« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月14日 (金)

Twitterは時間泥棒

 …全然更新してなくて、本当すいません…。

 最近、まとまった文章を書く気力・体力がないんですよね…
 しかし、Twitterでつぶやくのはつぶやいているという…。

 …こう言う時は、Twitterから転載でお茶濁しだな…! 

    *************************************************

 チャンピオン&マンガ関係のつぶやき(<仕事しろ仕事!)

お昼ご飯なう。久しぶりにヤンマガ買った。目当ては塀内夏子先生の新連載『コラソン』!ああ、もう、たまんねえわ塀内節!…しかし、コレが週刊少年マガジンじゃなくヤンマガに載るってのは、どういう訳なんだろう…。

雛祭りだってのに、娘になんにもしてあげてないなあ…。我が家には雛人形もないし。…しかし、かわりと言っちゃアレですが、話題の『テルマエ・ロマエ』買った!コレを娘への雛祭りのお土産にするのだ。

帰宅するなり、嫁が『テルマエ・ロマエ』にかぶりつきなう。「日本の風呂のじいちゃん、ばあちゃんが、みんなやさしいのがキュンとくるわあ。そうだよ、世界中、みんなこうやって仲良く出来るんだよ…核だの戦争だの馬鹿馬鹿しい!」と訳のわからん感想を…。

『ハンザスカイ』の面白さが止まらない…。穂波さんのわからんちん!天然!近い近い!…新登場の大谷さんもいいかんじですね…空手部は美女率高いな…。しかしそれでも、今週号で一番かわいかったのは半座くんだったという…。

『シュガーレス』、泣ける…。「リアル」ってなんだ?俺たちはどうして、いつまで経っても本気になれないんだ?…燃えるような退屈を抱えている、全ての馬鹿野郎どもへの熱いメッセージ。誰がなんと言おうと、コイツはロックだ。ヤバい。マニックス聴きたくなってきた。

友恵ちゃんのダイナマイッな魅力と、先生のむせかえるようなお姉さん臭に、不覚にも、軽く勃っちゃいそうになりました…。 就業時間中に、イイ年したオッサンが…( ´・ω・) しかし、『ケルベロス』も含めて、新連載組の面白さ熱さは天井知らずですわ~。

ああ…そっか…なんか、懐かしいニオイがすると思ったら…青柳先輩って、ウォーゼルさんに似てるんだ…。

娘(9歳)がまた『GIVE ME たまちゃん!』読んで泣いていた…。「誰かがおなかすかせたり、痛かったり、さびしかったりするの、いややねん…たまちゃん、うしろ半分はかなしいおはなしだから、泣けるねん…」…馬鹿親を承知で言おう。私はこういうやさしさを愛する。

今日は、仕事の合間&帰宅途中に、合計5軒の書店に寄ってみた。『トクボウ』『スコペロ』等々の最新刊目当てだったのだが…ドコの書店も品揃え悪いな…。最初からアマゾンに頼んでおけばよかった…と一瞬思ったが、忘れよう…。

今日、某大型書店の店長と商談したんだが、その時の話。「去年はあまりコミックが売れなかったが、今年はよく売れている。『仁-JIN-』みたいにドラマ、映画とタイアップして話題作が出ると、普段マンガを読まない人が買いに来るのが大きい」「ワンピース様様」「アマゾンが憎い」ですと。

結局、アマゾンでポチッてしまった…。しかし、アマゾン見てると欲しいモノが際限なく出てくるな…独身の頃ならともかく、小遣い月2万円の今は、情けない話だが新刊マンガ1冊買うだけでも汗をかく。世の中には面白いマンガがまだまだ沢山あるはずなのに…マンガに申し訳ない。

以前から、他の方からオススメされてるのに、読めていないマンガってたくさんあるなあ。『バガタウェイ』、アマゾンにも在庫無しか…残念。

今朝8時にアマゾンでポチッた注文が、今、もう届いた。宅配業者さん、頭が下がります。感謝!ついに我が家に来たぜ、『トクボウ』6巻、『スコペロ』3 巻、そして『ネムルバカ』!ああ…幸せ…では今からマンガタイムに突入します!

