« 無題 | トップページ

2013年8月15日 (木)

無題

佐渡川準先生からいただいたイラストやメッセージを、何回も見返している

私は4ヶ月前に、嫁はんを急性骨髄性白血病という病気で亡くしてましてね。嫁はんは、1年と10日の間、この恐ろしい病気に逆らって、戦って、力尽きて逝きました。主治医も「これ以上は考えられないくらいに、よく戦いました」と言ったくらいに。ボロボロになってしまうまで。

今の私は、音楽を聴いても、マンガを読んでも、映画を観ても、「ああ、この歌は、嫁はんが知らない曲。このマンガは、嫁はんが続きを読めなかった作品。…」そんなことばかり考えてしまいます。生きてさえいれば、新しい朝が来るし、この世界には新しい歌がまた生まれてくる。

佐渡川先生の作品も、「昨日までのこの世界にはなかった新しいなにか」だったはずなのに。誰かの心をとらえて動かすことができる、そういう力を持った方だったはずなのに。






佐渡川先生、素敵な作品をありがとうございました。そして、お疲れ様でした。






佐渡川先生の眠りが安らかなものでありますように。

そして、ご遺族の心痛と悲嘆が、いつか癒されますように。

|

« 無題 | トップページ

コメント

せめて、あんたは長生きしてくれよ。

投稿: 白牙 | 2013年9月 6日 (金) 02時01分

佐渡川先生の漫画連載が気になるところ。あまねたちの高校はどんな風になるんやろう?

投稿: 佐渡川先生愛読者 | 2013年9月11日 (水) 23時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無題 | トップページ