« 『パ・ドゥ・ドゥ(Pas de deux)』 | トップページ | いいんですよ »

2008年11月14日 (金)

Through A Glass, Darkly

 ある人にそそのかされて、こっそり「なかのひと」を仕込んでみたものの、予想通り秋田書店様はこんなブログのコトなんか歯牙にもかけていませんでしたよ?PAN太です。

 コメント返信遅くなってすいません。

 >90,000HITおめでとうございます!
 そして久々トップの美輝ちゃん、可愛らしいなぁ~、女の子してるなぁ~。あぁ、お持ち帰りしたい!
 実は毎日寝る前に見てるんですが、人事異動などありまして忙しいもんですから、なかなかコメントすることができません。ゴメンネ ☆(攻撃判定あり)

             (11月3日)

 ありがとうございます~!
 どおぞ、ご遠慮なくお持ち帰りください~!ただし、女の子しててもソコはソレ、中身は大戦鬼ですから…扱いには気をつけてね!
 久々に美輝ちゃんを描けて、幸せでした!やっぱり、美輝ちゃんはこのサイトの原点ですからね!
 やー、もー、コメント無しでも、心意気はいつもいただいておりますよ!…いただいているつもりなのですが…コレが、私にしか聞こえない「電波」でなければイイのですが!


 >偶然にもかわいい鬼丸美輝ちゃんを拝見できて眼福です!
 感謝っ!

             (11月3日)

 ドコからどうやって、こんな辺境サイトにたどり着かれたのか…ようこそおいでくださいました!こちらこそ感謝です!
 最近は『PUNISHER』にイレこんでしまってて、なかなか美輝ちゃん描けないのですが…たまに発作を起こして、こんなふうに描いてしまうコトもありますんで!また覗きに来ていただけたらうれしいです!
 今後とも、よろしくお願いしますー!


 >一人の人間に陶酔して音楽を語るのも、一曲の音楽を愛して音楽を語るのもそれぞれですよね
 PAN太さんの書くおっぱい大好き

             (11月10日)

 私はおっぱいが大好きで、自分が「おっぱいは、こうあって欲しい!」と夢に見るおっぱいをなんとか描いてみたい、と言う、その一念で、おっぱいを描き続けている男です。理想のおっぱいは遥か彼方、道のりはまだまだ遠いのですが、私が描いたおっぱいを「大好き」と言っていただけるのは、本当に幸せです。ありがとうございます。
 音楽を聴くコトと言うのは、本当に個人的な出来事なのだなあ、と思います。「聴いた・感動した・忘れた。さあ、次の流行はどんなのだ?」と言う態度もあれば、60年前に死んだミュージシャンの音楽を今も聴き続ける人もいる。音楽の真価って、聴き手の態度でわかるのかもしれませんねえ。

 

 >♪PAN太負けるなPAN太負けるな PAN太負けるなー♪失礼しました 負けないでね!
             (11月12日)

 www コレはアレですか、『PAN太の大冒険』ですか!♪まぁPAN太ましなビルね!
 あたたかい励まし、ありがとうございますw ♪PAN太マスカット切る~
 いや、まあ、勝ちも負けもないんだろうけど…負けませんよ。負けませんてば!♪PAN太負けが多い~
 負けが多くてどうする!(♯`Д´)ノ

 

 えーっと、他にも、オフレコ希望のコメントをいくつかいただいてます。ありがとうございます!オフレココメントはいずれもありがたいお気遣いの内容で、本当に申し訳ないです!
 まあ…アレについては、皆さんお察しの通りなのですが…大丈夫ですよ!
 今週もまた、『PUNISHER』から元気をもらいましたからね、ええ!

 あと、拍手ボタンをポチっと押してくださる方にも、ありがとうございます!
 皆さんが押してくださる拍手のおかげで、どうにかこうにかやれています。
 1日1ポチの日もあれば、1日60ポチの日もありますが、不思議なコトに、もう3ヶ月間、1日も途切れるコト無く、毎日、誰かしらがポチっと押してくださってます。
 「ああ、見てもらってるんだなあ、ありがたいなあ」と思うと同時に、
 「ほんの少しでも愛されているのかなあ」と、うぬぼれてしまいそうになります。

 *************************************************

 最近、よく思い出すのが、『ラーメン発見伝』の原作者・久部緑郎先生が、雑誌編集者時代に書いたフレーズ。

 「表現とは、自己紹介と告白の繰り返しである」

 その通りだ、と思います。
 例えば、マンガについて語るのも、音楽について語るのも、結局は、作品をそのようにとらえてしまう「私」のメンタリティや世界観を告白しているのに過ぎないのですね。この点に無自覚なままに書かれた文章など、虚妄に過ぎないのだ、と思います。
 このフレーズには勇気づけられます。
 「正しいコト」を書こうとか、誰かを説得しようとか、そんなコトは考えなくてもイイのだ、と、教えられるからです。

 金曜日はまたしても飲み会です。…飲んで帰ったら、せっかくの週末なのに更新も絵チャットも出来なくなるのがつらいなあ…。加減して飲みゃいーじゃん、と言われそうですが、私はそんな加減がきかない、意地汚い根性の持ち主なのです!

 この週末、更新したい記事がいくつかあります。
 言ったそばから反故にするのがPAN太さんの得意技なので、いちいち真に受けてられない、と思われてるような気もしますが、一応、今、是非書いてみたいと思っている記事について…

 『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)』感想
 『夕凪の街 桜の国』感想

 どれも一筋縄ではいかない作品です。

 さあ、まず、なにから語ろうかねえ。

 *************************************************

 ↓『GUNSLINGER GIRL(ガンスリンガーガール)』トリエラ嬢
Triela
 トリエラはこんな服はまず着ないでしょうが、俺が着せてみたいんだ!
 私が描くとどうしてもむちむちになってしまうのは、病気だからしかたありません!

|

« 『パ・ドゥ・ドゥ(Pas de deux)』 | トップページ | いいんですよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『パ・ドゥ・ドゥ(Pas de deux)』 | トップページ | いいんですよ »