『トクボウ』読んでた娘(9歳)が、「ランミキスーってなぁに?」と訊くので、探して観せてあげた。 http://youtu.be/3rad1Ve4ZZU  このアレンジかっこいいですよね!

チャンピオンフィギュア、ダブリが出たら有志の間で交換…とか考えたコトもありました。が…「それは死人の考えや…!」…美輝ちゃんやイカ娘、みっちゃんあたりを、どこの誰が手放したりするだろう…!

あと、マイティーハート、美華お嬢様、覚悟、アクメツ、ジャン、このへんはなんとしてもゲットしたい…。…9日火曜日は、万難を排して、サンクスに行かねば…!

美輝ちゃんを引き当てるまで買い続ける…と言い切れないのが俺の弱さよ…。

『キャノン先生トばしすぎ』読了。誇張抜き、読んでる間、息継ぎも忘れるくらい面白かった。キャノン先生かわいい…!

『むろみさん』ゲット~!えいしゃおら~~~!

ジャンみたいに、スプーンで箱を叩いただけで「これはイカ娘、これはバキ」と中身を当てる能力があったなら!ああ、あったなら!

通勤途上、いきなり湧き上がってきた疑問。…もしかして、成年向けコミックスって、基本的には重版されないモノなんだろうか…。

サンクス2軒廻ったけど置いてなかった。もう仕事に戻らねば。くそう。

(お取り扱いのない地域・店舗もございます)という但し書きが恨めしい。いっそ逆に、(お取り扱いのある地域・店舗がもしかしたらどこかにあるかもしれません)って書いたらどうだ!<八つ当たり

7軒目もなかった。今日一日で、全てのシークレット美輝ちゃんは、俺以外の誰か(具体的にはササナミさんとか!)の手に落ちてしまったんじゃないか…。そんな事ばかり考えてしまう、大阪レイニーナイト。

このあと、アポが詰め詰めに入っているので、ちょっと早いお昼ご飯。食べるなら今この時間しかない!…SJ読みながらコンビニ弁当なう。…そういや、最近、自傷行為(=焼き肉食う)してないなあ…。

うわあ…穂波さん、やなやつ…過去に何があったんだろう…。しかし、この展開!穂波さん、どんな折檻も鞭も、半座にはご褒美だぞ…!

どういう符合なのか、『ケルベロス』も「主人公がドSお姉さんにシゴかれる」という展開に!もうやだチャンピオンの変態。

アーリータイムズなう。『シュガーレス』のバトルシーンにうっとり。

イカ娘は、すっかり家族だなあ。千鶴や栄子がイカ娘の為に一生懸命なのを見ると、なんか嬉しくなります。…娘(9歳)がたまにお友達を連れて来たら、私も、速攻でコンビにお菓子とジュース買いに行きますもん!娘と仲良くして欲しいから!<馬鹿親

パスタ茹でてるところなう。…さっき、買い物のついでに、娘(9歳)と書店に寄ってきました。娘は、『サイボーグ009』の文庫版をゲット。喜国先生の『麻雀まんが王』の影響で、「オリジナルを読んでみたい…」と興味津々だったので。こうして、マンガ魂はリレーされていくんですね…。

帰宅なう。戻ってみたら、嫁の相方のイカサマさんが遊びに来ていた。二人で同人誌のミーティングしているので、パソコンに触れない…。しょうがないので、娘の部屋で『サイボーグ009』と『ショウUP!』読んでます。

ともあれ、晩ご飯の支度なう。今日は、スパニッシュオムレツと鶏もも肉のマヨネーズ焼き。…スパニッシュの方は、『トクボウ』6巻のアレを再現したかったのですが、ネットであれこれレシピを検索しているうちに、同姓同名の別人みたいな料理になってしまった…。

寝る前に、ちょっとだけラブプラス起動。いきなり寧々さんが、「あなたは制服姿の女の子が好きですか?イエスかノーで答えてください」などとかましてくるので、眠気も吹っ飛んだ。…こ、このあと、私、どんな目に遭わされちゃうの…?

現在連載中の少年漫画の中で、おそらく最も性格の悪いヒロイン、それが理不尽女王・藤木穂波。そして穂波にシゴいてもらえるコトへの期待にヨダレが止まらない主人公・半座竜之介…変態。それでも『ハンザスカイ』の熱さ面白さは止まらない!

