで!

 


 >奥様のサイト拝見しました。執筆、頑張ってくださいね。期待しています。 

 え、なんのコト?と思って、嫁の日記をチェックしたら…「 旦那が横で、エロ漫画描いてます」って、遠慮もゴマカシも無い文章が!
 ええ、ええ、エロマンガ描いてました!いっつもサイトでは1枚絵ばっかり描いてきましたが、一応マンガ形式のエロは、今回が生まれて初めてです…。
 出来はともかく、描いててむっちゃ楽しかった!そして、むっちゃ難しかった…描かせてもらって、ホント、良かったです。マンガ描けるヒトって、すごいや…改めて、尊敬します…。
 ご期待に叶うほどのアレかどうかはともかく…本が出来上がったら、是非、ご覧になってください!でも…アレ読んで、私のコト、嫌いにならないで下さいね?私ゃもう、ソレだけが、心配で心配で…ドキドキ……

| | コメント (0)

2007年10月16日 (火)

『おっさんのバラード』

 今日は、珍しく、夜の8時半頃に帰宅できました。
 ちょい風邪気味なのと、今のところ抱えている原稿が少ないので、無理矢理仕事を切り上げてみました。その分、明日の業務がキッツいコトになるって、わかってるんですけどね。

 「えっ、うそっ、なんでこんなに帰り早いのん?」と驚く嫁。
 「おとおさん、リストラされたん?なんかあったん?」と真顔で訊いて来る息子たち。
 …ああ、日本のサラリーマンって奴は…

 しかし、平日のこんな時間に、私が家にいるのが余程珍しいのでしょうか。
 子供たちは群がって親父にまとわりつくし、嫁は今日一日の出来事をあれやこれや話しかけてきて止まらないし(あ、今日に限らず、嫁はいつもこんな調子です!)。









 だ─────も─────! ヽ(`Д´)ノ









 おまいら、ひょっとして、俺のコト好きなのか?







 …早く家に帰ってきたからと言って、その分、更新の時間が出来るとか、そんなコト全然無いんだよ……



 あ、嫁が昨日からパートの仕事を始めました。
 一番下の娘が産まれて以来だから、外に出て働くのは7年ぶりくらいなのかねえ…。
 詳細は嫁のサイトの日記でどうぞ!
 …しかし、これで、嫁から聞かされる「一日の出来事」の話題がひとつ増えたわけですよ…

| | コメント (0)

イッちゃった……

 30000HIT、イッてました!

 見に来てくれるみなさん、本当にありがとうございます。

 こうなったら、イケるとこまで転がって行きたいと思ってます。

 いつも更新少なくてごめんなさい。
 これからも見に来てもらえたら、うれしいです。

 


  

 …今更だけど、30000踏んでくれたのって、誰だったのかなあ。
 自己申告してくれたら、ちょっぴりイイコトあるかもしれないんだけどなあ。 
 例えば、ほら、キリ番絵とか…ね?

| | コメント (0)

2007年10月15日 (月)

『途中で寝るな』

 こんばんは!

 社員旅行初日・総勢650人の大宴会で、司会の締めの挨拶の最中に、正座したまんまガッツリ居眠りブッコイテしまい、その後会う人会う人全員から「…寝んなよw」と笑われてしまった

 そんな今日この頃、のPAN太です! (≧Д≦)ゝビシッ!

 この土・日は、社員旅行で終わりました。
 先週の連休も、子供の用事(*知人のSさん一家と一緒にキャンプ泊)で終始したしね。
 つまり、この2週間は、更新の時間が全然無かった…現に、更新出来てない…
 最近、拍手コメントへの返事を書くのが精一杯、と言うペースになってしまってて、かなり焦ってます…。

 *************************************************

 >絵うまいですね~。原作の無敵看板娘の絵は嫌いだけど、こっちの方がいいなあ。

 お褒めいただき、ありがとうございます!
 うまい下手のレベルのハナシになると、自分ではまだまだ全然だと思っているので、こういう声をもらえると、本当に嬉しいです…。
 むむむ…原作の佐渡川先生の絵については、結構好き嫌い分かれるみたいですね…かつて、ムテムススレでもいろんな意見を見かけましたし。
 『無敵看板娘』を未読の方が、先に私のサイトでその存在を知って、後日、原作を実際に読んでみたら、「想像していたのと全然違った…もうちょっと、なんと言うか、『萌え系』入っているマンガかと思っていた…」と言う意見を聞いたコトが何回かあります(又聞きも含む)。そして、例外無く「でも、原作むっちゃ面白い!コレ好き!」と言ってもらえたみたいで。私個人としては、そういう声って、やっぱり嬉しいですねえ。



 >同人デビューおめでとうございます。18禁本ということは○○○○さんのところですか?
 コミケには行けないと思いますが、何とかゲットしたいと思いますので、頑張ってください。

 わっ、さっそく反応してくれてありがとうございます!
 さすが、ご明察!○○○○さんのとこなんです。
 ごめんなさい!勝手に○○○○で隠させていただきました…だって、まだ、あちらでも詳細書いてはらないので、ちょっと遠慮しとかないとアレかな、と。
 いつも描いているのとは違って、チカラ加減がわからないと言いますか、ドコまでやっていいのか見当がつかないと言いますか、…頑張ってます…頑張ります…その分、サイトの更新が滞っちゃうかもしれませんが、どうか見守っててください…いつものように…
 どんなのになるかわかりませんが、ホンモノさんには是非、ご覧いただきたいです!

