« ココでなら | トップページ | この頃流行りの女の子♪ »

2008年7月26日 (土)

見張り塔からずっと

 こんにちは。元全パ連のPAN太です。
 もう、てんてこまいで、自分でもナニやってるのかさっぱりわからない毎日です。 

>私もあと2㎝増えたらメタボですぜ!
 そんなわけで、半身浴をしながら「PUNISHER」を読みましたが、あれ?目から汗かいてるぞ?
 消極的であるが故に自分の可能性を捨てているようなアルトに対し、積極的であるが故に自分の可能性を捨てかけたミルキィ。
 もちろん、死神を目指すことが100%ミルキィの意志なのかどうか、まだ断定はできませんが、少なくとも本人は自分の意志と思っているでしょうから。
 再会した二人の次のリアクションが非常に楽しみです。 
                        (7月24日) 

 地震、大変でしたね。フィギュア…もとい、ホンモノさんに大事無くて、なによりです。

 私も目から汗が止まりません。

 *************************************************

 船の上、月を見つめながら涙をこぼすミルキィに、どうしましょう、愛が止まらない。

 視えないものを視ようとし、聞こえない声に耳を傾けようとする意思と想像力があるのなら、この世界のいたるところに不幸や涙があるということに気づく。
 大きいもの、強いもの、多いものは、小さく不善なものに容赦なく冷たい。 

 運命だか世間だか知らないケド…
 いいわよ もう

 好きにしなさい

 ライク・ア・ローリング・ストーンな半生を送ってきたミルキィのひとりごとは、あまりにか弱く、もはや強がりにも聞こえない。

 この時まで、ミルキィはまだ知らない。

 ひとりぼっちではない旅。
 差し出した手を、誰かが握り返してくれること。

 アルトが初めて教えてくれたのだ。

 この世界を満喫して生きてきた人間にとっては、小さい、本当に、小さいことだろう。  
 言葉にして語れば、5分で終わる話かもしれない。
 しかし、少なくとも私にとっては、胸に刺さって終わることを知らない物語だ。 

 もう…
 あんな暗い日々は…

 イヤ…

 このちっぽけなつぶやきに、私の胸は張り裂けそうになる。

 ホンモノさんが言われるとおり、再会したアルトとミルキィの反応に、期待と不安でいっぱいです。
 アルトのことなので、せっかくつかまえたミルキィと、またズレた応酬を展開してしまう可能性もありますが…
 もしもそんな展開になったとしても、そういうのもコミで、『PUNISHER』なんだよね!ねっ!

|

« ココでなら | トップページ | この頃流行りの女の子♪ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ココでなら | トップページ | この頃流行りの女の子♪ »