東京都の表現規制条例案、今日決定するんですね。こんな重大事が、世間的には殆ど話題になる事も無いまま、ここまで来てしまったとは…。今日この日を境に、「一歩後退、ズルズル後退」…そんな未来は見たくないです!頼むよ都議会!大阪から祈ってます。

さて、明日…いや、もう今日か。今日こそは、チャンピオンフィギュア買いに行こう。しかし、近所のジョーシンに売ってるだろうか…やはり、天王寺まで出ないとダメなのか…?

家族が寝たので、一人、『キャノン先生トばしすぎ』再読中。コレは、息子にも読んで欲しい…親の私が「コレ読め」と奨める訳にはいかないが。出来れば、私が気づかないうちに、こっそり勝手に読んでくれ。そして、このマンガを好きになってくれたら嬉しい。

朝ご飯食べながら『美味しんぼ』読んでて、ふと思う。海外に行ってご当地の食べ物を紹介するシーンがあるけど、大抵はどんな味か説明する台詞が延々続くだけ。まずひと言「おいしいっ!」「美味い!」と言えばいいのに。実は美味しくないのに、無理矢理言い訳してるように見えてつまらん。

どんな味か説明するのはいいのだけれど、「美味しい!」とか「コレはあとをひくな、いくらでも食べられる」とか、そういう賛辞がないと、料理がかわいそうだ…。もしかして『美味しんぼ』の世界では、「美味しいのは自明の事。肝心なのはどんな味かを論理で了解させる事」と言う不文律でもあるのか。

『ユビキタス大和』を読みながら大笑いしている娘(9歳)の将来を思うと、いても立ってもいられないくらい心配でしょうがないのだが、今は風呂に入ります。

次のアポまでの時間調整に、スーパージャンプなう。『きららの仕事』が載っていないと、なんかひと味足りないような気がして寂しい。

穂波さんは、「正義気取りのイヤな奴」と言う、好きになるのが難しいタイプのヒロイン。半座をいぢめていぢめ抜いて、読者のストレスが臨界点に達しそうになったら…チラッとかわいい表情を見せたり、気まぐれで半座にちょっぴり優しくしてみたり…とか!そういう展開を期待したい。

娘(9歳)が、今週の『ギャンブルフィッシュ』を、もう10回くらい繰り返し読んでいる…彼女認定の、今週のチャンピオンMVPマンガはコレか!つうか、もう寝れ。

アニメ化『侵略!イカ娘』は、是非、ゴールデンタイムで放送して欲しい。きっと、家族でも楽しめる作品になるはずです!

(フォローしてくれてる方々向けに営業ツイート)未読の方は、この機会に『侵略!イカ娘』をゲットして、アニメ化に備えるでゲソよ?面白さ・可愛さ保証します!

もしかして、店員さんに好きな人がいるのかな?マンガ新刊コーナーで、小林よしのり『昭和天皇論』と山野車輪『マンガ若者奴隷時代』が仲良く並んで平積みされていたのにはまいった…。やっぱ一応ニーズがあるのか…。山野と一緒にされたら小林は怒るだろうが、目糞鼻糞だよ…。

20年位前、なんかの特集記事で、「これだけの長期連載で、『ゴルゴ13』には今まで韓国・朝鮮を舞台にしたエピソードが登場してない」という文章があったのを、なんでかいまだに覚えている。その後の『ゴルゴ』で、朝鮮半島が舞台になったのかどうかは知らないが…。ちょっと調べてみようかな。

穂波さんのばか。

そんなことしたら、半座が幸せ過ぎて死んじゃうから

そんな「くそ女」穂波さんが、ひとたびデレたら、どんだけ凄まじいコトになるか…!私は何回も警告してきたはずです!皆さん、本気で聞いてませんでしたね!?