 

 >初めましてともと申します。ブログはいつも楽しく拝見しています。

 ともさんはじめまして!ありがとうございます。
 不定期更新、下手したらそれすらもままならない不精なブログだと言うのに、ありがたいお言葉、嬉しいです。
 …と言いつつ、正直、「この1行の後にも、まだ文章が続きそうなかんじなのに、コメントこれだけで終わってるの?なんで?」と思ってしまいました…
 と思ったら、わざわざコメント欄に改めて書き込みしていただいて!
 うわあ、恐縮です。
 と言うわけで、ココの続きはコメント欄で!

| | コメント (0)

2007年10月12日 (金)

『MAGIC』

 58歳の今になって、こんなアルバムを作ってくれるとは、泣かせるにもほどがある。

 ブルース=スプリングスティーンの新作『MAGIC』、いや、マジでおすすめです。
 アメリカ、その他諸外国でえらい盛り上がっている、とは聞いていましたが、白状すると、実際聴くまではそんなに期待していなかったんです。
 ごめん!俺が間違っていた!

 『BORN TO RUN』も『BORN IN THE USA』も、通過点に過ぎないコトになってしまった。
 私も含めた誰もが予想しなかったコトだが、とんでもないコトに、ブルースは、今、まさに、全盛期を迎えようとしている。
 長生きはするもんだ…。

 「ロックン・ロールの未来」を見せてくれた『BORN TO RUN』と同様、このアルバムもリリースされた瞬間に「歴史的傑作」とされてしまいましたが、ソレも当然。
 全12曲、全てが輝いている。
 改めて、惚れ直しました。
 もう、迷いません。一生ついていきます。

| | コメント (4)

2007年10月10日 (水)

厳密には「18年ぶりの再デビュー」?

 …気がつけば、このブログ、最近全然チャンピオンのコト書いていない!

 今日時点で、『みつどもえ』3巻・『アイホシモドキ』4巻もまだ買えてない!
 どころか、いちご第4号もRED11月号すらも買えてない!
 駅売店・コンビニ以外の普通の書店に、お店の営業時間内に買いに寄る時間が無いだけなんですけどね…。いや冗談抜き、平日の昼間って、下手したらトイレに行く時間も無かったりするんだ。
 休みの日に近所の小さな書店さんに行ってみても、『刃牙』と『ドカベン』と『浦安』しか置いてなくて、涙が出そうになりました。
 …コミックスは置いてないのに、レジのところにこんなんが置いてあったので、無料でもあるし、持って帰りましたよ。
Champion_nikki_2
 販促用の、無料お試し版。
 こんなの配っていたのか…私、初めて見ました。
 新規読者の獲得のために、一応、努力はしていたんだなあ、秋田書店。
 Champion_nikki2
 しかし、そんでも結局、イチ押しされてるのは相変わらず御三家ですか。
 …それでも、その横っちょで、『侵略!イカ娘』『マイティハート』がプッシュされてるのが個人的にはうれしい。チャンピオン未体験の少年少女読者にとって、『マイティハート』のこのカットはあんまりにもあんまりではないか、と言う気もしますが。
 つか、「子供から大人まで、家族全員が読んで楽しめる究極のコミック雑誌」(どっか他の雑誌と間違えてないかコレ)と言う惹句を、自分自身で裏切っているようにしか見えません、コレ!

 *************************************************

 拍手レスへの返事、毎度のコトですが、溜め込んでてごめんなさい!
 せっかくいただいたリアクションに即反応出来ないと言うのは、パフォーマーとして大問題ですよね!<ナニ パフォーマーて
 ソレと、最近、『N』のパスワードについての問い合わせがちょこちょこあって、戸惑うやら照れ臭いやら、です。

 ************************************************* 

 >キタキタ、キマシター!期待通りですよ!仕事の疲れも吹っ飛んで、元気になりましたよ!
 これからもどんどん挑戦しちゃってください!一生ついて行きます!
 ところで、アレルギーはつらいですよね。せめて痒みだけでも早く無くなることをお祈りしています。
 そして『ゴッドファーザー』は未見ですねぇ。男なら必修と言われては、観なければなるまい!

 『N』の美輝ちゃん(差分のアレ)は、描いてて心臓バクバクでした…小心者…
 まだまだふっ切れて無い部分もあるのですが、少しずつ、「挑戦」していきますので、コレからも見守っててくだされば、うれしいです。
 アレルギーはあんまり良くなってないですねえ…アレから何週間経つんだ…アレルギー持ちで苦しんでいる人の気持ちが少しわかったような気がします。ちょっとだけ、他人に優しく出来そうな、そんな気がする今日この頃…。
 『ゴッドファーザー』はイイですよお。映画全然観ない人間の私が言っても説得力無いですが!




 >はじめまして 剛力さんからとんできました 
 美輝ちゃんかわいいですね お気に入りに入れました
 これからも見に来ますのでがんばってください お仕事
 大変そう・・・

 ありがとうございます (〃▽〃)
 仕事は…大変なのはみんな一緒だと思います…ウチの場合は、プラス、「更新の敵」の存在が大きいのですが…(読んでないだろうなコレ)。
 更新少ないサイトで申し訳ないのですが、出来るだけ頑張ってます。今後ともよろしくお願いします。
 (…って… (;゜Д゜)!!!!!!!!!!!!
 剛力さんて『剛力百貨店』さんですか?え?なんで?
 …リンク貼り返してくださってますやん…うそ…まだ挨拶にも行けてないのに…
 うおおおお ど、どうしよう…<何故パニクるっ)

 *************************************************

 それと、いつも拍手ボタン連打してくださる方、本当にありがとうございます。
 やっぱり、ナニかリアクションがもらえると、チカラが湧いてきます。

 ココで、ちょっとお知らせと言いますか、なんと言いますか、

 ありがたいチャンスをいただけたので、ソレに甘えて、同人誌デビューさせてもらいます。ゲスト原稿で、ですけど。
 18禁本だそうです……
 がんばります! (≧Д≦)ゝ

| | コメント (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »