« 今年最後の…? | トップページ | マンガ者の年末年始 »

2007年12月31日 (月)

2007年のチャンピオンは

 今年ももう終わりですね。

 年明け、1月8日には、『マイティハート』第1巻、『ストライプブルー』第3巻、そして、『殺戮姫』が発売されますよ。

 数ヶ月前、秋田書店の新刊情報では「『殺戮姫』第1巻」と紹介されていたのに、いつのまにか「第1巻」の文字が取れているっ!…第2部の予定は…どっか行っちゃったんでしょうか…。
 ソレは措いても、タイミング的には、短期集中連載がスタートしたとほぼ同時に、単行本化が決定していたのでしょうね。たいていの作品の場合、「なかなか単行本化してもらえない」「第1巻が出ても続刊が出ない」チャンピオンにおいては、コレは破格の扱いだと思います。うーん…わからん…チャンピオン基準…。

   *************************************************

 他のサイトさんでも書かれていますが、2007年度の少年チャンピオンについて、私も振り返ってみたいと思います。

 今年の週刊少年チャンピオンにおける(極私的)10大事件。

 

 ①『無敵看板娘N』連載終了
 私のマンガ者人生においても、最大級のショックでした…。 

 ②『ヤンキーフィギュア』本格連載スタート
 ちなみに、このブログへの検索ワード(過去4ヶ月分)中、『ヤンキーフィギュア』がダントツの1位です… 

 ③『ギャンブルフィッシュ』連載開始
 チャンピオン黄金時代の再来を嚮導する傑作。

 ④『フルセット!』連載開始
 こちらは、黄金時代の到来を告げる傑作。
 「私は、少年マンガの未来を見た。未来の名は、梅田阿比」、と言っておきましょう。

 ⑤『アイホシモドキ』連載終了
 コミックス第2巻が出るかどうかで非常にやきもきさせられました…。そんなレベルのコトで読者をハラハラさせないでくれよ、もう…。秋田書店さん、いい加減にその悪弊を改めてください…。

 ⑥『かるた』連載終了
 新キャラの沙紗に転んだ途端の打ち切りに涙。
 誌面では「第1部完」と謳いながら、第2部以降については「そんなもの、反故 反故っ!」。
 チャンピオン編集部の空手形を、額面どおりに受け止めてしまった竹下先生…。そんな目に遭っても、1月10日発売のチャンピオンに読み切り作品を掲載…。いい人過ぎる…。

 ⑦『殺戮姫』短期集中連載
 この『殺戮姫』については、連載当時、いろんな方が感想を書かれていましたが、批判的な意見にしろ、好意的な感想にしろ、どの方も「本気で書いている」ように私には感じられました。
 この作品については、「嫌いだ」と言う意見も多かったのですが、その「嫌い」と言う意見も、「自分の信じる価値観、あるいはマンガ観から見たら許せない、納得行かない」と言った、深く、激しいモノばっかりだったと思うのです。
 嫌いになるにしろ、好きになるにしろ、何人かの方は『殺戮姫』を読んで、「それまで抱いてきた価値観を脅かされるようなかんじ」を味わったんではないか、と、私は想像しているのですが…どうだったんでしょう、実際のところ。
 以前にも書きましたが、私はこの作品、大好きです。
 特に、最終話。
 私ゃ泣きましたよ、ええ。
 オススメです。
 コレほど好き嫌いの分かれる作品は最近稀だと思いますが、宇都宮さんが書かれているとおり、「何か読者が『試されている』と感じる不思議な展開」を、是非、味わっていただきたいと思います。

 ⑧水島新司先生画業50周年記念特集

 この号は、掛け値無しの「永久保存版」ですね。
 欲を言えば、佐渡川先生の描かれる水島キャラも見たかった…。 

 ⑨『侵略!イカ娘』連載開始
 新連載当時、「コレはチャンピオンの看板になる!」と即断しちゃいましたが、ホントにそうなりつつありますね。佐渡川チルドレンの出世頭。 

 ⑩『マイティハート』登場!そして…
 コレは、ただのエロコメじゃありません!「タフなエロス」に「通じにくいやさしさ」が隠し味となっていて、一筋縄では行かないマンガです。第1巻、買おうね! 

 番外…松山せいじ氏、巻末コメントで「市場が萌えを選んだのですよ」発言
 私は、マンガ家と言う職業に対して、敬意と憧れを抱いている種類の人間です。
 マンガ家さんの名前を書く時には、「先生」と言う敬称を忘れません。
 「教科書より、マンガから多くを学んだ」と言い切れます。
 それだけに、この発言には、失望させられました。
 人気商売の大変さは察してもあまりありますが、ソレにしても、発言の後ろからソロバン弾く音が聞こえてくるような生臭い台詞には辟易しましたよ…。

   *************************************************

 まあ、アレですよ。
 なんやかや言っても、チャンピオンは確実に黄金時代を迎えつつある、と、思いますよ。ネタじゃなくガチで。
 まだまだ課題は山積みでしょうけど。
 あとは…ねえ…?
 佐渡川先生の新作…どうなっているんでしょう…イヤ信じていますよ?いますけどさ。
 「初夏、始動」の一文に踊らされて、とうとう越年してしまいますね…。
 こんだけ焦らされたんだから、こうなったら、もう、思いっきり期待させていただきます、ええ!

|

« 今年最後の…? | トップページ | マンガ者の年末年始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年最後の…? | トップページ | マンガ者の年末年始 »