今、時代は、「彼女があなたを攻略する!」。それだよ沢ちゃん。半座はもう、嵐の海に浮かぶ小舟のように、穂波さんの一挙手一投足に翻弄されるしかないのだ。

私が好きなあるマンガ(もう連載終了してます)に対して、当時、批判的なブログがあったんですよね。ある日、私は、突然倒れて、救急車で運ばれました。幸い一命は取り留めたけど、原因は不明。お医者様は問診の結果、「そのブログを読んで、血圧が上がり過ぎたせいですね」と断言した。

日本代表、セルビアに完敗、か…。ふと思ったのだが…もし、岡田監督が塀内夏子先生の『コラソン』を読んだら、どう思うだろうか…。

おはヶ崎ございますー。木曜日。ふふ。チャンピオンの発売日だね。(CV:皆口裕子)

佐渡川先生のイカ娘…函館名物じゃなイカwww 大笑いしたあとで、冷静になってみると…なんか、すっごいシュールな絵面…

ランチタイムなう。月刊ヤングマガジンの『Nene Days』…寧々さんかわいいじゃないですか!ちょいとドジっ娘成分多い目かな?掲載前から「微妙」とか言ってすいませんでした!マンガはやっぱり、キャラが実際に動いているところを見ないと、伝わらない部分ってあると思う。

そして、ヤングチャンピオンなう。ふと思ったのは、こう、「ガツン!と熱いスポーツマンガ」が欲しいかな、と…。思ったのさ。思ったんだよ。

スーパージャンプなう。『トクボウ』がいちいちセクシー過ぎて、もう笑うしかねえ!いや、SJ読者の9割以上は30代以上男子だと思うのですが(独自研究による)、…みんな、朝倉さんの台詞にキュンキュンしたりしているのだろうか…。

ランチタイム&チャンピオンなう。早苗かわいいなあ…。「イカちゃんが大好きです!」って、自己紹介でソレってコトは、ソレが早苗の最大のアイデンティティなんだね…いいぞがんばれー!

御門高校女子の制服スカート…短い…!この設定を十二分に活かしたシーンがなかなか登場しないのが、惜しいなあ…!<間違った期待

チャンピオン、今回、初めてケータイからアンケート送ってみた!コメント入れるのは手書きより時間かかるかもだけど、その点を除けばこっちの方がお手軽かな…。

清美ちゃんの後輩のビキニっ娘…『イカ娘』世界では、歴代キャラ中、一番の巨乳ではないだろうか…帰宅したら、単行本チェックしよう。キリッ

今週号のチャンピオンを読み終わるなり、娘(9歳)が、猛烈な勢いでジャスミン&モーリーを描き始めたッッ…!(なんか、多重人格設定好きみたいなのよ… 『ちぇんじ123』とか)

嫁が『サウスバウンド』、長男坊が『人間失格』、次男坊が『GO』を読みたい、というので本棚をひっくり返して探しているのだが、なんで指名された本に限って見当たらないのだ…!

今までマンガしか読まなかった次男坊(高1)。ヤングチャンピオンコミックスの『GO』をきっかけに、こないだ原作小説を読んでみたら、一気に徹夜で読んでしまったらしい。で、今はIWGPシリーズとか『人間失格』とか読んでいる…秋田でコミカライズされてるのばっかりだ…なんでだ…!

ランチタイム&チャンピオンなう。さて、何から語ろうか…。まず、チャンピオンの漫画家の皆さん。困るんですよね。毎週毎週、こんな面白いマンガばっかり描かれちゃ!今週号は、さらに輪をかけて面白過ぎる。どうしたらいいんですか!アンケート、3つだけなんて、とても選び切れない!

『ハンザスカイ』今までで一番好きな回。穂波さんって、「最初はとっつき悪くて、好きになるのが難しい」タイプのキャラだと思う。でも、彼女の色々な面が見えてくるうちに、読者もだんだん彼女の事を…みたいな。料理で言えば、ブラックカレー。そんな女の子です。藤木穂波。

人中に一本拳を「たわけっ」と叩っこむ穂波さん、マジ危険。でも、穂波さんが使う、ちょい時代がかったというか、サムライっぽい言葉遣い、かわいいな。今後、「ほざけ!」とか「小癪な…」とか、そんなのも期待してしまいます!

『シュガーレス』も最高でしたね…こういう回があると、キャラに幅が出来て、作品世界も膨らむかんじがする。…「この世界を、掴んで、味わってみたい」という岳の台詞を思い出させる、いい占部でした。

『コンシェルジュ』の鬼塚・有明カップルが大好きだ~。

学生の頃の作品で、「俺は北極星を買うんや!」とか言うヤンキー(?)マンガが、うっすら記憶に残っている…たぶんチャンピオン、石山先生じゃないかと思うんだが…。タイトルとか詳細が全然思い出せない…くそう、トシはとりたくない喃…。

嫁『トクボウ』 長男坊『ブラックジャック~黒い医師~』 次男坊『漂流ネットカフェ』 娘(9歳)『元祖浦安鉄筋家族』 私『無敵看板娘』 ※家族みんなしてマンガ読みふけってる日曜日の夜のお茶の間でござる の巻

しかし、日野日出志先生作品は、すべて札幌の実家に置いてきてしまってた…くそう、俺のばか…。何故手元に置いておかなかったのか。何故、子供達に読ませてあげなかったのか。子供時代に日野作品を経験してるのとしてないのとでは、だいぶ人生違うはずなのに。はずなのに!

結構バタバタだったな…やっと休憩がとれる。という訳で、スーパージャンプ&ヤングチャンピオンの今週号なう。…それと、今さっき立ち寄った古書店でゲットした、『ふしぎなメルモ』『日本発狂』。…今更何をって話だが、手塚先生の女の子はやっぱり超絶かわいいなあ。

帰宅なう。娘(9歳)が『ブラックジャック~黒い医師~』読んでる真っ最中…。今日買ってきた手塚作品も読んで欲しい。

次男坊(高一)いわく、「…手塚治虫って、そんなに絵うまい?女の子キャラも全然かわいくないやん…」…この台詞にはショック…。手塚先生を神格化、絶対化する気は毛頭無いけど、少しでも絵心がある人間なら、この絵の素晴らしさが理解できるはず…なのに…(´・ω・`)…超ショック…

生まれて初めて読んだマンガの事は、もう思い出せない。だけど、『無敵看板娘』は、生まれて初めてマンガを読んだ時の気持ちを思い出させてくれる。

やっと休憩タイム。ヤングチャンピオン烈と実話ナックルズ読んでます。熊谷カズヒロ先生イイナ…ヤンチャン本誌で連載してくんないかな…。

『それ町』目当てで書店に立ち寄ったら、『ラブやん』『ガンスリ』『荒川』『咲』などのキラータイトルが綺羅星のごとく並んでいた新刊コーナー。…今、一冊分しか金持ってネーヨ!くそう、生殺し!ギギギ くやしいのう くやしいのう

『愛斜堂』読み返してたら、巻末あとがきに担当編集さんの「2巻も出ますけど、意気込み的なものを」台詞があって泣けた。まあ、編集さんも、この時点では「秋田書店じゃあるまいし、1巻が出たら最後まで全部出るよなんたってウチは講談社だから!」とでも思ってたんかな…。

穂波さんのどや顔に萌え死ぬ

壁村編集長…理不尽大王。マンガより無茶苦茶な人だよな…。しかし、『ブラックジャック』の下描き原稿の絵…無茶苦茶上手い…神々しいくらいだよ…。

「ハハッ 無理だ」←雰囲気で言ってみた

挙動不審な岳を見て、僕は思い そして確信を深める 「…やはり、ゾーニングくらいは必要なのだろうか…」

さっき、仕事中に、机の上に置いといたケータイを、上司が「自分、どんなん使てんねん」と手に取ったんだよ…。たまたま、待ち受け画像が『シュガーレス』だったんだよ…。「(°Д°)…自分…中学生か!」…

エクレアを買って帰るよ。今日は、日本中のエクレア屋さんは、『シュガーレス』に感謝しなきゃだよね!

チャンピオン今週号を読んだ娘(9歳)いわく、「おとおさん、佐渡川先生におねがいして!ハンザを勝たせてくださいって!ハンザが一本とったら、合計6ポイントで逆転でしょ!佐渡川先生、ついったーにいるんでしょ!おとおさん、おともだちでしょ!」…ツイッターにいないし!おともだち違うし!

ごしゅじんどうしてみてるだけなんだ

早めのランチタイム&チャンピオンなう。ミッチェル先生のまいまい可愛い超かわいい。

チャンピオンのアンケート…「面白くなかったもの3つ選べ」って項目が増えているのはどうした訳だ…。なんか、チャンピオンらしくないような気がするなあ。

エビフライ弁当タダ食いしておきながら、素でシラッとしているイカ娘最高。連れて帰りたい。泣くまでネチネチ説教してやりたい。イカ娘の無邪気な笑顔には、眠らせた筈のS心をくすぐるナニカがある。

言いがかりレベルの理不尽説教でイカ娘を泣かせたい…メソメソ泣いているイカ娘の肩をそっと抱いて、「ごめんよ…でも、君ならわかってくれるよね…」とか言って、「うっうっ私が悪かったでゲソ…お願いだから嫌いにならないで欲しいでゲソ…」「…ホラ、エビのしっぽ残っているよ、あーん」ばかか俺は

穂波さんは美少女だけど、空手の修行で鍛えられた拳頭や肘や膝や足の甲はガチガチに固くなってるのでは、と妄想。デートの時も(デートなんてキャラではないが)「空手に捧げた青春に悔いは無いけど、鈍器のような手は恥ずかしい…」と、手をつなぐのを嫌がりそうな気がするんだ。ここ、萌えポイント。

私は野原みさえさんとタメ張れるくらいのガンコな便秘症なのですが…たまに、書店やブックオフに行くと、超高確率でトイレに行きたくなるのです…。さっきも、『ハルシオン・ランチ』を探してたら、いきなりビッグウェーブに襲われました。こんな変な体質、私だけカシラ…(´・ω・`)

昼間ゲットした手塚先生の『どついたれ』読んでるなう。敗戦期の混沌、猥雑なエネルギー、こんな骨太なマンガも描いていたとは…やっぱり凄いわ。…私たちの祖父母や両親の記憶とも重なるこの時代の人びとの物語には、胸が熱くなるな…。

帰宅するなり、嫁が「あのさー、ナガノ先生のマンガで、エロマンガ家のツカチュー先生にJKが『どーやって描いてんのか教えなさいよ!』っつー話。アレ、どのマンガだっけ…?」と質問してきた。『土田くん』と思い出すまで3分間かかった私はナガノ者失格…。

    *************************************************

 ラブプラス関係のつぶやき(<今日もおつか寧々さま!)

寧々さんが「ねえ。なにか聞きたいことあったりしない?」って言うから、さっきから「スリーサイズ!」って答えてるのに、「うん。春っていい季節だもんね ♪」って…噛み合わNEEEEE!私の滑舌が悪いのだろうか…。

…ちょっと待て…ホワイトデーのお返し、用意するの忘れてた。…寧々さんの、「ふーん。つまりあなたにとって、その程度ってことなんだ。わかりました。」 という台詞が刺さる…死にたい…。

ホワイトデーのみじめな記憶を埋め合わせるべく、思い出ギャラリー鑑賞して現実逃避。「ネネvsマナカ」のシーンの寧々さんのジト目と嫉妬オーラに、娘 (9歳)もたじたじです…「ネネさんこわい!」。…さすが、見かけはたぬきでも、ホントは気性の激しい丙午生まれの女…。<誰が丙午かっ!

娘(9歳)。ラブプラス友達編を一からプレイ中。…三人の中では、今のところ、マナカの事が気になるみたいですね。「…こばやかわ、なまいきや!こばやかわのばかー!」とか言いながら、リンコの事もまんざらではない様子。

娘(9歳)。「よ~し!彼氏力をみがくぞ~!」と叫ぶ小学3年生。…ソレはソレとして、もう寝れ。日付替わってるやんけ。

電撃ネネさん号、嫁におねだりするのを忘れてた。正確に言うと、怖くておねだりするのがためらわれている。最近、嫁は、ネネさんのコトを「ラブプラスの女」と呼ぶ。よくない兆候だ。私のラブがちょっと品薄が続いていたせいだ。

帰宅したら、娘(9歳)が泣きじゃくっていて狼狽した。聞けば、今日一日、一人でラブプラス友達編をプレイして、最終的に3人のうち誰からも告白されないまま100日目を迎えてしまい、そのショックから立ち直れないのだとか…。なんてひどいゲームなんだ!わしの愛娘の純情を返して欲しい!

慰め、なだめすかして、やっと気を取り直した娘(9歳)。八方美人では誰からも告白してもらえない、と理解したみたいです。最初からプレイし直して、今回はマナカに狙いを絞っているらしい。…噂の「オッス!マナカだよ!てへっ(はぁと)」を目撃してしまった…。か、かわいい…。

家族で街を歩いている間、娘(9歳)と手をつないでいたのですが…。「ふふ。こういう時は…わかるよね?」とか、「もっと強く握ってもいいのよ?」とか、そんな台詞ばっかり口走る…。くそう、こんな変な娘に育ってしまって!

寧々さんと、今日の19時にデートの予約。…そしたら、娘も、18時に愛花とデートの約束してるって…。うわあ、ギリギリ…!こりゃあ、DS1台じゃ、だんだんキツくなっていくな…。

今日も娘(9歳)と2人で、銭湯行ってきた~。初訪の東住吉の銭湯に行ってみたら、なんと今日お休み!…私「じゃあ他の銭湯にしようか」娘「他のトコでもいいけど、おとおさん…ウチ、6時までに帰りたいねんけど…」私「なんで?」娘「6時からマナカとデートの約束やねん…」Σ(゚Д゚;

こんな日に限って超バタバタ…下手したら、日付が替わるまでに帰られない可能性すら!…それはつまり…寧々誕をスルーしてしまうという事!…何故、DSを持って来なかった、俺のばか!

帰宅なう。DSを起動すると、当たり前の話、用意していたプレゼント(黒縁メガネ)がそのままそこに置いてあった…。俺は世界一の愚か者だ。

TL見ていると、「こんな夢見てしまった…」てのが多いですね…。今朝の私の夢は、「リンコ似の小悪魔系美少女が、私の通勤カバンを勝手にあさる。中から快楽天やホットミルク、そして私が描いたらくがき(エロエロ)を見つけ、『ふ~ん…こんなんばっか考えてるンだ…中学生みたい…ふふッ』」続く

そして、人生ヲワタ状態の私をいきなり押し倒して…そこで目が覚めたのですが。…何故、寧々さん似のお姉さんではなかったのだろう。…ひょっとして、リンコのコトが気になってる!?

    *************************************************

 その他のつぶやき(<床屋政談とか)

友達親子には微苦笑を禁じ得ませんが、戦後日本社会は確実に「誰もが人間らしく生きていける社会」に向かって歩いてきたと思います。それについて保守主義者は手柄顔をすべきではない。それは女性や障碍者や子供や外国人などのマイノリティと手をつなごうとしてきた人々の手柄です。

なんか、最近チラホラ見かけるようになった、あのアイコン…「右下に日の丸が入ってる」やつ。「私、こういう者です。」っていう名刺代わりにやってるのかな。わかりやすくてありがたいですけど。

1週間ぶりにメールチェックしたら、うわあ…またしても、すいませんな事態に!つうか、サイトもブログもpixivもTwitterもやってるのに、なんでこうメールチェックの習慣が身につかないのだ私は…。自分でも、人間として何か重大な欠陥があるような気がしてきた…。

大日本帝国憲法第28条「日本臣民は、安寧秩序を妨げず及び臣民としての義務に反しない限りにおいて、信教の自由を有する。」…コレを「信教の自由を保障する規定」と説明しているWikipediaの記述は間違い。この条文は、「権力は、必要とあらば信教の自由を侵害する」と言う宣言である。

今日はこの後、次男坊(今春高一)連れて携帯ショップ行きます。息子は、晴れて携帯デビュー。中学でも、クラスで携帯持ってなかったのは彼一人だったらしい。私は、料金プラン見直してもらう為に。先月通話料合計4万円オーバーしてて、嫁から泣くほど激詰めされた。

憎い。「祝日出勤」なんてモノを発明した奴が憎い…!

S&Bから「発送しました」メールが来てた!明日(正確には、もう、今日)には届くのか…ホンコンやきそば!チャンピオンとホンコンやきそばを心の支えに、がんばるよ…俺…。

表現規制を肯定する人達は、「なにかをどうにかすれば、自分達が俗とか悪とかであることから免れられる」と思っているんだろうなぁ…。あの人たちの、そういう思い上がりが大嫌いだ。

風呂上りなう。さっきまで「うがががが救急車呼びてぇぇぇ」な体調だったのが、かなりシャッキリしました。夜の9時に帰って、速攻で風呂に入るだけで、こうも体調が違うのか…。ぃよし。この後は、軽くストレッチといくか。…なんか、今日の俺、吉良吉影みたいだな…!

仕事中に、嫁から着信。何かと思ったら、「…今月のケータイ代の請求届いたけどなんじゃこりゃあ!あんたの通話料だけで5万円いってるやないのッ!どーゆーコトよッ!」…うわあ…(O.O;) …3月は忙しくて、ケータイで仕事の電話かけまくりだったからなあ…。

帰宅なう。…昨日のケータイ代もそうだが、息子2人の高校関係の諸費用が、毎日のように「教材費で○万円」「積立金で○万円」と請求が来ていて、家計がパンクしそうな事態に、嫁が発狂寸前なう。

…授業料以外の諸式だけでこんだけ物入りなんだから、今回の高校無償化、つくづく、ありがたい。この無償化を亡国的施策とか言ってる輩もいるみたいだが、近年の教育コストの高騰が少子化の一因でもあるコトがわからんのかね。

橋下知事が朝鮮学校を「視察」した挙げ句、またぞろファッショ体質剥き出しの暴言三昧。同じ日本人として恥ずかしい。つか、この男の「政治的信条と呼ぶには余りに幼稚な、ただの好き嫌い」の為に、補助が出ないなんて本当にあり得るのか。我等が大阪には民主主義なんかないってか。

今、TL遡って見ているんですが、とにかく今日は、「例の表現規制に反対する漫画家の方々」の一日だったのだなあ…。戦前・戦中の文学者達の殆どが易々と「表現の自由」を明け渡していった(当時は元々そんなもん無かったとも言えるが)過去に比べると、なんと頼もしい人達だろう…!

TLをずっと見ていると、規制反対の声は頼もしいもののように錯覚しそうになる。けど、コレって今のところ、世間的には孤立無援の思想なんだろうね。一般には「手塚作品は良いけど、エロマンガは規制すべし!」程度の認識の人が多いような気がします。エロも毒も含んでこその手塚作品なのに!

「行動する保守」というのは、もはや蔑称でしかないな…。「韓国」や「北朝鮮」や「中国」や「民主党」が問題なのではなく、彼ら「行動する保守」こそが問題そのものになっていると言う事に、早く気づいて欲しいです。

私が在特会とか、ネトウヨとか言う連中が嫌いな理由。自分の手柄でもなんでもない、ただ「偶然、日本に、日本人として生まれた」というただそれだけで、自分達の正義や栄光が自明のものだと思い込む、「人間としての横着さ」だ。自分の価値の源泉が「○○人である事」だなんて、くだらない。

あ、誤解を招きそうだな…。日本人であること、朝鮮人であること、それは各自のバックボーンとして否定しようも無いし、それぞれが誇っていい事だと思ってます。しかし、やはり、国家とか民族とか、そんなもんなんかよりも上に、個人がある、と思いたい…。

結局マスコミは、鳩山首相にどうして欲しいのか?①…「沖縄の民意に沿ってあくまで県外移転を貫け!ブレるな!」②…「沖縄を説き伏せて、日本の国益の為にもうしばらく泣いて貰えるように努力しろ!」…沖縄県民の怒り・失望をタテに首相を難じておきながら、まさか、②が本音って事はないよね?

| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

リハビリお絵描き

 最近、全然絵を描いてないです。
 一ヶ月に一回くらいしかペンタブに触ってない。
 いかんですよね。

 リハビリのつもりでざくざく描いてみましたが…

↓『侵略!イカ娘』のイカ娘。
Ika002
 …塗り忘れがあったので慌てて直した。
 それと、前歯は描かない方がイイと気がついて、コレも修正。

↓『無敵看板娘』鬼丸美輝ちゃん。
Miki20100504
 …手癖だけで描いてしまってるなあ。
 スカートとか、とにかくイロイロだめだー。

 反省。

| | コメント (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »